>
>
>
惣菜が縁で… 料理上手な店員×常連リーマン! コミックス『フロム・グリーンキッチン』

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2017/01/09 18:00
コメント:7

上田アキ先生インタビュー 惣菜が縁で… 料理上手な店員×常連リーマン! コミックス『フロム・グリーンキッチン』

なにげない日常の空気感や多幸感♥


名切晃太郎は、スーパーの惣菜売り場の店員。ある日、よく見かける客のサラリーマン――高野渡が、名切が作った惣菜ばかり買っていることに気づき……。12月15日発売、上田アキ先生の新刊コミックス『フロム・グリーンキッチン』。ある日、好物の惣菜が売り切れていて落ち込む高野に、名切は声をかけます。そこから、一緒にご飯を食べる仲になったふたり。だんだんと、高野に惹かれる自分を自覚する名切ですが!? それでは「801 AUTHORS 108」第1153回、上田アキ先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
スーパーの惣菜売り場で出会った店員名切さんと常連客のサラリーマン高野さんが惣菜を通じて仲良くなっていく、あまり起伏のないゆっくりした日常話です。
既刊に収録の読切からキャラ視点を変えて改めて連載で描かせて頂きました。 読切を読んでいなくても分かるように描いたつもりですが分かりにくい部分があったらすみません…。


Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
口数少ないけど感じは悪くない誠実な年下攻の店員晃太郎くんと、人当たりよく気さくで懐っこい年上受のリーマン高野さんです。


Q. 当て馬や重要な脇役は?
晃太郎のお母さんもパートのおばちゃん達も高野さんの同僚も、バイトの高校生濱崎くんはじめバイト仲間の女子達もみんな気に入ってます。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
特別な事件や揉め事があるわけでもなく日常でゆっくり関係が深まるふたりだろうと思ったのでそういった空気感や多幸感を保つようにしました。
あと基本的に料理絡みの話だったので所帯じみた料理(特に惣菜と弁当)をなるべく美味しく見えるようにがんばりましたが料理難しいです。


Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
料理描くの難しいんですが描くこと自体は好きなので楽しかったです。あとページ数内に全て収めるのにすごく苦労しまして描き下ろしが入れられず申し訳ない気持ちばかりです。
あと晃太郎が癖のある顔のタイプのイケメン設定だったので顔をイケメンに…イケメンに…と念じてはいたのですがたまに嫁顔になるので困ったものでした。


Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
晃太郎とお母さんのエピソードが最後にあとひとつあって描いておきたかったんですがページの都合で入らなかったので泣く泣く諦めました…。あと高野さんの同僚との話や濱崎くんのこの先の恋愛話も。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
出身地に引越をしたのですが、でかい雄猫2匹を連れての電車乗り継ぎ移動が初めてだったので大変だったのですが海を渡る某特急列車の車掌さんが優しくて感謝の気持ちと同時にネタ帳にメモしました。


Q. 今、何かハマっていることは?
アニメ観て好きになった某ラグビー漫画がおもしろいのでぜひアニメを観て原作も読んでほしいです。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
もう発売してしばらく経っているのですが発売日と誕生日が近かったこともあってか色々とお声を頂けて本当に喜びと安心とありがとうございますの気持ちでいっぱいです!

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
普通の日常のゆっくりなだらかなほのぼの話なのでえっちなシーンや大きな盛り上がりとかはほとんどありませんが、何か食べたくなったりしながら幸せな気持ちで読み終わってもらえると嬉しいです!


担当より
上田アキ先生の待望の新刊はお腹も心も満たされる1冊。
年下ながらも包容力があり、料理も上手い名切さんとふわふわしているけれど自分の気持ちをきちんと相手に伝えようとする高野さんのやりとりは見ていて胸打たれます!


幸せなふたりの食卓は、けれど長くは続かなくて…。

相手のことを思って流す涙の綺麗さも必見。
ちょっぴり大人なセンシティブなラブストーリーお楽しみください!


コミックス『フロム・グリーンキッチン


(C)上田アキ/一迅社

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連作家・声優

7
投稿順|最新順
匿名5番さん (1/1)
17/01/10 18:08
  • 我慢できなかったので注文しました。すごく楽しみ!
yuzuyu
17/01/10 10:37
  • 変にもめ事を絡めることがない安心感、とても幸せな読後感を味わえる作品でした。
    2人がお互いの存在を大事にしてる空気感とゆっくりと育む愛情に萌えました。
    意外に高野さんが色っぽくなって嬉しかったです。積極的なのも漢前でした。
    描き切れなかったというお母さんとの話や、高野さんの同僚との話があるとのこと、
    ぜひ続編に絡めて描いてほしいです。
    2人を見守るような気持ちでもっと読んでみたい素敵な作品です。
    インタビューを読ませて頂けて嬉しかったです。
匿名4番さん (1/1)
17/01/09 22:48

  • どこかで読んだことあると思ったらエンドスタートラインにあった短編のキャラ視点かえての話なんですね
    イケメンの惣菜屋さん気になってました。
みどりひかるこ
17/01/09 22:43
  • ちるちるさんのインタビューより先に読んでたの初めてかも!たまたまネット書店で見つけて購入しました。とても良かったです。ページ数が足りなかったそうでとても残念です。スピンオフも含めて続編を期待せずにはいられません。初読み作家さんでしたが既刊本も早速購入しました。
匿名3番さん (1/1)
17/01/09 19:28
  • すごく良かったです!
    この作品もっと読まれたらいいのに!と思っていたのでインタビューで取り上げられて嬉しいな。
匿名2番さん (1/1)
17/01/09 18:39
  • 12月15日発売なのに今インタビュー…?ちるちるさんの基準がわからない…
    それはともかくこの作品気になってたのでこの機に買ってみようかな
匿名1番さん (1/1)
17/01/09 18:05
  • んん!これヤバい!サンプルだけで萌えはげる…!!