>
>
>
「受けにしかわからないこと」が話題に

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2017/01/04 17:10
コメント:2

「受けにしかわからないこと」が話題に

深刻な攻め不足、洗浄が面倒…… 攻めには理解出来ない15のこと



海外サイト「Pride」に掲載された、「受けにしかわからないこと」という記事が話題になっています。記事内では受け経験のない男には絶対に理解出来ない「受けあるある」が15も紹介されており、中にはとても興味深いあるあるもあったので、いくつか抜粋して紹介します。


●攻めを捜すのが難しい
ゲイ界隈ではとにかく攻めが貴重な存在! 攻めがいな過ぎて、「地球上に存在するゲイはみんな受けなんじゃないか」と思ってしまうほどだそう。一見攻めに見える男らしいゲイでも、ベッドでは受け気質だったりと、需要と供給の不一致が深刻なようです。

●お尻の洗浄が面倒
アナルセックスの前準備であるお尻の洗浄は、指からシャワーを使った方法まで、多岐に渡ります。とはいえどんな方法を使っても、面倒な作業であることには変わりありません!洗浄後にもよおしたりなんかした日にはもううんざり。BLではあまり描かれないですが、必要不可欠な手順なだけあって手間だと感じているゲイの方は多いようです。

●お尻とももの痛み
セックス後にやってくるお尻の痛みは、受けとっては身近な存在。無理な体勢になりがちなので、ももの痛みもよく起こるそう。激しい日の翌日は足取りがおぼつかず、真っ直ぐ歩けないなんてこともあるんだとか。しかし攻めも翌日は腰の痛みと戦うことになるので、お互いさまかもしれませんね。

●デートの時、何を食べるか悩む
攻めが食べたいというディナーも、時には気が進みません。口臭を気にするのはもちろんですが、辛いものなどを食べてしまうとお腹を壊して甘い夜のひとときが台無しになってしまうことも……。受けは受けになることを想定して、慎重にディナーを選ばなければならないのです。

●セックス後の幸福感
もはや説明不要ですね。愛する人とのセックス後に訪れる幸福感は、何ものにも代えがたいものです。相手を受け入れる困難や負担はありますが、だからこそ幸福感も大きいのでしょう♡

記事へのコメントでは、「攻め不足」と「洗浄が面倒」「幸福感」について特に共感の声が上がっています。中には「翌日真っ直ぐ歩けないという経験は一度もないな」という強靭な肉体を持つ受けも。日本語に訳したページもあり、その他「お尻の除毛」や「痛みから快感への移行」といった気になる15の「受けあるある」が紹介されているので、そちらも是非覗いてみて下さいね!

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

関連外部サイト

2
投稿順|最新順
匿名2番さん (1/1)
17/01/08 19:30
  • これそうなの?私の周りはタチばっかりよ。ウケだったのがタチにまわったとかもあるけれどもね。タチしはじめるとタチよね。
匿名1番さん (1/1)
17/01/08 19:13
  • 今まで私が読んできたBLは両方とも攻めたいみたいなシュチュエーションが多くて、リアルゲイの性生活とかにも興味ないので攻めを探すのが難しいなんて思いもしなかった。というか2人とも男なんだからリバれば?と思うんだけど、やっぱりそれも違うんだろうな。この前ゲイ友に私の他のゲイ友を紹介してって言われて、内心2人とも見た目からしてどう考えたって乙女だし無理なの分かり切ってるのに何で聞くんだろうと思ったんだけど、見た目で判断してたら一生攻めに出会えないぐらいの確率なんだろうか。。。なんて急に思った。