>
>
>
「攻めにしかわからないこと」が話題に

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2017/01/05 14:16
コメント:1

「攻めにしかわからないこと」が話題に

バリタチにも悩みはある!最後までできない悲しみ、足がつる……受けにはわからない10のこと



海外サイト「Pride」にて、「攻めにしかわからない10のこと」という記事が掲載されました。先ほどご紹介した「受けにしかわからない15のこと」では受けの大変さがひしひしと感じられましたが、こちらの記事では攻めの悩みについて指摘しており、攻めにも攻めなりの深刻な悩みが伺えます……。今回も10の中から、特に興味深いものをいくつかご紹介。

●どこに射精するかに悩む
相手に「どこに出してほしい?」と聞いても、ほとんどの場合が「どこでもいいよ」という返事。顔は嫌かな?お腹は?腿は?と、どこに出そうか決めかねているうちに、結局ただのシーツへあっけなく放出……なんて、むなしいこともしばしば。

●突然浮かぶ「受けをしたい」という思い
ごく稀に、「受けてみたい」という衝動に襲われるとか。しばらくすると「なんて馬鹿なことを考えていたんだ」と正気に返るそうですが、ゲイ界に受けが多いのはこの衝動に突き動かされて受けをやったらハマってしまい……という人が多いからだったりして?


●相手のアナルがきつくてセックスできない悲しみ
こちらバキバキ、侵入準備万端!なんて時でも、受けのお尻がきつくて最後までを諦めることも。いくら丁寧に前戯したからって、受けの経験や体調によってはお尻がNGを訴える日もあります……。ビッグなイチモツを有する攻めには特に深刻な問題ですね。

●バイアグラを使うか否か
飲みすぎ?緊張?原因はわからないけど、なかなか勃起しない、中折れしてしまう……。そんな不安や不快感を改善するために、多くのゲイ・バイ男性が活用しているのがバイアグラ。今日はイケる気がする、でも万が一勃たなかったら、とグルグル考えたり。バイアグラを飲むべきかの悩みは深刻です。

●足がつる
射精直前にピーンと足がつり、快感が激痛に変わる瞬間は、悲劇以外の何物でもありません。クライマックスで色気のない悲鳴なんて品がないのはわかっているけど、あの尋常じゃない痛みと不意打ちは勘弁してほしい……。

記事へのコメントでは、「いつも顔に出されるんだけど」という受けの意見から、「受けしたくなったらなら手伝うよ」なんてバリタチ発言、「バイアグラは僕にとって最高だったよ。まだ必要になった経験はないけど、試しに飲んでみたらいつもよりいいセックスができた。頭痛がしたけどね」という経験談も寄せられていました。元記事は日本語訳のページもあるので、他の項目についてはそちらをチェックしてみてください!

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連外部サイト

1
投稿順|最新順
匿名1番さん (1/1)
17/01/12 01:21
  • これだけBL業界は飽和状態といえるけど現実世界は巡りあったと思ったらタチ同士だったとかなかなかに運命の相手と巡り会うのは困難なんだなぁとつくづく勉強になります。