>
>
>
キュンとエロエロの共存♥蔓沢つた子作品の魅力

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2017/01/10 19:42
コメント:1

キュンとエロエロの共存♥蔓沢つた子作品の魅力

元気が出る甘々BLを堪能しよう

2016年年末に発売された新刊『僕だって君がいなけりゃたぶん。』が瞬く間にちるちるコミックランキングTOP10入り! 今じわじわファン急増中の蔓沢つた子先生。今回はそんな蔓沢先生の作品の魅力をさらに多くの人に知ってもらうため、今まで刊行された全コミックスを紹介していきます!
 
ギャップが魅力・蔓沢つた子先生
蔓沢つた子先生は主にQpaで活躍している、かわいい絵柄・甘々なストーリーとガッツリずぷずぷ♡ なエロシーンのギャップが魅力の作家さんです。

『好物はいちばんさいごに腹のなか』

あらすじ
オスもメスも区別なく子供を産むことができる、猫を先祖に進化を遂げたと言われているこの世界。
施設育ちの過去から家族に対する憧れが強いカズイ(雑種)は、"父親はいなくていい、ただ自分と血のつながった家族がほしい"と手当たり次第に子種漁りをする日々。
ある日、バイト先の店長の紹介で売れっ子モデル・ノア(純血)の専属マネージャーになることに。
いつも何かと自分のことを気にかけてくれるノアとの時間に居心地の良さを感じはじめ、子供さえいればいいと思っていたはずなのに幸せな家庭を想像てしまい――…! ?

レビュー
割とエロ度は高めな作品ですが、物語がしっかりしているので、決してエロだけではない作品だと思います。買って損なしでした。キャラクターの設定も脇役含め、一人ひとりがとても魅力的でした。
つた子先生の作品は受けだけでなく攻めの心情も細かく表現されており、どちら側にも感情移入しやすいので、場面によってはどちらにも共感でき、ぐいぐい引き込まれてしまいますね。――はやさん

きついていたり。喉がグルグル言ったり、欲情した時にふわっと立ちのぼる匂い(フェロモン)があったり。そういう言葉にしない感情の描き方が非常にお上手でした。BLの妊娠・出産モノってちょっと苦手なのですが、出てくるキャラたちがどの子も可愛らしくすんなりと読める、そんな1冊でした。――ポッチさん


くさかんむりに化けると書いて

あらすじ
「やっと一緒に住む気になったか?」「何度断ったら気が済むの、卓は」
お隣さんで、恋人同士。だからこそ同棲は絶対できない。消せない過去の自分が戻ってきてしまいそうだから…。
マイペースで絶倫なイケメン卓(たく)がコンプレックスのかたまりな元オネエひろむを愛して愛して愛し尽くす、いちゃらぶスローライフ!

レビュー
あまあまラブラブカップルだけどどうしても同棲はできない。その理由さえも、とてもラブラブ。体格差と若さで乗り切ってるこの二人は見ていて幸せな気分になれます。
この二人に、今後の心配など無用といえるほどにラブラブです。――ツキコ・ホモスキーさん

オネエキャラとかあんまり好きでもないんですが、このひろむはよかったな。表情が可愛い、行動が可愛い、顔もセリフもいちいち可愛いw
全体的にゆるふわなであまあまな雰囲気も良かったけど、ほんわかした絵柄に対して濡れ場はエロエロなところもポイント高かったです。――seseさん


『新妻くんと新夫くん』

あらすじ
職業ホスト・俺様な新夫 翔とそれに執着するいかれた売れっ子作家・新妻さとし。 コンビニでバイト中だった新妻を、泥酔していた新夫が壁ドンで(誤って)口説いてしまい、 あまりのかっこよさに一目惚れされてしまって以来のストーカーラブ! なにかと口うるさく寄ってくる新妻を毎度毎度、足腰たたなくなるまでぶち犯す (体で黙らす) 新夫だったが、 自殺癖があったり自分に無頓着な新妻を放っておけず、なんだかんだで絆されつつも 負け(陥落)を認めようとしない新夫と新妻の恋の行方はいかに…! ? ホスト×ヤンデレ執着くんのデンジャラスラブ★

レビュー
こんな、めっちゃエロいコミック読んだん、なんか久しぶりな気がする。
2種類のお話が載っているのだが、どっちも受けがめちゃめちゃエロい。っつか、エッチいからだしてる。
新妻くんなんて、キタローヘアで目つき悪いし言動も変なのに、すごくいやらしいそそる身体に見えちゃって、それを新夫くんと一緒になって、「クッそ、なんなんだよっ」っていいながら萌えるし、滾るし、どうしましょ。――雀影さん

新妻の思い込みと新夫の勝手な言い草はものの見事に食い違ってばかりですが、ふとした時に発動するこれでもかと言わんばかりの新夫の優しさ。その的確さが、普段の悪態と乱暴なセックスを帳消しにしてしまい、結局ラブラブなカップルのちょっとアレな日常風景に和んでしまいました。――トーゴさん


『僕だって君がいなけりゃたぶん。』

あらすじ
転入早々、小学校のスクールカースト最下位に納まってしまったシオン。そんなシオンを助けてくれたのは、クラスメイト達にいじめられ、服を脱がされたシオンの下半身に欲情したド変態・レオだった。
「そいつさぁ俺にちょーだい」
それ以来なんだかんだでずっとニコイチなふたり。大学生になっても当たり前のようにルームシェア。子供の頃からずっとシオンの"勃起していない下半身"に興奮し、独占欲が人一倍強い俺様なレオに、進んで身も心も独占されるシオン。しかし、この関係を恋人だと思っていたのはシオンだけで――…? !
興奮するのは"勃起してない"僕の姿だけ! ? 蔓沢つた子ワールド全開でおくる、マジメ系俺様×寡黙なひっこみ思案クンのド変態ふにゃ●●フェティシズム★

レビュー
蔓沢さん作品史上ナンバーワンと言っても過言ではない、ラブラブ甘々なとんでもないバカップル状態に突入。すれ違って受けが気の毒なパートから、バカップルパートまで、どこをどう切り取っても萌えるし笑える、素晴らしい作品でした。――はるぽんさん

つた子さん作品は、主要CPはもちろんですが、彼らを見守る周囲の人たちもとっても魅力的。
今回もコミ障のシオンを支えてくれる大学の友達たちはナイスガイでしたし、レオの両親(特に母ちゃん)がカッコよかった。――ポッチさん


ーーーーーーーーーー

何かと忙しい時期ですが、蔓沢つた子先生の作品を読んでほっこり・キュンキュンをチャージしてみてはいかがでしょうか。先生のこれからの活躍も楽しみですね♪

記者:真島ノ畔

※本記事は初出時より一部本文を訂正いたしました

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
1
投稿順|最新順
匿名1番さん (1/1)
17/01/10 21:24
  • 「好物は〜」はオメガバースじゃないですよ…。

アクセスランキング