>
>
作家インタビュー

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
2017/01/18 18:02

砂床あい先生インタビュー 18歳の麻見を描く!! やまねあやの先生の大人気漫画スピンオフ 小説『ファインダーの蒼炎』

BL界を代表する“スーパー”なキャラの高校時代とは!?


やまねあやの先生の大人気漫画シリーズのスピンオフ小説第2弾『ファインダーの蒼炎』が1月19日発売! 2012年の第1弾小説『ファインダーの烙印』と同じく、砂床あい先生の手で放たれます! なんと今作は、多くのBLファンが「麻見様」と敬称を付けて呼ぶスーパーなキャラ、麻見隆一の高校時代。やまね先生による描き下ろし漫画も収録しています。いったい、どんな物語が……。要チェックの一冊です!! それでは「801 AUTHORS 108」第1162回、砂床あい先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
小説については、本編で出てきたばかりの検事・黒田慎司と麻見隆一の出会いから、二人の間に何があって現在の関係にいたるのか、というところまでを描いた番外編です。
やまね先生の描き下ろしコミックもあります。こちらはもう素敵すぎるので是非…!


Q. 当て馬や重要な脇役は?
お気に入りの脇役…今回の中では桐嶋啓。眼鏡のハイスペック忠犬タイプは大好物です。彼の詳細プロフィールが気になっています。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
ファインダーの烙印』のときはストーリーの雰囲気に合わせて文章も堅めでしたが、今回は高校生の二人が主人公ということで、そのあたりも意識して書かせていただきました。
ストーリーについては当たり前ですが原作者様のご意向を出来る限り反映して、それに添うように、監修もしっかりしていただけました。まだ本編では大人黒田も数えるほどしか出てきていない時期だったので、キャラについてはしつこいくらいに摺り合わせていただきました。

Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
世界中で愛されているシリーズですからプレッシャーもありましたが、楽しく書かせていただきました。麻見社長は高校生のとき、こんなふうで、こんなこともしてたんだ…! という新鮮な驚きやドキドキを常に感じながらの執筆でした。
18歳の麻見の服装や言葉遣いに苦慮しまして、結局「 」内の台詞などは特に、やまね先生にいただいたところが多いです。
ちなみに個人的に一番吃驚したのは麻見社長(18歳)がお父様からの電話に出たときの第一声です。

Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
18歳の黒田の初期設定は最初「エリート意識丸出しの嫌なやつ」とのことだったのですが、いろいろあって「真面目優等生路線にしましょう」ということになり、ページ数がかなり減りました(笑)。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
執筆中というか執筆直前のエピソードですが、やまね先生と直にお会いしてお打ち合わせさせていただいたこと。あとやまね先生のイベントに参加させていただいたこと。
『烙印』の時もそうだったのですが、憧れの先生が目の前に…!! という感動は言葉では言い表せません。サインを戴いた単行本は宝物です。

Q. 今、何かハマっていることは?
ポリッシュでのセルフネイルです。監修などを挟みながら、引きこもって一夏かけて執筆したので、ストレス発散はもっぱらお家の中でやれることでした。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
表紙・挿絵が素敵でうっとりしています…あと同時収録の漫画が素敵なので早く印刷されたものが見たいです!
18歳の二人の物語への反応が楽しみでもあり、ちょっぴり怖くもあり、いろんな意味でドキドキしています。


Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
いつもお世話になっております! レヴューを書いてくださるかたも、本当にありがとうございます。
ファインダーシリーズがお好きな方は是非お手に取ってくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

編集部コメント
「ファインダー」シリーズスピンオフ小説の第二弾が登場です! なんと今回は麻見の高校時代のストーリー。 謎に包まれた麻見の過去を知ることができる貴重なエピソードを、今作も砂床あい先生が熱くご執筆! さらにやまねあやの先生による描き下ろし漫画も収録されたスペシャル本、ぜひご覧ください!!

小説『ファインダーの蒼炎

特典情報
アニメイト特典
やまねあやの先生・砂床あい先生サイン入り イラストカード

コミコミスタジオ特典
やまねあやの先生・砂床あい先生サイン入り イラストカード

小説 ファインダーの蒼炎 特設サイト


(C)砂床あい・やまねあやの/リブレ

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ