>
>
作家インタビュー

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
2017/05/27 17:40

水壬楓子先生インタビュー 俺様極道×男前姐さん!! 新婚旅行が陰謀の舞台に!? 小説『最凶の恋人 ―10days Party―』

シリーズ最高のあまあま! 『組員日記』続編も同日発売


人生ハードモードな組長の柾鷹と、男にして彼の女房である遙。高校時代の二人の出会いから始まった人気シリーズは、ついに新婚旅行編へ!? 5月19日発売、水壬楓子先生の新刊小説『最凶の恋人 ―10days Party―』。豪華カジノ船クルーズに招待された柾鷹と遙ですが、楽しいはずの旅は、国際的陰謀の舞台に……。ハードな事件と笑える娯楽要素、そして過去最高のあまあまが盛り込まれています!! それでは「801 AUTHORS 108」第1284回、水壬楓子先生どうぞ!

Q. 新刊『最凶の恋人 ―10days Party―』の紹介をお願いします!
今回は華やかで大がかりな感じに、ということで船旅設定になりました。組長待望の新婚旅行編でもあります(笑)。香港マフィアとNYマフィアと日本のヤクザの意地とメンツのぶつかり合い、それにスパイが入り乱れる事件のスピード感、そして二人っきりのラブラブ、あまあまなハネムーンタイムをご堪能いただければと思います。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
俺様攻め×男前な美人受け……でしょうか。同級生カプですね。
つきあいも長く、ヤクザの組長と姐さん、という風格です(笑)。

Q. 当て馬や重要な脇役は?
何と言っても、若頭・狩屋。もう一人の主役です。冷静沈着、クールでできる男は、今回も隙がありません。
そして、同時発売の『組員日記2』の主役(?)、祐作くんも同行しているので、そのうち裏話もたくさん出そうです。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
三つ巴のストーリー展開でしょうか。そしてやはり、組長たちの二人きりのハネムーンシーン! 二人きり、というのは(立場上)なかなかないのです。

Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
キャラも多く、やはり三者入り乱れるあたりが複雑で大変でした。きわどい時間差の流れを作るあたりが難しかったですね。

Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
プロット段階では指輪とか考えてなかったのですが、自然とそんな流れに。組長が意外とロマンティストなんですね、きっと(笑)。そして組長の恐怖の飛行機チャレンジのシーンは、またどこかでしっかりと書きたいと思います。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
睡眠時無呼吸症候群の疑いで睡眠外来へ。かなりヤバい状態だったらしく、ただ今、CPAP療法(睡眠時の鼻マスク)中です。しかしおかげで、寝覚めはよくなりました!

Q. 今、何かハマっていることは?
ようやくTwitterを始めました! しかしいまだガラケーなので、外出時のオシャレなつぶやきなどはできません…。

Q. 同日発売の『最凶の恋人 ―組員日記2―』についてもお聞かせください!
日々、組長の無茶振りと若頭の指令に奔走する、抱腹絶倒、下っ端組員祐作くんのお仕事日記です。
今回は組長たちの年表やしおべりさんのマンガに、書き下ろしの『深津ノート』、たくさんのSS収録と盛りだくさんな内容になっております。すかっと笑ってください!

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
いつもドキドキです。今回は2冊同時ということで、ドキドキも倍増。
何より無事に出せてホッとしております。編集さんをはじめ、たくさんの方にお世話になりまして本当にありがとうございました!

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
笑えるやくざモノ(笑)なこのシリーズですが、最初に雑誌掲載されてからなんと、ちょうど20年。息の長い応援を本当にありがとうございます。『最凶』もいよいよ10冊目。組長たちも歴史を重ねてきました。どんどんと腹を据えてそばにいることを選んだ遙さんと、そんな遙さんに甘えつつしっかり守っている組長の、あまり平穏ではない日常と笑いとラブが炸裂しております。今回は過去最高に甘い二人をお楽しみいただけるかと。未読の方も、どこから読んでも、もちろん『組員日記』からでもするっと最凶な世界に入っていけると思いますので、一度、手に取っていただければうれしいです。そしていっとき、わくわくにやにやしていただければ本望です。

株式会社リブレ 担当編集より
今回は2冊の帯に、読者様にお伝えしたいことはすべて詰め込んでみたつもり…なのですが、まだまだいい足りないような! さらなる場を作ってくださったちるちるさん、ありがとうございます!


『最凶の恋人 ―10days Party―』では、飛行機嫌いの柾鷹がとうとう海外へ進出します! …船ですけれども。豪華客船ならぬ豪華カジノ船クルーズで「俺たち、新婚旅行じゃねーか?」とはしゃいでおりますが、遙さんもこっそりテンション高いんですよね。今回、お話しの構成もあって、柾鷹、遙さん、その他いろいろ視点を変えた物語が語られているのですが、冒頭の柾鷹視点の遙さんの見え方や、逆に柾鷹から●●●される遙さんの心中など、読んでいて一緒に胸キュンしてしまうような場面もありますのでお楽しみに。
今回、某名探偵のアニメ映画並みに国際的陰謀にまで関わってしまうのですが、柾鷹がどんな決断をするのかも注目して欲しいです。
実は『最凶』シリーズで、丸々1冊書き下ろしなのも初なのです。記念すべき10冊目を読者様方にいつも以上に楽しんでいただきたく、水壬先生が大変頑張ってくださいまして超ボリュームになっております。


『最凶の恋人 ―組員日記2―』は、これは本当に帯にも書かせて頂いたとおりです。『小説b-Boy』のアンケートなどを通して、ファンの皆さまからの温かいご支援を頂いた結果、2冊目を出させていただくことになりまし…祐作くんも本当に喜んでいるのではないかなと…。(とうとう表紙イラストでもメインになれましたし!)
こちらは水壬先生書き下ろしの『深津ノート』に、しおべり由生先生が水壬先生とネタを摺り合わせしての『漫画で読む組員日記』が描き下ろしで収録されております。
先生方による「最凶シリーズ全作品解説」も収録しておりますので、隅々まで楽しんでくださいませ~m(__)m


小説『最凶の恋人 ―10days Party―』『最凶の恋人 ―組員日記2―

特典情報
●『最凶の恋人 ―10days Party―』初回限定ペーパー『台湾―瑞杜プチ狂騒曲』

●コミコミスタジオ限定ペーパー
・『最凶の恋人 ―10days Party―』⇒「組長の寝室 ―祐作サイド―」
・『最凶の恋人 ―組員日記2―』⇒「組長の寝室 ―遙サイド―」

リブレ フェア・購入特典情報


(C)水壬楓子・しおべり由生/リブレ

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ