>
>
作家インタビュー

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
2017/03/30 18:21

あずたか先生インタビュー 包容力×昂ぶるとモフモフ!? 一夜の恋から… コミックス『ひねくれオオカミさんの誘惑』

出ちゃうからあ…っ 狼男の子孫が♥


業平(なりひら)は、狼男の血を引く一族。感情が昂ぶると耳や尻尾が生えてしまう体質です! 大人になって自制を覚えたはずなのに、ある夜の恋の相手、藤竹(とうたけ)に攻めに……。3月30日発売、あずたか先生の新刊コミックス『ひねくれオオカミさんの誘惑』。あまりの快感に耐えられなかった業平! 目の前の藤竹の視線は、頭の上に生えた耳に向けられています!! 一夜の恋の、続きはいかに!? それでは「801 AUTHORS 108」第1229回、あずたか先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
狼男の血筋である家系の業平は感情が昂ぶると耳と尻尾が生えてしまう体質です。
体質を上手くコントロールして過ごしていた業平が、ある日一晩の相手を求めていたらとても好みな香りのする藤竹に出会うところから始まる話です。
ちなみに、業平は前作『愛しのオオカミくん!』の攻めである大上千景の兄で脇キャラとして登場しました。








Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
包容力のある大人な攻めと、欲望には忠実だけど面倒ごとは嫌いな受けです。それなりに遊んでいる二人で、軽口を交えながら距離をはかったり、どうもいつもの調子でいけなくて悶々したりします。

Q. 当て馬や重要な脇役は?
業平の兄で大上家長男の義忠です。(業平は次男、千景は三男)
藤竹とは同じ会社に勤めていて面識があり、色々とさりげないフォローに頑張ってくれます。


Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
エロでしょうか(笑)。
前作は割りとわちゃわちゃ系で健全だったのですが、今回は大人な雰囲気の二人だったので、個人比ですがエロを頑張りました!
まだまだ未熟なので精進します。



Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
藤竹さんがあまり描いたことないタイプのキャラだったので、特に作画が慣れなかったです。
やっと慣れてきたかなーというところでお話が終わってしまいました…。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
引きこもりなのであまりないのですが…一月に行った大阪旅行は楽しかったです。お好み焼き食べにまた行きたいです。

Q. 今、何かハマっていることは?
ソシャゲに時間とお金を取られすぎてるので大人の節度を守りたいです……。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
毎度のことですが実感が沸かないのに変な緊張感があって不安なので深く考えないようにしてます…。発売して本屋に行って自分の本が置いてあるのを見てからようやく実感できそうです。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
初めましての方は初めまして、初めてじゃない方はこんにちはあずたかです!
ケモ耳尻尾が好きな方もそうでない方もぜひ読んで楽しんでいただけたら嬉しいです。
ついでに脇キャラが気になったら前作『愛しのオオカミくん!』もぜひぜひ。
どうぞよろしくお願いします!


担当編集より
momentコミックスからは2冊目となる『ひねくれオオカミさんの誘惑』。
高校生ものを中心に描いてきたあずたか先生が、“オトナなカップル”に挑戦した一作となっております!

藤竹(攻)と業平(受)が出会ったのは、ゲイが集まるバー。2人は遊び慣れた者同士だったのです。

業平にとって誤算だったのは、ベッドの上で感じた藤竹の香りが、今までにないほど蠱惑的だったこと!
初めてセックス中に尻尾と耳を出してしまう失態を犯し、「一晩かぎり」だったはずの関係は、予想しなかった方向へ動き出して…?

惹かれているのに素直になれない業平と、一筋縄ではいかない相手に、どうすれば気持ちが伝わるのかと模索する藤竹。
“遊び”ばかりだった大人たちが本気の恋に翻弄されるシーンには、今作の萌えが詰まっています!

前作『愛しのオオカミくん!』と同じシリーズですが、今作だけでもお読みいただけますよ♪
不器用なオトナ同士の恋の行方、ぜひ本編でお楽しみください!

コミックス『ひねくれオオカミさんの誘惑

特典情報
<特典物はオール描き下ろし!(全6種)>

特約店限定:マンガペーパー
アニメイト限定:マンガペーパー
とらのあな限定:両面イラストカード(4Cイラスト/モノクロ漫画)
電子版<その他書店>:マンガペーパー
Renta!版限定:マンガペーパー


(C)あずたか/竹書房・シュークリーム 2017

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ