社長のおじかん。

shachou no ojikan

社長のおじかん。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784877348441

あらすじ

睦巳は父の遺言に従って悪の総裁を目指す若社長! 遺言達成のために、苦手な悪事にチャレンジする毎日だが失敗ばかり。そんなとき、偶然出逢った優しいリーマン・鳥居くんの事が何だか気になっちゃって!? 恋と野望のときめきラブコメディ!!

表題作社長のおじかん。

鳥居亮,営業部所属
永澤睦己,社長

同時収録作品社長のおじかん。

望月,睦己付運転手
永澤静,専務,睦己の兄

その他の収録作品

  • 運転手のお時間

評価・レビューする

レビュー投稿数4

霧嶋さんってこんな面白いのも描かれるのかぁ~

今までそれほどたくさん霧嶋さんの作品を読んでいる訳ではありませんが、この作品は今まで読んだ霧嶋さん作品中、最もギャグ度が高くコミカルでした。
「悪の総裁にならないと遺産が手に入らない」という訳分からない設定(笑)からしてもうギャグっぽいんですが、その後も色々笑える設定が出てきたりして「これはギャグ?ギャグなの??」と思っているうちに読めてしまった(笑)。
ギャグと言っても、描写自体はついていけないようなノリではないので、受け入れられる読者層も広いのでは?と思います。
真面目な絵(普通の絵?と言いますか…)の時は結構クセがあるので、私も得意な方の絵柄ではないのですが、時々登場するチビキャラ(?)は可愛かったです。特にプルプルしてるのが!(笑)
脇キャラもいい味出してるキャラが沢山いたので、この人たちももっと見たかったです。特に兄と望月が気になります。
今まで知らなかった霧嶋さんの魅力を知ることができた作品でした。

0

攻めも受けもほややん系・・・と思いきや!

大企業の社長さんで仕事はバッチリできるにもかかわらず「悪の総帥」になれとかわけのわからんノルマを亡き父親に課されてて、
しかも大阪人なら一般人がでも普通にやる(こら!)の信号無視レベルの悪いことすらできない小心者でよいこの永澤睦己さん。プルプルした子犬になるのが実にかわいらしい。
かたや「乗っかられるのはよくあること」状態の危機感ゼロのほややん新入社員鳥居亮さん。今回もおそらく悪いことというイメージ?で強姦しようとした睦己さんに乗られてます。
わたしゃぁ「どっちが受けなのよこれ!」と思いました。

でも、この二人の関係を面白いwと考えていじることに楽しみを覚え始めた兄で専務の静だとか、そもそも睦己が社長であることに不服である小物な叔父の動きによって二人の関係や隠れ性格が徐々にコミカルな形で出てくるのが面白い。
正義の味方サラリーマンだとか、愛する亮を助けに戦車で破壊!突撃!とか・・・w

あと、彼ら二人以外にわきがどんどんくっついて行ってしまうのがなんともw
たとえばフラレ物同士の静と望月。最初の「結ばれました」シーンから想定したのは望月受けだったのでしたが、実際にエ続きッチシーンみて逆やったんかい!とか。

相対的に「受け」「攻め」についてやられた!感覚が強いとともに
やっぱ霧島さんの筋肉系コミカルはおもしれーなー!と思いました。
口絵、4コマ、さらに裏表紙。1冊まるっと充実したナイスな本です!

0

和み系×小心者

父の遺言「悪の総裁になれ」の為に、悪事を色々試みる睦己(受け)。
だが彼はピンポンダッシュすら出来ない小心者。
秘書と運転手が見守る中、今日もピンポンダッシュが出来なかった睦己。
落ち込みその場を走り去るものの、方向音痴の上に地理にも疎い睦己は迷子になっていたところを鳥居(攻め)に拾われる。
この鳥居、普段はボーッとしていて和み系ですが、体もたくましいし、いざとなると超カッコいい男。
ヽ(*´∀`)ノ
彼と知り合い、励まされ今日こそ悪事をと頑張る睦己。
3時間越しの末、道幅2mの横断歩道を赤信号で渡った睦己(笑)。
初の悪事に、家の使用人達は涙を流してお祝いしてます(笑)。

攻めサマ受けサマ共に体格いいんですが、中身はすごく可愛いんです。
脇キャラもこれまたイイんです。
睦己の兄の静はSで、睦己の運転手の望月をいたぶっては喜びに浸ってますし、望月の子犬のように困ってプルプルしてる姿も可愛かった。

鳥居救出の為、キレて悪の総裁になった睦己。
戦車に乗り、敵の家を攻撃してます。
とは言え、実弾ではくゴルフボールなのが睦己らしい。
静から正義の見方として続き任命された鳥居には、最後まで勝てない悪の総裁睦己なのでした。

先生の描くエッチは結構リアルな作品が多いですが、今回はそこまでではなかったです。
もっと見たかったかな。
あと、カバー左側の折り返しと、カバーをめくったらおまけ漫画がありますのでお忘れなく!
結構笑えます。
(´∀`*)

0

目指せ悪の総帥の座!

霧島センセイの描かれる作品に登場する、主要キャラクターの家族たちはどうしてそんなに、家族が大好きなんだろう(*´∀`*)ポワワ
そしてなぜに皆ホモなのでしょうorz
今回もまた、コミカルかつほのぼのとした作品に仕上がりました。
先代社長が遺言として残したのは、「悪の総帥となれ!」という言葉。
若社長となった睦己は日々、悪事(?)に励むのだが・・・!?
というのがかんたんなあらすじ。
ポスターに落書き。
ピンポンダッシュ。
赤信号を渡る。
それが出来ないほど小心者の若社長。
プルプルと情けない顔をしているのがすごくカワイイ。
プルプルが見たいがために意地悪する兄もまた乙。
鳥居に睦己をとられたくないから、ジャマのいっかんとして、「悪の総帥」を目指す睦己に対抗すべく「正義の味方」を任命してしまうあたりもまた面白い。
ヘタレで乙女な睦己かと思えば後半の大どんでん返しも見ものでありまして、1冊丸まるけっこう楽しめる作品に仕上がっているのではないでしょか。
兄・静に関しましては、なんというか・・・Sというよりはツンデレに見える。
攻?と思っていた兄が妖艶・・いや、続きほおを染めて受けている姿を想像しただけでもだえます。
カバー折り返しから、カバーしたまでギッチリ余す事の無いサービス痛み入ります。
ウマヾ(*´∀`*)ノ

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ