たどりついたらいつも青空

たどりついたらいつも青空
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283565

表題作たどりついたらいつも青空

正矢:高校生。17歳。息子。
トモロー:ミュージシャン。36歳。父親。

その他の収録作品

  • サヨナラをおしえて
  • 花とミツバチ
  • 潔癖ノ国ノ王子サマ
  • ハルちゃんはイジワル
  • たゆたうような
  • おまけ#1 愛がアル処【「潔癖ノ国ノ王子サマ」後日譚】
  • おまけ#2 たどりついたらいつも【表題作後日譚】

評価・レビューする

レビュー投稿数2

明るい”遠藤りさを”

花音から出ているせいか、エロ少なめで切なさが前面に出たような暗さは少ない一冊です。
遠藤りさを作品をこれだけ一冊、初めて読んだら「なんだー」で終わってしまうかもしれません。
過去作品と傾向を知っていて、その違いを楽しめるというか、パターンを知るというか、なので、遠藤初心者にはお勧めしがたい一冊かもしれません。

表題は、父子ものですが、厳密には親子として生活しているものの、主人公の正矢は小さい頃両親に置き去りにされて、隣に住むトモローに拾われた子で、全く血の繋がりはありません。
子供でいたい(トモローと切れたくない)と望む気持ちと、恋人の対象として見てしまう気持ちの葛藤が、青少年らしく悩む姿が好ましいです。
また父親であるトモローも、いつかは離れて行ってしまうという寂しさと、心の奥底に秘められた気持ちがあって、、という王道ですが、この作家さんの出す雰囲気が、他と違った味を見せているのでは?と思います。

友達を辞めることができず、無理矢理強姦してこれっきりにしようとする青年の話。
「オレのものだ」といいながら、肝心の言葉を言わなかったばかりにアタフタしてしまう男の話。続き
母親の呪縛で潔癖症になった大学生が、いつも一人ぼっちから二人がいいと思えるようになる『星の王子さま』がモチーフのお話。
カミングアウトした為に家を勘当された叔父を小さい頃から慕っていた青年の初恋成就の話。
好きだった親友に裏切られて、途方に暮れているところを拾ってくれた下宿の大家さんや、その下宿人達に囲まれて、自分が見えてくる話。

どの話も必ず、心に傷や切なさを抱えているが、割と自発的というよりは他によって変えられるという姿が特徴的です。
ここには、いつも登場する優等生である自分を壊したいという自ら動きながら流されるという、暗さは存在せず、必ずどの話にもラスト1コマにオチが付けてあるのが、何かかわいらしい(?)
表題の親子カプはどっちが攻め受けなんだろうな~?

3

静かに軽やか

トーンに耽美と入れましたが耽美に含まれがちな
世界観への陶酔感はなく、むしろ耽美の描写方法を
ボーイズラブに上手く取り入れた感のある作品群です。
表題作の二人の関係はあるキーワードを意図的に
省略した事からお察し下さい。

一編+αを除きどの作品の主人公も流されている
様な部分が何所かありながら実際は逞しく恋愛を
しています。
その逞しさがずるさに見えず潔さに見えるのが
この方の作品に漂う品の作用なのでしょう。
そして残る一編+αの作品の主人公は逞しくなる為に
戸惑っている最中なのです。多分。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ