誰がおまえを好きだと言った

dare ga omae wo sukidato itta

誰がおまえを好きだと言った
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×213
  • 萌14
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
109
評価数
30件
平均
3.6 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812462041

あらすじ

同級生の年の離れた弟・宗次郎に昌幸が初めて告白されたのは昌幸が高校生、宗次郎が小学生の時。冗談にしか思えない出来事だったが以来10数年、昌幸が脚本家になり、宗次郎がエリートサラリーマンになった現在もその関係は変わらない。「昌幸さんが俺の子と好きになってくれるまで待ちます」自他ともに認めるイイ男に成長した今も昌幸を追いかける宗次郎。(女だったら理想の恋人だけど…お前じゃダメなんだ)そんなある日、宗次郎が昌幸をあきらめて上司の娘と見合いしたと聞かされて!?大人になると自分の気持ちに素直になるのが難しい…やっかいな男達のもどかしい恋愛模様を描いた待望の作品集!!

表題作誰がおまえを好きだと言った

宗次郎 兄の友人に惚れているエリートサラリーマン
富永昌幸 友人の弟に求愛され続けている脚本家

同時収録作品我が家は楽し

小林円 塾講師/バツ3
内藤文博 バツ1

同時収録作品照る日曇る日 / 暗いトンネルの向こう

立花正範 リーマン
小磯周平 元上司

同時収録作品靴下の穴 / 苺の染み

島田チーフ
石川 バイト

同時収録作品おねがいちょっとだまってて 

飯塚勝 リーマン
三原栄司 リーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数14

これぞユギワールド!

ユギさんの短編集はどれも素晴らしいですが、その中でも本作はかなりのお気に入り。
収録作の5作中3作が音声化されていたり、ユギさんワールドの名物・ピーチパイママの貴重な過去の姿が出てきたりで、何かと印象的な一冊です。

■表題作の受けはピーチパイママ(本名:兼太郎)の幼馴染。
そして攻めはママの弟ということで、ママの出番が多いのが嬉しい一篇です。
幼い頃から受けに惚れている攻め(年下)。
彼の生意気な少年→ハイスペックな敬語攻めへの成長の過程に萌が詰まっています。
攻めの求愛をのらりくらりと躱す受けの意固地さも憎めない感じで◎
「好き」と言えないまま終わるラストが洒脱で、タイトルとリンクしているところにもセンスの良さを感じます。

■「さすらい」は、数あるユギさんの短編の中でも一、二を争うくらい好きなお話。
攻めとセフレ関係にありながら他の可愛い子を口説き続ける受け(タチ志向)と、
そんな受けを冗談みたいに口説きながら見守り続ける攻めの関係性が何とも良く、
タイトル通り愛を求めさすらう大人たちの哀愁やカッコよさが余韻として残ります。

■「我が家は楽し」もか続きなり好きなお話。
高校時代の同級生(バツイチ同士)が同窓会で再会→勢いで同居を始めるという展開で、
離婚や転職など、それなりに色んなことを経験してきた中年男性同士の微妙にくたびれた雰囲気に非常に味があります。
受けと攻めがベランダでタバコを吹かすシーンだったり、受けが同居生活の中でふと別れた妻のことを思い出すシーンだったり、そこここで何となく文学的な情緒が感じられるところも好き。
『死ぬほど好き』収録の攻めの息子のスピンオフにもこの二人が登場しており、そちらもオススメです。

■「照る日曇る日」「暗いトンネルの向こう」は、童貞×オヤジで、受けの行く末にちょっと希望が見えるところで終わるラストが絶妙。
タチ同士という組み合わせも好みでした。

■「靴下の穴 」「苺の染み」は、攻めの靴下の穴や苺のエピソードが、受けの攻めへの想いや、攻めの人間的魅力を表すのに効果的に使われたお話。
攻めの「おいで」は破壊力大。良い年上×年下カプで、この話も大好きです。

■「おねがいちょっとだまってて」は、群像劇風でどんでん返しっぽい展開もあり、かなり楽しめた一篇。
既婚者と関係を持つ受けと、その隣に住む得体のしれない男。彼の正体は…
と、複数の人物が影でそれぞれ動いており、最終的には大団円に終わるラストもお見事でした。

全体として、やはりタイトルのセンスが秀逸。
そして何気ない日常を描く短編が多いのに一つとして似通った話がなく、どれも面白いのが素晴らしいなと思います。
ユギさんの他の作品同様、オススメの一冊です☆

3

無人島に連れていってもらえないのか…

リーマンに萌えない私としてはこんな感じです。
でも、山田さんの美人さんは本当に綺麗。話のなかでバイト先の店長さんが無人島にブスな女と石川どちらか連れていくとしたら、石川と選んでいましたが、そう言わせちゃうくらいの男の人ってどんなの?現実で見たい!

最初のお話にちらっとだけ出てくる宗次郎のお兄ちゃん、これが後にあんなコーンヘッドみたいな頭したピーチパイのママになるわけね、と思いながら楽しみました。

0

内容がギュッと詰まった短編集

やっかいな男達の、もどかしい恋愛模様が詰まった短編集です。一番好きなのは、『おねがいちょっとだまってて』です。

同じオフィスビルで見かけていた、カッコイイ人。偶然2丁目で出会って、そのままエッチまでして相性も抜群で。でも、その人(勝)は結婚していて。それでも、別れようと思えばいつでも別れられると思いながら、ずるずるときてしまった栄司。
最近誰かにつけられているのに気付いて、奥さんが依頼した探偵だと思います。だから、引き際だと思うけど、なかなか決心できなくて。
そんな栄司の切ない想いにキュンキュンします。
栄司の隣りに引っ越した、優しくて惚れっぽい探偵のお友達もイイ人で、良かったです。
そして、臆病になって本心を伝えられなかった勝にも萌えます。
山田ユギさんの描かれる、サラリーマンが大好きです。

2

条件付けの結果、誕生したのは…

一途さが余って、エリートイケメンに成長しました。
表題作、幼馴染みの生意気な弟に小学生の頃から好きだと言われ続ける受け。「○○になったら付き合ってやる」と条件をつけて躱すうちに攻めがエリートイケメンに成長する話。
そして言われ続けることにいつの間にか心地よさを覚えて、実はずっと特別な存在だったという。何年越しの恋、いいですね。

同窓会での再会同居ラブも、攻め課長がネコになる話も、男臭さと男の色気とがふんだんに盛られてて美味しかったです。
至る所に出てくるバーのゴツイママですが、その弟さんの話が今作なんですね。ということでママもたっぷり拝めます!笑

0

切なくて、でも暖かくて

久しぶりに読み返してみて、また切なくなりました。
短編集なんですが、それぞれのお話がしっかり内容詰まっているので、余り短編集を読んだ感じがしません。
どのお話も切なさがあるんだけど、登場人物は情が深い人が多くて、暖かさを感じます。
真性ゲイの受け様が一途に一人を想うお話は大好きなので、特に表題作や「靴下の穴」「苺の染み」のシリーズのお話がとっても好きです。
「おねがいちょっとだまってて」も結婚している攻め様を好きな受け様が切なくてよかったです。
それぞれのカプのシチュエーションが違っているし、恋愛の形も違うので飽きさせません。
内容も充実しているので安心して読める作品だと思います。

0

読み応えたっぷりの短編集

『誰がおまえを好きだと言った』
長年健気に昌幸(受け)を想い続けてる宗次郎(攻め)が可哀想でしかたなかった!
昌幸の為だけの人生だったんだろうなぁ……
ほんと昌幸悪いヤツです。でもイケメソだから怒れないorz
ずっと下手に出ていた宗次郎がキレた時の口汚さに思わずきゅんとしてしまいました(笑)
宗ちゃん、報われて良かったね。

『我が家は楽し』
内藤(受け)の、普段はサエないおっさんなのに、夜になると急に色っぽくなるギャップがたまらんです。
枯れたオヤジ受けの良さが分かってしまいそう(笑)

『照る日曇る日』『暗いトンネルの向こう』
私的には、課長にはバリタチでいてほしかった。
またしてもオヤジ受けです。
落ちぶれた課長がどんどん明るいところへ抜け出していく描写に感動。

『靴下の穴』『苺の染み』
これ好きーーー!
真性受けの石川くんが色気漂わせすぎです。
真性だけど、島田さんには一途で健気で……
なんとも可愛らしい。

『おねがいちょっとだまってて』
不倫の関係に不安を感じる栄司(受け)と、楽天的な勝(攻め)のお話。
結局は栄司の杞憂で終続きわるのですが、好きなのに感情のまま付き合うことができない関係が焦れったくてせつなかったです。

2

どの作品も楽しめる

どのお話もそれぞれよかったです。
その中でも「照る日曇る日」と「暗いトンネルの向こう」が印象に残りました。

受けの元上司の失恋からくる壊れっぷりが半端ないです。
とても痛々しくて、同情するというより言葉を無くす感じなのですが、立花のおかげで少しずつ立ち直っていく様子がよかったです。
このカップルはまだまだラブラブには程遠い感じですが、喧嘩しながらも幸せになってほしいです。

ちょっと精神がやられた受けが好きな方(?)にもおススメです(笑)

0

色香漂うタダモノではない男たち

……というのが私の率直な感想。
いや、私が山田ユギ症候群にかかってるんでしょう。キッパリ言える。
短編や描き下ろし等含めて9作掲載。
どれもドキドキするわー…何でユギさんの描く男性には色気があるの。

中でも好きなのは【我が家は楽し】。
モテモテでバツ3の円と、離婚したての文博。中学時代の同窓会で再会します。
もーーー!!ヤバイ!!ダメオヤジ同士がくっつくとか最高です…萌とはこういう事なのですね…(トオイメ)
元々文博は憧れの念を込めた意味で円を好きで、中学サッカー部時代はよく一緒に居た。
そしてお互い独り身になって寂しいから一緒に暮らそうか、という軽いノリで同居がスタート。
文博はまだ元妻に未練タラタラだったのだけれど、まぁ色々と変わっていくんですね。

そこで登場、円の最初の妻との間に生まれていた息子・晃太。
流石円の息子と言わんばかりに、節操ナイんだろうなーと見て取れる(笑)
でも晃太の悪態のお蔭で、円と文博の距離が近付いて、文博の自分の気持ちに気付きます。

そうか、憧れの気持ちは憧れだけじゃなく、文博は円に恋をしていたのですね、中学時代。
続きう考えると、行く気もなかった同窓会に足が向いた理由に納得いきます〃

いやー、オヤジ両想いとか最高過ぎてのた打ち回りそうになりました(笑)
(元々子供居る男が、男とくっつくとか苦手だった筈なのに…ユギさんによって又何か違う自分の萌えポイント開花された気がする)

そして【おまけマンガ】。
やっぱりゲイバーのママスター(勝手に命名・笑)は面白い。

0

全部◎

細かく分かれてはいけるけれど、
全部で4つのストーリーになるかな。

最初の物語に惹かれてこの1冊を手にしたのですが
やっぱり「山田ユギ」さん!
全部面白かった。
どのお話も、ちゃんとストーリーが成り立っているんですよね。
短編なのに、ストーリーがキチンと成り立っているなぁと
感じる本は、なかなか遭遇しないんだけど
今回のは全部楽しめました。

表題作のおまけが最後のページに載っているんですが
その短いページにも面白さがギュッと詰まっていて
楽しめる一冊でした。

0

十数年越しの初恋

どの話も面白かったので逆にコメントしづらい、内容ぎっしりな短編集。

表題作のダメな受とひたすら彼を大好きな攻は楽しかったな。
受が高校生の時に小学生の攻から告白されて「毛が生えそろったら」とかわしたら数年後に本当にまた来て、仕方ないから「俺より背が伸びたら」「俺よりいい大学に入ったら」「俺より稼ぎがよくなったら」「その生意気な口の利き方がなおったら」ってどんどんハードルを上げていくんだけど、すべてをクリアされて、結局「俺に恋人がいないときなら」っていう条件を出します。
自分でこんなこと言っておきながら女の切れないノンケな主人公。
だけど、ふと自分の気持ちに気づいた時に人のものになるのは悔しいと泣いちゃう彼と、それでもそんな昌幸が大好きな宗次郎にはぐっと来る。
宗次郎が猫かぶりをやめた時のギャップと、実はただのわんこでもない感じが(意外と策士?)楽しかった。
ママ強烈。

昔苦手だったオヤジもリバも今では立派な萌えポイントです。思えば遠くに来たもんだ。

0

[iLPjもう全部面白い!

表題作も好きでしたが、一番は『我が家は楽し』かなぁ。父親と息子で受を取り合う(?)のってかなり好きです。

バツ3子持ちの塾講師・円×バツイチサラリーマン・内藤。二人は同窓会をきっかけに何故か一緒に暮らすようになりました。なんか二人はもう夫婦みたいな感じです。別にまだ何の関係ももってないんですが。

そこに円の息子・晃太がやってきて内藤にちょっかいを出します。内藤って脱ぐと色っぽいなぁ。で、晃太にイカされちゃいそうになるんですが、そこに出くわした円は晃太を殴って激怒。う~んいいですねぇ。

晃太は晃太で母親が再婚するとかでなんか寂しかった見たいです。それで父親の所に来たら内藤がいるし…。パパママにかまってもらえなくて寂しかったのか。そうかそうか。デカイ図体して可愛いじゃないか。

まぁ晃太がきっかけ(?)になったのか、円と内藤はようやく心身共に夫婦に(笑)いい年のおっさんなのにがっつく円がよかったです。面白かった~(´∀`)


後は『靴下の穴』『苺の染み』も好きでした。バイト先のチーフ・島田×借金返すためにバイトして身体も売ってる青年・石川。
島田は意外に若く続きていい男なんですが、少々おせっかいな熱い男です。いつもバイトに遅刻する石川を怒りつつも迎えに来てくれます。
そんな島田を石川は初めはうっとうしいと思っていましたが、徐々に惹かれていき結局好きになってしまいました。しかし島田は妻子持ち(離婚寸前ですが)。今は気持ちを伝えるだけでいいと、前編はそこで終わり。

後編は島田視点。離婚してチーフから店長になりました。石川とは時々飲みにいく間柄。しかしまだ石川の気持ちは受け入れていないという中途半端な状態。まぁ石川は石川で島田を忘れようと彼氏作ってますけど。なんとももどかしい…。

で、結局なんだかんだありつつ島田が倒れて救急車で運ばれたのをきっかけに、二人はハッピーエンド。鈍くて無駄に熱いバツイチ子持ちと、ウリもやってたのに意外と純情な男の組み合わせってなんか好きでした。

表題作も含め他の作品も全部面白かったです。も~山田ユギさんの作品は全部好き!

1

男子育成ストーリーw

表題作「誰がおまえを好きだと言った」は、
まさに、男子育成ストーリー!
同級生の年の離れた弟(小学生)宋次郎に、高校生の昌幸は告白される。
うぜえガキだと「毛が生えそろったら考えてもイイ」といって相手にしない。それであきらめない宋次郎は、中学生に(毛が生えそろって)再び、アタック!しかし、昌幸は「俺より背が伸びたら」と…。
ってなぐあいに、10年以上も続きます。何が萌えるって、どんどん文句なしいい男に成長していく宋次郎ですヨ!まんまと昌幸の(というか万人受けの)理想の男に成長w
昌幸の言葉を信じて、昌幸の言うような男になろうと10年以上もけなげに努力する宋次郎。なんて一途!一方、その気もないのに、のらりくらりと結論を先延ばししていた昌幸は、引っ込みつかない状態に。「俺に彼女がいないときに」といったすぐ後、彼女と別れることになるのだが、それを内緒にされていたことを知った宋次郎はショックを受け、昌幸をあきらめようとする。
実際離れていこうとする宋次郎が惜しくなった昌幸は、
宋次郎にちょっかい。そこで!とうとう切れるわけですよ。宋次郎が!
そして襲う!(挿入なしだけど…)その続き切れ具合が、たまんない!
そして、切ない!
エンディングは、「もうちょっとーーー!」っと思ったけど、
巻末のおまけマンガに続くので、満足満足です!

「我が家は楽し」同級生 バツ3×バツ1
息子も絡んできて…!エンディングのエチー流れ込みが、おっさん二人余裕ない感じが、うはーw

「照る日曇る日」「暗いトンネルの向こう」
部下×元上司 オッサン受け!

「靴下の穴」「苺の染み」
面倒見のいい上司(ノンケ妻帯者)×無気力低血圧バイト(ゲイ)
萌 え ま し た!
バイトの石川が、少しずつ上司の島田に惹かれていく感じが可愛い。
そして、いろいろ心配してなんだかんだと面倒をみちゃう上司の島田が
石川に遅れて惹かれていく様子が、萌える。エンディングは、エロイ…
そして、石川、いい顔する~!

「おねがいちょっとだまってて」
ふりーん!で、ちょっとミステリーでした。

2

短編集です

山田ユギ祭り開催中なんですが、ユギ作品ってレビューが書きにくいことに気付いた。
超好きな漫画家さんなんですが、読んだだけで満足するっていうか完結するっていうか、蛇足めいたレビューを書きたくなくなるというか。
表題作は良かったよ。
「俺をサセコにしてくれ」と頼むガキ(宗次郎)を「毛が生えたらな」とあしらうノンケの昌幸。
「俺より身長高くなったらな」「いい大学入ったら」「稼ぎ良くなったら」と、あしらい続けて20年。
ずっと躾のいいワンコのようだった年下の宗次郎が、「いい加減にしろよてめえ」とキレるシーンが好きだ。
幼馴染みモノ好きだー。

3

誰がおまえを好きだと言った

おもしろかった!!
ユギさんやっぱすげえわ…。
これが通算30冊目だって!
3年前なんだから、今はもっと出てるんだろうね~大ベテランだ!
日常の場面が所帯染みてるせいか、エロシーンのやらしさがすごすぎるww
まさにギャップ萌えww(自分がバカなのは自覚してます)
短編集だけど、リンクしてたり、お馴染みのバーのママ(だよね?)が登場してたりしてよかったですvv
カバー下おもしれぇーー笑

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ