好きこそ恋の絶対

suki koso koi no zettai

好きこそ恋の絶対
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
74
評価数
21件
平均
3.6 / 5
神率
9.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  
ISBN
9784344806047

あらすじ

諏訪内真二は、白バイ隊から捜査課に人事異動され刑事となった25歳。配属されて最初の事件の担当検事は、先輩刑事たちから敵視されている高城幹弥だった。しかし事件を二人で調べるうち、真二は高城と親しくなりたいと思い休日を一緒に過ごすことに。やがて真二は、正義感溢れる高城に惹かれ始め…。新米刑事とエリート検事の恋は。

表題作好きこそ恋の絶対

諏訪内真二(25歳),元白バイ隊の刑事
高城幹弥(29歳),正義感溢れるエリート検事

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

大型ワンコ

絶対シリーズ1作目。

白バイ隊員から刑事課に移動になった新米デカの真二が、エリート検事の高城に夢中になっちゃうお話し。

真直ぐで感情のまま突き進んでいく真二が愛らしいです。
二人ともノンケなのに、戸惑うことなくあっさり恋人展開になるなど、思うところは多々あれど、深く考えずにさらっと楽しめる作品でした。

大型犬のような真二(まさにワンコ攻め)を前には、細かい部部は多めに見ようと思えてしまいます(笑)

高城も仕事モードとオフモードのギャップが激しくなかなかいいキャラです。
でも関西弁のキャラは高城より真二の方がイメージに合うかな。

1

あまあま王道楽しめました~

最初から最後まで王道なんですが、不思議に息切れせず最後まで楽しめました。よかったです。
典型的ワンコ攻めと美形ツンデレ受け。ですが、”まっすぐ”がテーマだけあって、嫌なところ、曲がったところが全く出てこない。本当にさわやかで読後の後味すっきりな作品でした。

舞台は警察。バイクにあこがれて機動隊入りするも、ひたすら事件に遭遇してお手柄を挙げ続けた結果、刑事になってしまった真二。新しい部署で、刑事達に煙たがられている検事、高城に一目惚れ(自覚無し)してしいます。
そこからは王道あまあまストーリー。

この攻め、真二の天然っぷりがコミカルでさわやか。表裏のない、いつも思ったことをすぐ口にしてしまう、みんなから愛されるキャラ。
一方検事の高城はまがったことが嫌い。正論をぶって煙たがられるも、仕事に対してひたむきな態度の結果であり、真二はその本質をいち早く見抜きます。

デレた高城さんも可愛いですね。

うじうじした受け攻めが苦手な私にとって、本当に気分よく読めた作品でした。

1

なんか惜しい

リロードシリーズを買い込んだ分なんとか読み終えた後
こちらの本を読みました
リロードよりこちらのほうが私は好き
皆さんおっしゃる通り攻めがワンコでカワカッコイイです
受けの関西弁もいい味でてます
けど・・
受けがすんなり攻めを受け入れたのがなんかあれ?
好きだけど殴ってしまうかもしれないから後ろ手に縛りつける
プレイにさらにあれれ???
自分は王道が好きだからか後半ちょっとがっかりしてしまいました
この作家さんは後半まとめあげるために話がちょっと乱暴になる印象が
あります
盛り上げるためなんだろうけど自分的にはテンション下がる場合が多いです

でもまったく萌えなかったわけではないので萌え×1で
攻め様がよかったです

0

あ~面白かった

いおかセンセ、大好きです。リロードシリーズからの大大ファンなので、このシリーズも似たようなものかな~と予想し読み始めたのですが。
m(_ _)m 早計でした、浅はかでした。
あ~面白い(๑≧౪≦)ノノ。
2人の気持ちがとてもまっすぐで気持ちいい。スカッと読めて、それでいて
ちゃんとエロいので満足して本を閉じることができる。「あ~面白かった」って。
刑事モノだから、事件も起こる。そのさじ加減が、モロ好みなのよね~。
おすすめです。さ、続き読もっと。

2

ヘタレワンコとクールビューティー

いおかさんの初読み作品でした。
シリーズ第一作目。
一応、お仕事ものです。
ただ、攻めキャラのおかげか硬さはないです。
攻め視点なのも良いですね。


攻めはバイクが大好きで、白バイ乗りとして成績を上げていたら刑事課へ引っ張られてしまったという、ヘタレワンコ系・諏訪内。

受けはクールビューティー系の検事・高城。
捜査に口を挟むため、刑事たちには煙たがれる存在。


諏訪内は、刑事課移動後の初仕事で高城と出会います。
彼の立ち姿の美しさや事件へ取り組む真摯な姿勢に、いつの間にか惹かれていくというお話です。

攻め視点で進むので高城の気持ちはわかりづらいですが、その分、諏訪内がまさしくワンコで高城(飼い主)に「ワンワン(好き好きー)」と尻尾を振って駆け寄っていくさまが可愛いんですよね。
そして、カッとなると大阪弁な高城。
外見の美しさとのギャップが笑いを誘います。
シリーズものなので、今後このふたりがどうなるのか楽しみです。
奈良さんの挿絵も作品にマッチしていて、すごく良かったです。

3

清々しいCP!

『絶対』シリーズ1作目です。

いおかさんでは唯一好きなシリーズなんです。
こちらの本編(真二×高城)もいいんですが、私はスピンオフ(高城の弟CP)がすごく好き。

いえ、もともと『年下攻』も『お仕事もの』も苦手だからスピンオフの方が個人的好みに合うのは確かですが、逆に言えばこちらの本編は『好みとは違う』のにそれでも好きだってことなんですよね。

ホントにこのシリーズは好きだし面白いと思っています。

ただ『お仕事もの』というほどじゃない気がします。あらすじに『事件』と出てくるのと、何より『刑事×検事』なので、私がそう思い込んでただけなんですが。

特に事件面は、それらしい雰囲気だけで所謂『謎解き』部分がほとんどないに等しいので、刑事×検事の『事件もの』を期待して読むと肩透かしかも。
イヤ、私はいっそその方がいいんだけど。

そういう意味では、決して『事件もの』『推理もの』じゃなく、まさに『ラブストーリー』なんですよ。

キャラクターは、本来は苦手な『年下攻』の中でも『女王様とワンコ』は好みなので真二は好きなんですよ。とても素直な気持ちのいいキャラクタ続きーです。

高城は、年上受苦手なので本来の好みではありませんが、それでもいいキャラクターだと思います。
何よりも、途中の『自転車と関西弁』のシーンで一気に高城の好感度上がりましたよ。←このシーンの高城のイラストがまた素晴らしい!イラスト含め、このシーンだけでも読んだ意味はあったというくらいです。

イヤもう、とにかくこの2人のCPはすごくイイ!どちらも(少なくとも年齢は)大人の男なのに、なんて可愛いラブなんだ。初々しいと言うかなんと言うか・・・Hは結構しっかりなんですが。

読む前にあらすじ等でわかっていた設定やキャラクターはどちらかと言わなくても苦手なので、ほとんど期待してなかったんですよね。
いおかさんあまり合わないし。←決してキライではない。ただ好みとズレるだけ。

でも、予想外によかったんです。気に入りました。

あえて言うなら、終始真二視点だから仕方ないんですが、高城の気持ちの動きが見え難くてラブ面がちょっとあっさりな気がして、そこがちょっと惜しかったかな。基本すごく面白かったから。

まあでも、事件もラブも深く突っ込みずぎない分あっさり読みやすいとは思います。シリーズとして続きもあるのでここで終わりじゃないし。

結局のところ、少々気になることがあっても面白かったからまあいいやってことなんですけどね。


ところで、イラストですが。

大変失礼ながら、私は奈良さんの絵柄はまったく好みではありませんが(別にキライなわけじゃないですよ)、とても上手い方だとは思っています。これこそ私が言うこと自体失礼かもしれませんが。

正直なところ、真二がいくら大型ワンコでもちょっと茫洋とし過ぎてるかな~という気はしたんですけどね。
高城はすごく素敵です。一目惚れもするだろ!って納得してしまうくらいカッコいい。

それでも、個人的好みとは無関係にさすがに人気のある方だなと感じるイラストでしたね。

3

ナイスカップル!

実は奈良千春さんのイラスト買いです。
前はどちらかといえば苦手だった奈良さんのイラスト。
ですが、はまると他では物足りなくなるような・・・。
カラー口絵はもちろん、イタしているイラストは良すぎです!

刑事や検事が出てくると思うとハードなストーリーのイメージがあったのですが
これはかわいくて、きゅんきゅんきちゃいました。
なんていうか、ド・ストライクでした。

攻の天然な素直さも受のクールさもすっごく好み!
シリーズ物ということなのですぐにでも手に入れたいです。


1

クールな受けち、素朴な攻め!

シリーズになっているお話の、第一話です。
刑事に成り立ての、交通機動隊出の諏訪内真二と、
検事の高城との、ちょっと不似合いな、組み合わせ。

事件の捜査のため、同行するようになり、高城のまじめの中の、
真実の追求のための、ひた向きさに、真二は惹かれていく、
本当は、顔で惚れてのかもしれないが・・・・・!

真二のいい人が、高城にも分かり、そのうち二人は、友人から恋人へ
ちゃっかり、体の関係まで持って行けた、真二は偉い。

高城の関西弁、何か親しみが有り、いいですね、二人で
大型バイクに乗る、密着度もLOVE!

イラストの、奈良先生はとても大好きです、
高城のは、クールに、真二は素朴に、そして、3枚目風にも、
やっぱり、イラストあっての、小説だと思う私はいけないでしょうか?

1

これはよい年下攻

イラストが苦手だったんで避けていたんですが、年下ワンコ攻が好きだったら、と勧められて読んだら、本当にアタリでした。お願いだから、もっとクセのない、まともな絵をつけてほしかった。

1

真っ直ぐ同士のカップル

このカップル大好き♪真っ直ぐ同士で可愛い~。とっても癒されました。
持ち前の強運から高い検挙率をあげ、刑事課に配属されることになった諏訪内真二。普通に考えたら栄転なんですけど、「白バイに乗りたい」という何とも純粋で微笑ましい動機から警察官になった彼にとってはあまり嬉しい異動ではありません。
が、運はまだ彼を見捨ててはいませんでした!刑事課に初出勤の日、ドアを挟んで聞こえてくる凛とした声、真っ直ぐな立ち姿、端整な容姿に彼は目(と耳)を奪われます。それが高城幹弥検事との出会いでした。真二自身はまだ自覚してないんですけど、どう見ても一目ぼれですね、これは。
さて、その高城検事。真面目で厳しい性格で、緻密な捜査を要求する彼は、ベテラン刑事達から煙たがられています。が、彼の厳しさの根底には、真っ直ぐで熱い正義感と人に対する優しさがあるんです。真二は高城と一緒に仕事をし、彼の人柄に触れるうちに、益々彼への好意が深まっていきます。
真二は、天然の入った年下ワンコ攻め。本人は「俺、犬だったらよかったのに」と呟いていますが、大丈夫ですよ~、あなたは誰から見ても立派なワンコですから。ご主人様(高城続き)の態度に一喜一憂するところがホントにワンコっぽくて可愛い。ちょっとヘタレワンコな真二ですが、周りの意見に流されずに人の本質を見抜く「強さ」もあると思います。彼の強さは、素直さや善良さによる、自然で無意識な強さだと思う。いつき先生は彼のことを「最強」と言われてますが、確かにこういう自然体で善く在ることができる人って最強だと思います。
高城の方は、真二と接しているうちに、どんどん人情味や表情が出てきます。素になったり、興奮したりすると出るという関西弁が素敵。関西弁初披露の際の、ママチャリに乗りながら大声でまくしたてるイラストにやられた!奈良先生てこんなコミカルなイラストも描かれるんですね。結構口が悪かったり、照れ屋さんだったりと仕事モードのときには絶対に見せない顔を真二の前では曝け出している高城が可愛い。こういう好きな人の前で特別に見せる姿というのはツボ。初めての後、照れ隠しに真二を殴って「返品不可やからな」と宣言する高城の可愛さに激萌え。ツンデレ万歳!
ただ出会ってから付き合うまでの展開が早く、ずっと真二の視点でお話が進むので、高城の気持ちが見えにくい部分がありました。高城が早い頃から真二を好意的に見ていたのは分かるんですけど、特別な存在として意識するようになる過程が見えにくい。個人的には真二に「俺の今会いたいのが高城さん」と言われ、酔った彼に抱きしめられたあたりである程度意識していたと推測してるんですけど。この言葉を真二から引き出すときの高城が誘導尋問してるようにも見えて(笑)、こんな尋問をするのは意識しているからだろうと思ったので。後、抱きしめられても拒んでないですし。

1

素晴らしき、ワンコ×女王様作品

年下ヘタレワンコ×女王様誘い受。

だからーこのタイプに弱いんですってー私ww
攻は、刑事課に移動したばかりの元白バイ隊員の真二。
それほどヘタレではありませんが、見事な大型ワンコ!!
作中でも“シベリアンハスキー”と称されるほどです。
受である検事・高城に無自覚な一目惚れをし、尻尾を振ってついていきますww
一方高城も、真二の4つ年上で、見事な美貌の持ち主。
関西人で普段は標準語を使っているが、興奮すると関西弁になるのもオイシイ。

「絶対」シリーズ1巻にあたるこの『好きこそ恋の絶対』では、
恋愛と事件を織り交ぜて二人の出会いから恋人になるまでが描かれています。
ストーリーのテンポもよくって、主役だけでなく、脇を固める警察のオジサン達もとっても魅力的vv
バカ正直だけど誰からも好かれる真二も、仕事に厳しいからこそ警察のオジサマ達から嫌われる高城も、どっちも素敵です。
ただ高城にいたっては、仕事モードとプライベート(関西弁モード)ではキャラが違いすぎて、どっちがほんとの高城なのかわからんくてちょっと混乱したり。
でも、そんな高城を真二は“2倍楽しめてお得”続きみたいに言ってて、高城もこんな真二のまっすぐな所が好きなんだろうなーと思いました。
“まっすぐ”といえば、この二人お互いにお互いのことを“まっすぐ”だと思っているんですよねー
いいなぁベタボレですよ、お互い。
真二が高城のことをずっと好きだったのは最初からわかっていましたが、高城がいつから真二のことを意識していたのかは正直わかりません。
高城視点でもうちょっと掘り下げてほしかったなぁーなんて思ったりもします。

そして、挿絵は奈良千春さんなんですよー相変わらずお見事です。
この方のイラストじゃないと描き表せないんじゃないかってくらい、見事に二人ともハマってます。
ピンナップもお美しいエロス…!!
奈良さんの絵だけで小説買っちゃう、ってのも納得してしまう気がします。
でもでも、この作品は中身も絵も両方オススメです!
ワンコ×女王様好きでしたら、これは読まないわけにはいきません。
全3作+番外編1作ありますからねーこれから読み進めるのが楽しみですww

あ、ちなみにCDはひらりん×わちゃなんですよね?!
そっちも手に入れたいです!あと同人誌もww

2

「まっすぐ」な二人

メインカップルの諏訪内真ニ×高城幹弥。
この二人がとっても『まっすぐ』なのです。
仕事やプライベート、とにかく色々なことに『真面目』で『誠実』。
特に攻の諏訪内(年下・シベリアンハスキー似)は、
人が良すぎるくらいのお人好し。ピュアです。

裏表のない素直なピュアっ子が捧げる愛を、
これまた大真面目に受け取る真っ直ぐな年上美人・高城。
興奮したり、素になると、関西弁になるという高城の設定がツボです。

純で真っ直ぐな人達は、見ていて気持ちがいいのです。
二人の恋を自然に応援したくなる気持ちになって、ほのぼのしました。

1

年下大型ワンコ好きですか?

年下大型ワンコって、苦手だったんです。大型ワンコって愚鈍ってイメージがあって・・すみません。
でもこれを読んだら、絶対うちにも年下大型ワンコ欲しい~!!ってなりますよ。

それぐらい、一途でまっすぐで、かわいい。

箱根マラソンの先導の白バイに憧れて警官になったという純朴な所のある真二だから、冷たい印象の高城幹弥のことも、実は仕事熱心で正義感あふれていることに、気付きそんな彼にひかれていくのです。真二から好きになっちゃいました。
こんな大型ワンコにきゅ~んと懐かれたらあなた、どんなクールビューティも捨てておけないでしょう。
しかたないなあって、調子で・・(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ