クリムゾン・スペル 1

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神30
  • 萌×29
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
18
得点
204
評価数
47件
平均
4.4 / 5
神率
63.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602924

あらすじ

王家に伝わる紅い魔剣の呪いで、魔獣に変身?!王子バルドは忌わしい呪いを解いてもらうため、美貌の魔導士ハヴィの供として、旅に出ることに。でも夜ごと魔獣に変身するたび、ハヴィに犯されていることを、バルドはまだ知らない?!
解呪の手がかりを求めて、二人の旅が始まった!

表題作クリムゾン・スペル 1

クールで優秀な天才魔導師 ハヴィ
魔剣の呪いで夜ごと魔獣化する王子 バルド

評価・レビューする

レビュー投稿数18

剣と魔法、王子様と魔導士

剣と魔法、呪われた王子様と眉目秀麗な魔導士、魔物やドラゴン、怪しげなアイテムの数々――…と、これぞファンタジーという壮大な世界観の作品です。小説だとこの手の本格的なファンタジーはいくつか思いつくのですが、コミックだとBL作品に限らず女性向けの市場ではなかなか無いような気がします。

また、やまねあやのさんのコミックを拝読したのはこの作品が初めてでしたが、最初から最後まで、大きなコマから小さなコマまで、一切手抜きがない美麗な絵に圧倒されました。そのためか何度読み返しても隅々まで読んでしまい、読み応えがあるコミックだなぁとしみじみ感じます。

主人公のバルドリーグ(バルド)は魔剣ユグ・ヴェルンドの封印を解いてしまったがためにその呪いを受けた王子様です。解呪のために高名な魔導士・ハルヴィル(ハヴィ)の元を訪れたバルドは、協力してくれる魔導士を探すため、ハヴィと共に魔導士の郷・セレアスデールを目指すのですが――…というお話です。途中で可愛らしいモフモフキャラが合流したり、ハルヴィルの過去が垣間見えたりと、RPGをプレイしているような気分で読むことができ、とにかく楽しいです。

二人続きの関係はちょっと変わっています。ハヴィは魔獣と化して意識のないバルドを初対面の夜から一方的に「気を放ってやることで宥めて」いるのですが、バルドは頼りになる魔導士としてのハヴィに心から懐いています。昼間の二人の友人のような関係と、夜の秘められた関係の対比が面白いと思いました。血だらけになってもバルドを抱き締めるハヴィにきゅんとしました。

この第1巻では、ハヴィの方がバルドを特別な存在として意識し始めるところで終わっています。魔獣のバルドはとても可愛いですが、素のバルドとの関係も進展してほしいなーと思いながら、第2巻へレッツゴーです。

3

ファンタジーとしても素晴らしい

ファインダーシリーズを電子書籍で発売されているものをすべて購入した後、もっとやまねあやの先生の作品が読みたくなってこちらのレビューでも高評価だった為クリムゾンスペルの既刊を一気に読みました。

ファンタジーは元々大好きなのですが、BLとファンタジーってどうなんだろう?と思っていたのですが、さすがやまね先生ストーリーが素晴らしいです。
エロもちゃんとありますが、ストーリーありきじゃないと、ファンタジーとBLって相容れないものだと思ってたのですが、普通に物語としても面白いです。

相変わらず絵もきれいだし、ファンタジーに長髪の魔導士は必須ですよね。ハヴィとバルド素敵なコンビです。シリーズ前半は魔獣となったバルドと交わっていて朝になると記憶がない王子のバルドに戻っちゃうのですが、後々魔獣でないバルドと結ばれるこのCPに萌えます。

2

衣装がすごく好き

中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジー系BL。
どこの国をモデルにしたかを明言してくださったら幸いなのですが。
ドイツなのか、北欧なのか・・・?

18世紀までの男性の衣装がすごく好きなわたしにとっては、生唾ものです。
(ジレ、クラヴァット、ジュストコール=細身の上着・・・)

昼は、高貴な王子のバルド。情事になってくると、野獣に変貌する、という二重人格になってしまいます。
獰猛な魔獣を退散させるべく、禁断の魔法の剣を使った故に・・・。
だけど、それを使うしか、民を救えなかったのです。
バルドは、自身の自慢の長い髪を切り、若君のアンリにそれを渡して、
「これを俺の代わりに。父上と母上を頼む」とたくし、旅に出ます。
その旅はというと、ハルヴィル(ハヴィ)という解呪のスペシャリストである魔術師と面会するものだったのです・・・
それからは、二人の冒険の序章でもあった・・・

中世ヨーロッパの偉人はというと、ジャンヌ・ダルク、シャルル7世、ピエール・コーション司教(ジャンヌ・ダルクの宿敵=対立関係)、ルイ9世(カトリックの聖人としても有名)、チェコの英雄としておな続きじみのヤン・フス(カトリックから異端扱いにされ、1415年、火刑に)・・・

魔術師マーリン、指輪物語、ナルニア国物語、ハリポタシリーズ、からインスパイアを受けた感がしますよね(笑)

本当にご馳走様、の作品です!


2

魔法や魔物が出てくるファンタジー

妖精や竜、モンスターなどが出てくるファンタジーが大好きです。
よく児童書などを読みあさりました。
だからか…BLでファンタジー系は避け気味です。
なんというか…期待を裏切られたくないというか…なんだろ?…うん。
でもこの作品は読んで良かったです。
いつも店頭で迷っていた自分…もっと早く手に取れば良かった。

美麗な絵にキャラも面白い、そして格好良い。
王子バルドも素敵ですが、褐色斑紋な魔獣バルドもイイ!
ハヴィの美髪が羨ますぃ←
ウサギなルルカも可愛いーーーーーーーーーっ!!、
寂しいと力が出ないんですってよ(*´艸`*)♪

アレな場面も濃いです(*ノωノ)ポッ
特にバルドのギャップは…www
魔獣バルドがハヴィに襲いかかって「はむはむ」している場面がかなり可愛かったです!
ハヴィの焦りっぷりも面白いー。

番外編「旅の途中」では触手モンスターが良いお仕事をしてくれました(。-∀-)ニヒ♪

1

絵の綺麗さは絶品だなと

ファンタジー好きなので人気作家だしと、出ているところまでは全部読みました。
正直なところ小ネタのギャグらしきシーンは面白くないのですが、ファンタジーとしての設定やバトルシーンなど作り込みがちゃんとしてて好きです。
それぞれのキャラのアクセサリや小物まで本当に書き込みが素晴らしいです。

ただエロシーンに関しては、下半身に焦点おいて書くタイプの作家さんな様なので個人的にはあまり好まない書き方でした。

1

ファンタジー&美麗好きに是非♪

細かいことを気にすると色々あれなんですけど、
でもそんなことどうでもいいのっ!
やまねあやの先生の半端ない画力であれやこれや吹っ飛んじゃうYO┌(┌^o^)┐!!

たまりませんね、綺麗な男の人同士♪
あぁ~登場人物がみんな麗しくて眼福、眼福~♪♪
1巻はノリが明るいので、そういった点でも読みやすくて良かったです。

ちゃんとエロもあって、またさすがやまねあやの先生!!相変わらず萌える!!
また夜になるとバルドがあれに変身しちゃうのも素敵~♪
そして変態魔道士に・・・♪

私はファンタジーが大好きなので、個人的にこのシリーズは超楽しみです。

4

ハズレかもと思ってましたが・・・

ファンタジー物の作品を募集したところ紹介してもらい、一番求めていた世界観かなと思い、調べていましたが・・・
電子書籍サイトで立ち読みした時、これはもしかしたら好みの物ではないかも・・・など考えてましたが

全くそんなことなかった!!

絵が綺麗でずっとシリアスかと思えば、結構頻繁にギャグが入っていたり、濃厚なエロシーンもあり・・・
ストーリーも読みやすく進まれていて、買ってよかったと思いました!
まだ2巻までしか買っていないので次買うのが楽しみです・・・!

4

やまねマジック!!

もうこの先生の漫画はかき集めてます(笑)

とにかく描写が美しい!!(*´∀`*)
美男子×美男子♥

そしてエロシーンも濃厚で艶っぽいです。

主人公は高貴なお方なので、まだこの頃は妖魔の姿になったときのみ
欲望に忠実になり、相棒とエッチする(しかしもとに戻ると記憶はない。)のですが
そのときの暴走具合とデレ具合にこっちも興奮します。←

ツンデレいいやつ!が受け主人公
美麗な腹黒!が攻め相棒
といったところでしょうか☆

この二人の今後の展開に期待大です!

おすすめーっ!(笑)

2

美しい~

やまね先生+西洋のクラシックな衣装+長髪(笑)とくれば、もう美しくなる運命なのかもしれませんが、やまね先生の美しい絵を堪能できるシリーズです。大好きです。
ファンタジーは元々大好物なので、こういうお話を待ってましたという感じだったんですが。
ストーリーもしっかりしているので、お話を楽しむ点でも満足。^-^
今はまだ主人公の二人の間には、はっきりした愛情らしきものは芽生えてない段階だと思うんですが、表情をくずさないハヴィがバルドのふとした笑顔に見とれているところとか、バルドを抱いているときにキスしてしまうところに萌えました。

3

ファンタジーのBL初めてよんだ!

なんだこれ、面白いっ><
ファンタジーのBLって初めて読みました!

けどよく考えてみたら、BLという言葉を知らない中学生くらいのころから、綺麗な魔道師やカッコいい剣士が出てくるファンタジー世界には常にドキドキキュンキュンしていたものです。
あのころはなかった言葉ですが、きっとあの時の気持ちを今の言葉で表現すると「萌え~」だったなと思います(笑)

とにかくハヴィが素敵すぎる><
なんだあの美しさっ!!!
しかもちょっと腹黒くて、ちょっと茶目っ気があって、ちょっと迂闊。

一方バルドも最高!
普段はまっすぐでちょっと天然で剣が強い素敵王子。枷が外れれば魔獣と化し、欲望に忠実でエロい!
こんな総受けキャラがほかにありますかっ!!!

エロも濃厚。しかもバルドは魔獣だから、噛んだり引っ掻いたり。
ホントに獣の交わりみたいなんですが、ハヴィは美しいしバルドはしなやかだしで、すっごい綺麗です。

すべて、美しい絵があってこそです。
本当に、どのページも、どのコマも、どの表情も、悶絶ものの美しさでした。
ファンタジーってやっぱ、美しくなきゃダメよね~☆

続き
個人的には触手とか要らないんだけど、そのあとの、魔道師の腕の見せ所とか言いながら夜なべして媚薬を作るハヴィがやたら可愛かったのでOK!

叩いて怒らせて発光させるフェアリーが妙にツボでした。そんな使用方法酷いよ(笑)

「萌×2」かな?とも思ったんだけど、あまりの美しさと初ファンタジー記念で「神」です!
ファンタジーって、とにかく絵が美麗であればそれだけで十分世界観確立できるのかもしれない。
もちろんストーリーもしっかりしていましたが、このお話は厳つい絵だったらこんなに萌えなかったと思うから、ファンタジーって描くべき人ってのがいらっしゃるんだなと感じました。

あべ美幸さんの八犬伝も、よくよく考えたら絵あってこそだもんなぁ。

3

重い腰を上げてようやく4冊まとめて読ませていただきました。
腰砕けです*:.。☆..。.(´∀`人)
上げた腰砕かれたww
魔導師×王子なファンタジーもの。
なのですが、この王子が獣人化したときの褐色の肌!
そして犯されることによって滲んだ汗、高揚した顔。
これがまた“タマリマセン”
エロなレーベルでもないので、エロという意味では期待してなかったんですが、あやのサン・・・期待を裏切っていただきましてありがとうございますw
初めての交合・・・・食い込む肉感がなんともいえませんでしたw
ある意味攻・・役得w
繰り返す交合で、快楽に慣らされ懐いてくる獣の図もイイ。
舌なめずりなコマは何度みてもエロ-(´- `☆)。
久しぶりのふるさとで、バルドを必死に追いかけるハヴィも可愛かったです。
というか、あんだけヤっといて、ケツノアナには違和感がないのだろうか。
腰が痛いくらいの話じゃすまんと思うんだけど・・・・
BLのオキテ、そこには触れるなってことだろうか。

王子、触手にイかされるの回
思わずハァハァしたあとに、その後バラされるという恥辱プレイ。
萌え
続きエロも勿論ですが、わりとストーリーがシッカリ読めるのが
更にポイント高いですね。
シッカリもう一度読み返そうと思います

5

ファンタジーを侮ってはいけない!!  エロすっvv

  すみません!! ごめんなさい!! 最初に謝っておきます!! 
  もうvv モウvv 激ツボなんですvv 魔導師ハルヴィルvvvvvvvv ハヴィーーーーーーー!!! 
 冷めた面差しの超美形ストレートロン毛!!! どっから好きなのかな??? 昔から 澄ましたストレートロン毛キャラに 心奪われてしまう私vv 昔って 幼いころから!! 
 幼き頃(小学生)を思い出すと パタリロ の バンコラン(他にいないのか!!ってこの頃からホモ系OK)にはじまり 北斗の拳のレイ(今考えれば 塩沢兼人さんの声好きvv)
 ふしぎ遊戯では心宿vv 今日からマ王ではもちろん ギュンターvv(和ファンですv)  そして この世界の代表といえば 間の楔の イアソン・ミンクーーーーーvvvvvv
 何が 萌って キレイな輝く長い髪が 男の背中を撫でる画なんて もうwwwwwww
 私の心の股間が 何度 果てることか!!!!  (って もう頭腐りまくってます!)
 その大好きロン毛キャラを これまた やまねあやの先生が描かれるなんて、 なんでこんなに キレイ・美しい・エロくって それでいて しっか続きり男攻!!!!  
やまね先生の描かれる身体って ほんと 肌が美しいvvvv 漫画や挿絵って大半がカラーでないのに どうして あんなに 艶やかに すべやかに 美しい 身体が描けるのか!!
 美しい魔導師ハヴィが 魔物化した暴れるバルド(通常は普通の人 剣の呪いに罹った王子を押さえ込むには 身体をつなげて 魔力を吸い取り自分の糧にする(なんとファンタジー!!!!もうなんでもいいvv) この絡みのシーン ケモミミに尻尾も生えてはないけど もう 獣姦vvv 
 バルドの喘ぎといえば『グゥ・・ゥ アア・・ゥ』『グルルルッ!!』あげくに『ぎゃんっ!!』
どんだけ 獣なんだ!! それをしっかり楽しんでるハヴィvvv 
 三度目の濡れ場は最高vv 魔物化したバルドが ハビィに跨り 本能のままに腰を振るのは是非・是非ご堪能下さいvvv 

4

耽美な世界

BLでファンタジーってご都合主義になったり結局ファンタジーうやむやでエロをひた走ったりなものだろう(それはそれで好きですが笑)と勝手に思ってましたがこれは違います!

ストーリーがしっかりしていて、ちゃんとファンタジーしてますし、なにより絵が素晴らしく美しい。ひとこまひとこまがとても丁寧で線が細くしっかり書き込まれています。

そしてなによりエロい!とにかく出るキャラみんな雰囲気持ちまくりで妖艶です。

ところどころ笑えるところもあるし、ファンタジーにつきもののマスコットキャラもとっても可愛いですよ♪おすすめです。

2

絵が秀麗

ファンタジーもののBLはこれが初めてかもしれません。相変わらず絵が美しいやまねあやの先生。エロスも程よく楽しく読ませていただきました。

魔導師ハルヴィル×王子バルドリーグ。どちらも美しい男性で見ているだけで目の保養(´∀`)二人の掛け合いが時々漫才っぽくて面白い。魔物バージョンのバルドも好きですよ。模様が美しい。
その魔物と循環の糧として身体を繋げるハヴィ。意外に逞しい身体で素敵☆

戦闘シーン、魔法シーンともに秀逸。ただもう少し長い場面として描いてほしかったかな。もっと絵を見たかったです。
新しく兎のような霊獣・ルルカも加わりにぎやかに。ルルカかわい~☆バルドとも仲がよさそうです。ハヴィとは…どうかな。

そんな中ハヴィが毒の罠にかかり倒れます。解毒剤を作ってバルドが助けましたが、何故かバルドが発情。魔物バージョンに変貌。ハヴィに乗っかります。嬉しそうにハヴィを受け入れるバルドがいやらしくて素敵でした。

旅はまだまだ続くようですが、この作品いつになったら終わるのか…もう4年は経ってるのに未だに3巻までしか…(´Д`)気長に待ってます。

2

普通のファンタジーもの

だと思って購入しました(笑)
家に帰ってBLだと知ってびっくりwwwww

ファンタジーBLにしては、世界観の完成度の高さは素晴らしいと思います。
エロシーンは勿論、戦闘シーンまで絵がとにかく綺麗なのもポイント高いです。

昼間は可愛い天然系、夜はエロエロな魔獣化…な受の王子が、ひとりで2粒美味しいです^^
攻も、長髪、変子(笑)と個性的。
お話自体はシリアス寄りですが、ギャグ要素や日常的なストーリーもあるので、読みやすいです。

ファンタジー、人外好きさんに自信を持ってオススメ出来ます!!!

2

魔導師と魔獣

絵がきれいですねぇ~、うっとりしました。
剣と魔法のファンタジー、まるでRPGの様な世界観です。
シリアスだけど時にコミカル、そんでもってすごくエロいですね。

呪いをかけられた王子は夜になると魔物に変身してしまうのですが、体中に浮き出る波紋が何ともいえず…、そそられます!
魔導師ハヴィは魔物に変身したバルドからエネルギーを分けてもらう為に抱いていたのですが、ハヴィはバルドの魔物の体に惚れてしまいます。
上品な王子が、夜になれば凶暴で妖艶な魔物に変わり、魔導師によって淫らに…。
その場面がとーっても色っぽくてエロいです。
日中のバルドは、夜な夜な抱かれているなんてまったく知らずに旅は続きます。

呪いを解くための方法を探し旅しているうちに二人は何者かに狙われます。
呪いの真相や敵の正体、増える旅の仲間などなど、これからまだまだ膨らむストーリーの続きが楽しみでなりません。

5

水を得た魚?

魔剣の呪いで魔獣に変身してしまうようになった王子・バルドは、呪いを解く為魔導士・ハヴィの元へ向かう。
バルドの魔獣姿に強く興味を引かれたハヴィは、呪いを解く旅の夜毎身体を奪う。けれどバルドはまったく気付かず――。
初ファンタジー第1巻。

繊細で美しい絵はまさにファンタジーにピッタリですね☆特にハヴィはやまねさんの技術の全てが注ぎ込まれている気がします。銀髪長髪・魔導士、そして変人(笑)最高です★
コメディ色が強いと思うので重苦しくなる事なく、読めます☆
天然バルドは何度も抱かれ続けても気付かないなんて鈍すぎ、ばれた時の反応が楽しみです♪

1

まさにファンタジー

ファンタジーも長髪も苦手なんですがこれはおもしろかったです!
王国アルスヴィーズの王子・バルドは魔物の襲来から人々を守るため、王家に伝わる魔剣を使ってしまい呪いを受けてしまいます。
その呪いを解くため魔道士・ハヴィの元を訪れ旅にでることに。
しかしバルドの意識とは別にバルドの呪いがバルドを魔獣にしてしまいます。

で、その魔獣になったバルドを鎮めるためにハヴィはバルドを抱きますw
しかしそのことをバルドは全く覚えておらず。
魔獣になったバルドはカッコイイんですが凶暴でしたwそんな魔獣バルドがたまにみせる色っぽい顔に萌えw
描き下ろしが一番萌えました。バルドが触手に犯されますwそれを知ったハヴィが媚薬を作り魔獣になったバルドに使っちゃいますw悶えてるバルド良い!笑

素晴らしくファンタジーでした!多分BLでファンタジーな作品は?って聞かれたら真っ先にクリムゾン・スペルと答えると思いますw
絵も素晴らしかったです。やまねあやの先生の美形キャラといい背景といい。あと馬もw
たまにギャグもあったんでそこまで難しくなったですし*

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ