恋になるまで身体を重ねて

koi ni narumade karada wo kasanete

恋になるまで身体を重ねて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
25
評価数
10件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003578

あらすじ

「恋人ができたから、もうセックスしない」。
五年越しのセックスフレンド・真田から、一方的に別れを告げられた小早川。
クールな美貌の真田とは身体の相性も最高で、お互い何の不満もないと思っていたのに…。
釈然としない小早川は真田の元を訪ねるが、真田が恋人に抱きしめられているのを見てしまう!!嫉妬に駆られた小早川は真田を無理やり抱こうとするが、なぜか真田は拒まずに…。

表題作恋になるまで身体を重ねて

小早川
真田

その他の収録作品

  • 君を待つ100分間
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

セフレのはずが……?

 切ない感じの物語で、小早川は物語の感じから、仕事のできる人なのか、と思ったらそうでもなくて。

 もう、ただただ小早川は情けないだけの人で、でもきっと、それがどうしようもなく、可愛いんだろうな……と、真田に同情。
 すっごくテイストは大好きでした!

 小早川は毎週、100分かけてセックスフレンドである真田の元に通っていたのだが、「恋人ができたから」と真田に一方的に関係の終焉を告げられてしまう……。
 一度は納得したものの、釈然としない小早川は真田の元を訪ねるが……というような話。

 小早川の鈍感っぷりがすごいわかるような気がするのと。
 真田の切なさが伝わってくる様な気がして……。

 いい話だなー……って、思いました。
 設定だけみたら、なんだかとんでもない話のような気がするんですが、そんなことなくて。
 ちょっと切なくなる様ないい話だったと思います。

 ただ、小早川の無神経さ&鈍感っぷりにいらっとしてしまう人にはむかないかも。
 考え方によっては、小早川は相当に無神経だからなー……(苦笑)

0

身体も心も大切

大学時代からの親友真田と小早川。
恋人がいなかったので、身体の相性がよかったので、ズルズルつないでいたが、真田から恋人ができたから、もうエッチしない。

真田と別れてから、仕事も行き詰まり、真田のアパートにいき、レイプまがいに身体を繋ぐ。
それを新しい恋人に見られ殴られる。
お互いがお互いの魅力をしり別れたことを後悔する。

0

めっちゃ面白かった~

MAX萌萌めちゃオススメ(中途半端にパクってみましたw)

オトナの恋のお話。めっちゃ良かった!鹿住さんの小説では、『ヤバイ気持ち』以来のヒットでした。
五年間セフレだった男に彼氏ができて捨てられ、それをきっかけにセフレへの恋心に気づいて苦しむリーマンの話です。

フラれてからのやさぐれ方がイイ。切ない。
手当たり次第に女と寝て。でもぜんぜん満たされなくて。
仕事で失敗したのをきっかけに元セフレを訪ね、「慰めて」とすがりつき、抵抗する相手に懇願までして、セックスさせてもらって。
それを彼氏に見つかって、殴られて。

なんかもう、主人公のアホアホさも無神経さもすべてが不憫で、なぜか愛しくて、涙出そうになりました。
切ないのに、素の会話が妙なところでコミカルだったりして、クスリと笑わされたり。
この切なさとコミカルさのバランスも大好き。

鹿住さんの小説は、高校生を主役にしたものばかりだけど、リーマンもののほうが上手いのかも?なんて思わされた一作でした。

1

5年もセフレ

「恋人ができたから、もうセックスしない。」
大学時代から5年越しのセックスフレンド・真田から、
一方的に別れを告げられた小早川。
お互いに何の不満もないはずと自分だけが思い込んでいたことに気付き
そこから本当の意味で真田を意識しはじめる…というお話です。

ニブチン小早川(笑)は、自覚の無い酷い男かも…。
ぐずぐず悩んで遠回りばっかりしてるし、自分や真田の気持ちに気付くまで、
いったいどれだけかかってるんだよと、ツッコミいれたくなりました。

後半で、真田の心情が語られますが
実は大学時代からから小早川を好きだったとか…、
いつ終わってもおかしくないセフレという関係に怯えていたとか…、
なかなか切なかったです。

それにしても、真田の恋人として登場した牧原クン。
年下(大学生)だけど、しっかりしてるし、いい子なんですよねー。
この子、お買い得なのにもったいないとか、思ってしまいました(笑)

まぁ、でも、意外と世話焼きな小早川と、ちょっぴり天然系の真田は
お似合いなのかもしれません。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ