侠、華の如し

kyou hana no gotoshi

侠、華の如し
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
26
評価数
8件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778101541

あらすじ

成瀬玲司は兄・勝己の急死により、家業『成瀬組』の跡継ぎとして実家に戻ることに。そこで世話役として付けられた菊池とともに新しい生活が始まった。「例えこの身を犠牲にしてでも貴方をお守り致します。」真摯なまなざしに見つめられて玲司は菊池に心奪われてしまうが…!?
大反響・任侠ロマンス。

表題作侠、華の如し

亡き若頭の息子で受様の世話役となる・菊池嵩
年の離れた兄の死によって組長になった・成瀬玲司

同時収録作品始まりは恋人役

受様の会社の傲慢社長・香坂敬
攻様の別れ話のダシに抜擢された社員・杉浦

同時収録作品恋虜に咲かせて

大きな組で賭場を任されている組長の三男・桐生皓之
ケモ耳がありそうなペットショップの店員・柏原尚

その他の収録作品

  • 義に繚乱
  • 潔く華やかに
  • TWO X TWO RINGS

評価・レビューする

レビュー投稿数3

任侠世界を垣間見るw

全部で4つのストーリー入り。

1つめのお話が表題のお話ですが、面白かったです。
1冊に3つですから、ちょっぴり短めですけど、
その中に、次期組長誘拐や第3者出現による嫉妬など
ちょっとしたスパイス(?)が盛り込まれていて、
ラブラブな様子も含めてとってもまとまっていました~。

その分、2つ目のお話が少し強引な印象を受けたかな。

3つ目は1つ目に出てきて次期組長にちょっかい出して
フラレた?皓兄が幸せになるお話w

4つ目は、表題と3つ目の2組カップルの
ラブラブなお話で、読んでてずっとニヤけますww

亜樹良さんの作品は初めてだったのですが、
絵はキレイだしカッコ良いしとても読みやすかったです♪

1

渋い男達がカッコいい

亜樹良のりかずさん初の単行本です。
この頃から画力があって、カッコいい絵です。
男らしい絵が素敵な亜樹良さんですが、特に注目は顎鬚の男達!(笑)
もうそこに目が行って仕方ありません(いえ、私の個人的嗜好なんですが・・・)。
受けは猫系の受けが亜樹良さんの漫画には多く登場すると思うのですが、これもそうですね。「恋虜に咲かせて」の受けはモロ猫系。可愛いんですけど。

表題作の受けは生粋のヤクザの家に生まれながら、ほんとに普通の男の子。
家の関係でちょっとは男らしいかな?とは思ったんですが、心は乙女ですね。
攻めの菊池がその分男らしいので、バランスはいいのかな。
任侠モノでは気に入っている作品の一つです。

表題作シリーズ以外では短編が2作品。
「恋虜に咲かせて」は表題作シリーズに脇役で登場したヤクザさんが主役。
「始まりは恋人役」は社長と社員のお話です。

0

天然素直で可愛いヤクザです。

主人公の成瀬玲司(受け)は兄が急死したため、大学を中退し成瀬組の後継になった。
玲司の世話役になった菊地崇(攻め)と一緒に、離れで居食住をともにすることになる。

玲司はヤクザなんかには見えない、天然で素直な可愛い子だ。
後継者としてやっていけるのかちょっと心配するところだが、やはりそこは菊地がいるから大丈夫なのかな・・・。
心配しちゃうほど、ぽやっとした感じの玲司です。

菊地は自分の身を犠牲にしてでも玲司を護ると言うが、それは後継者だから言った言葉ではないだろう。
怖い顔してますが、玲司の事を溺愛する1人の男です。

ヤクザものでしたが、痛いわけでもないし本当におもしろかった!
スピンオフも収録されてますが、そちらもおもしろい!
全ての作品があまあまでおもしろかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ