ずっと好きでいさせて

zutto suki de isasete

ずっと好きでいさせて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784877245092

あらすじ

真知は湖西グループ総帥のひ孫で、のんびりしたお坊ちゃん。
グループの学校に編入したが馴染めずにいたところ、昔なじみの一史に再会する。
湖西グループの会社員だった彼は、今はなぜか教師をしていた。
一緒にいるうちに一史の事が好きになってゆく真知。
告白し、一史と身体の関係を持つようになったのに、「好き」の気持ちは一方通行に思えて…。
いっぱい抱きしめてくれるのに、その瞳が冷ややかなのはなぜ?健気な想いは、凍りついた大人の心を溶かせるのか―。

表題作ずっと好きでいさせて

木更津一史,受様の幼馴染で湖西グループの会社員
撫川真知,湖西グループ総帥のひ孫にあたるお坊ちゃま

その他の収録作品

  • あとがき(柊平ハルモ)
  • あとがき(大和名瀬)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ダメな大人・・・

年の差かつ幼馴染みの再会もの(教師×生徒でもあります)。王道なんですが、設定は好みです。

それに、真知(受)がね~、柊平さんお得意の健気な年下受なんですが、ホントに可愛いんです。一史(攻)を一途に思い続ける姿がもう!たまりませんでした。

それに引き換え、一史のキャラクターがあまりにも酷い。いわゆるBLの『酷い男』『ロクデナシ』とはちょっと方向性が違っていて、なんというか、年(や頭)は大人なんですが、中身(情動面?)は子どものまま成長していないんですよね。真知の純粋な思いも、一方的に『勘違い』だと決めつけて、でも体の関係は続けているんです。

一史がとにかく自己中心的で身勝手で、もう読んでいてもイライラしますが、このままなし崩しになんとかなってしまうんではなくて、いったん真知に『見捨てられた』ところがなんとも言えず好きなんです。これがなければ、この作品自体受け付けられなかったでしょうね。

『好きだからこそ離れなければ』と、ここで一史に背を向けた真知の強さがよかったです。形の上では『年の差(年上攻)』ですが、実情は真知の方が大人なんですね。

結局は一史もやっと自続き分の本当の気持ちに気づいて行くんですが、遅過ぎますよ。ずっと年下の子に甘え過ぎ!これからは苦しめた分甘やかしてやれよ、と思いました。

一史はどうにもこうにも・・・ですが、作品としては好きなんです。やっぱり真知かな~。

それと、イラストがすごく素敵でした。

1

キュンキュン(*´∀`)

最初は攻めより受けの思いのほうが強い、という状況で体の関係を持ちます。個人的にこの初Hのシーンが大好きです。

自らが望んだことながらまるで体を弄ばれているかのような関係、デートの約束をすっぽかされ、それでも一史のことをひたむきに想い続ける真知。
その純粋さに本当にキュンキュンしてしまいました。

その反面、一史のひねくれ加減にはイライラ。ぬくぬく育ったお坊ちゃまに複雑な感情を抱いています。環境に同情はするが真知に当たるのはお門違いだろう・・
攻めより受けのほうが大人ですね。

しかしなんというか全体的に初恋を思い出させるようなお話でしたw
読んでいて「あ~~(>_<*)」ってなる小説に久しぶりに出会いました。
自分が健気で一途な受けに弱いことを再確認。

0

健気なおぼっちゃまの純愛です。

のっけから学園Hです。
主人公の真知はとてもおとなしく、儚げな高校生。攻めの一史に健気に答えようとする姿がイイです。
冷たくされても、来ないとわかってても、公園で待つ姿が・・
最後はハッピーエンドですが、自己中の一史は少し引けますね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ