狐の魂呼い 2

狐の魂呼い 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
37
評価数
11件
平均
3.6 / 5
神率
45.5%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784790115717

あらすじ

狐の里を追放され、
烏天狗・黒羽(くろは)の邸に住まう
棕櫚(しゅろ)と柚々(ゆゆ)、白栲(しろたえ)。
平穏な生活。すれ違う想い。物ノ怪──。
圧倒的人気を博した前作に続き、
満を持してお届けする心に染みる物語集。(裏表紙より)

表題作狐の魂呼い 2

黒羽,烏天狗
白栲(シロタエ),棕櫚の弟

同時収録作品狐の魂呼い 2

棕櫚
柚々,棕櫚に見初められた人間

その他の収録作品

  • (シリーズ連作集)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

相変わらず可愛いです

「狐の魂呼い」シリーズの2冊目ですが、今回は前回のメインだった棕櫚の可愛い弟の白栲と烏天狗の黒羽のお話がメインになっています。
同人誌で発表された作品やそれを描き直したもの、雑誌で発表された作品が混ざっていて、中にはとても短いものもあるのですが、どれも心温まる可愛い作品でした。
日常の一コマみたいなお話がいいんですよね。特に白栲の可愛さ炸裂!という感じでした。
黒羽も徐々に自分の気持ちを伝えるようになってきていて、こちらも慣れないぎこちなさが可愛いです。
棕櫚と柚々も落ち着いた夫婦(笑)になってきてる感じですが、相変わらずの甘々です。
ふわふわ、ほっこり癒されたい時にはお薦めです。

2

2巻でも可愛さぶっちぎりです

1巻ではメインが柚々と棕櫚のカップルだったけど、2巻ではシロタエと黒羽がメインで、二人の仲も進展しています。2巻でも、柚々とシロタエの可愛さは健在です。

特にシロタエが、黒羽に甘えるようになったり、柚々に嫉妬したり、料理を頑張ったり。いろいろな表情や様子が見れて、黒羽との仲が深まったんだなとキュンとなりました。
黒羽も少しずつ、素直になってきているし。

そんな二人が会話しようと頑張った『言ノ葉』のお話が一番好きです。話せないシロタエに、文字を教えようとする黒羽。なかなか覚えれないシロタエに、黒羽は怒って部屋を出ていきます。
くろはという字を棕櫚に教えてもらって、一生懸命練習するシロタエに、黒羽と一緒になってキュンとなりました。
棕櫚が教えた4人の名前のつながりには、凄いと感動しました。
黒羽が字に頼らなくても、通じ合おうと思ったことが嬉しかったです。

最初から最後まで可愛いとキュンが詰まった1冊です。これで終わりなのが残念です。

3

ショタってだけじゃない!

こちらは前作のある作品ですが、前のを読んでいなくても十分に楽しめる作品
だと思っています。前作では狐の棕櫚×人間の柚々の駆け落ちカップルのお話でしたが、
今回は鴉の黒羽×棕櫚の弟白桍がメインとなってます(兄カップルも出てきます)
素直じゃなく意地っ張りの黒羽と言葉をしゃべることの出来ない白桍はなかなか
思いが通じ合わないのですが、黒羽の優しさが最終的に白桍を包みこんでいて読んでいて
とってもほっこりするお話になっていると思います。

棕櫚の弟、ということでショタっ気は前作よりかなり上がっていると思います。でも、
ショタというよりストーリーの優しさや可愛らしさがこの作品のイイところだと思います。
読み進めれば読み進めるほどラブ度が上がっていき、こちらまで幸せいっぱいにしてくれる
作品です!ショタが好きなら絶対に買うべき作品だと思います。
個人的にこの中で一番好きなのは『言ノ葉』です。がんばって文字を覚えようとする健気さに
胸が打たれました。

2

私はコレでショタにハマりました。

なんでこんなに評価低いんだー!と思ったのではじめてレビュー投稿します。
ショタは苦手だった私がものの見事にハマりました。前作は棕櫚と柚柚のお話がメインでしたが、本作は狐天狗と人間の混血児、白拷(しろたえ)ちゃんがメインです。
かわいすぎるだろ、白拷は…。もうこのかわゆさは殺人的です。しかし、ただかわゆいだけではなく、分かり合いたいのに分かり合えないというある種、普遍的なもどかしさをテーマにした「言ノ葉」や、愛する人を想う「カヘルトコロ」にはうっかり涙してしまいました。
耳やしっぽつけた子が出てくるBL漫画多しといえど、こちらはただ可愛いだけに終始しない強い説得力を持っています。続きが読みたい!

2

ショッタショタ

前作がとても面白かったので期待していたのですが、2巻は前回半ばから出て来た黒羽と白栲中心のお話です。
お話はほんわかかわいいのですが、白栲が幼すぎる!
めちゃくちゃショタです。

作品の言ノ葉には感動!
白栲が文字を覚える為にまずは名前をどう書くかを棕櫚が教えて上げるですが、これ、考えて名前作ったんですかね!?すごい!
カメイさん、こういう言葉遊び的なのもお上手なのですね。
早く新作が読みたいところです。

前作に引き続き、ほんわかかわいいお話です。どうぞ、お手にとってみてくださいね!

2

愛すべき日常

ファンタジーの中にも日常はあって、
そして喜怒哀楽もある。
狐と人間、天狗と狐。絡み合う二つの
恋模様は揺れながら穏やかな日常を
織り成している。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ