優しいだけじゃ足りなくて

yasashii dakeja tarinakute

優しいだけじゃ足りなくて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283633

あらすじ

幾多の試練を越え、担任教師・若狭朋也とシークレットラブを続けるお人好しの高校生・木場 駆に、その日がやってきた!!高校を卒業し制服を脱いだ駆を若狭が深夜のドライブに連れ出した!?

表題作優しいだけじゃ足りなくて

表はいい人、裏はエロ教師・若狭
お人好し高校生・駆

その他の収録作品

  • FLASH
  • 妄想架空劇場
  • あとがき&おまけ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

俺様攻でも…愛が感じられるから微笑ましいシリーズでした!

シリーズ第3巻。完結編!

駆も卒業目前となり、一応大学進学は決まっているものの、自分の将来や、卒業後の若狭との関係も不安を抱くといった感じでした。

相変わらず女子生徒には大人気で、受験ノイローゼの生徒の殺傷事件を止めに入り怪我を負ったりすることで不安感が増すばかりの駆。
そこに、後輩の鮎川が再び絡んできて波乱状態でした。
でも鮎川の横恋慕のお陰で、周囲の目なんかお構いなしな、駆に関しては必死になる若狭。
そんな、他の生徒の前で本性を出す若狭先生のシーンは美味しかったです。

若狭の父親も登場して、駆のお陰で弟のことも吹っ切れていく若狭。
本来の若狭らしさを取り戻し、ちょっぴり、からかわれてしまった感の父の姿は可哀想でもありました(笑)

駆も、若狭とこれからも一緒に過ごして行くためにも、自分の進路を思いっきり転向して、強くなろうと頑張ってる姿が健気で良かったです!
結局、最後は、若狭の本気の方が何枚も上手で、嬉しいんだけどちょっぴり複雑で、意地っ張りな駆が、らしくて可愛かったです。

若狭は、ただの俺様で意地悪なセクハラ教師でなかった所が好感。
駆の続き為に、酔った席でしたけど、両親を説得して、一発お見舞いをもらいながらも、駆との幸せを勝ち取ってきた所は、優しくもあり、最後はカッコいい攻様でした。
俺様タイプでも、愛が感じられる攻様は好物です。

最終巻なので、やっと最後に結ばれる2人。
折角の逢瀬のシーンだったんですけど、どちらかといえば、キスシーンやスキンシップの方がエロスを感じてしまい、萌は少なかったです。

短編『FLASH』
本編では当て馬役だった鮎川が主役のお話。
小学校で警備員をする護とハルとの出会い編です。
護の過去のトラウマも見え隠れで、詳しい続きは『護さんの憂鬱』に続きます。

そして、今回も小説版…題して『妄想架空激情』 が収録されてます。
痴漢電車に姫と妄想炸裂状態でした(笑)

もちろん四コマも付いてます。
実は、毎回一番楽しみだったかも(笑)
若狭×駆のその後バージョン!
とっても楽しめました。

3巻を通じて、徐々に良くなっていく作品でした。
先生×生徒もの、俺様攻×健気受好きさんには楽しめるシリーズかと思います。

0

意地悪だけど、最後の最後にはカッコよかったです。

シリーズ3作目、完結編です。

恋人になった若狭(攻め)と駆(受け)。
だが二人は担任教諭と生徒の仲で、もちろん秘密の関係。
そんな中、若狭が生徒をかばって刺される事件が起きてしまった。
咄嗟に駆け寄りたかったが、普段駆には意地悪な若狭が、その時は「教師の顔」をしていて、不謹慎だけど自分だけが特別じゃないって思ってしまった。
不安がる駆に若狭が「俺を独り占めできるのはお前だけだ。こうしていると気が休まる」とギュッと抱きしめてくれた。


ついに完結しました、このシリーズ。
二人の初エッチは温泉旅行に行ったお風呂場でした。
何だか長い道のりの二人でした。
相変わらする事がおっとこまえな若狭。
(酔っている)駆の父親に「息子さんをお嫁に下さい」って言ったり、一緒に暮らすよう根回ししたり。
駆が高校を卒業するまで手を出さなかった若狭だが、若狭のキャラ的には学校で駆にエッチな意地悪をして欲しかったかな…。


『FLASH』
駆にフラれてしまった恭悟(攻め)とシェパードを連れた私立小学校の警備員、護(受け)のお話です。
護も可愛かったがシェパードのハルもカ続きッコ可愛かった。
まだ恋人にはなっていない二人ですが、お話はスピンオフの『護さんの憂鬱』に続きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ