甘く淫らな愛の香り

甘く淫らな愛の香り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044486082

あらすじ

世界的に有名なガラスデザイナーのジョルジョは、自分を愛人にと狙う義兄から逃れるため日本で暮らしている。
そんなジョルジョの前に、若手調香師・麻生剣次が現れる。
仕事の依頼だけのはずが、突然「どうしても貴方が欲しくなった」と一目惚れ宣言をされてしまうジョルジョ。
その日から強引な麻生に公私ともに求められ、愛を囁かれる日々を過ごすのだが、麻生が義兄の部下だと知って…?貴方の全てが俺を発情させた―野心家年下攻×天才デザイナーのドラマティック・ラブ。

表題作甘く淫らな愛の香り

麻生剣次/調香師/19才
ジョルジョ/有名なガラスデザイナー/26才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハーレクインBL

『甘く危険な恋の香り』のスピンオフです。私はそちらは未読。未読でもストーリーを把握するのにまったく問題なかったです。

BLドリームというかハーレクインなお話でした。水上ルイさんらしいといえばらしい。
年下のワンコ系攻めだったのは水上さんにしては珍しいかな。調香師を目指してます。未成年の童貞という設定だったので期待したんですが、いざエッチがはじまると、言葉巧みなテクニシャンに。なんでやねん!童貞設定意味ねぇよ!と思いましたw
受けはたおやかな美人の外国人。才能ありまくりのガラス彫刻家。
ちょくちょく無理を感じる展開があるのですが、目をつぶりつつ読みました。
ルーカの父親の小物悪役な退場っぷりは、あまりにもひどくて苦笑…いくらなんでも簡単すぎるw
あとルーカがいまいち可愛くなかったな。マセガキ発言をしまくる五歳なんだけど、やりすぎで不自然でした。白々しくなってる。このへん、さじ加減次第では可愛くて萌えただろうに。

調香の話やらガラス彫刻の話、美味しそうな料理、キラキラしたドリーム満点のお話なので、そういうのが好きなら楽しめるんじゃないかなと思います。
私は、もうちょいリアリティがほしい続きッス。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ