剣と水の舞い 少年花嫁

ken to mizu no mai

剣と水の舞い 少年花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784062558242

あらすじ

忍は、所属する応援団の夏期合宿が迫っていた。
百日百夜の清めの最中で、参加を諦めていたのだが、香司のバックアップで出席できるようになり大喜び!が、目的の宿で出迎えたのは、旅館を買収した香司と御剣家の使用人たち。
さらにはクラスメイトの五十嵐、桜田門、優樹も乱入し、早くもトラブルの予感が。
同じ頃、忍の生玉を狙う妖しい気配が動き出す―鏡野家を追われた継彦が、返す手で目論む作戦とは。

表題作剣と水の舞い 少年花嫁

高校生・陰陽師の香道・御剣流の後継者・御剣香司
妖怪が見える高校生・松浦忍

評価・レビューする

レビュー投稿数2

河童はフツーに胡瓜が好きー

シリーズ4作目。
ちるちるさんの「エロ度」は「---」ですが、
そこはぼっちゃん、やることはやってます。

前作で謀反に失敗し一族を追放された継彦が、
「三種の神器」を得るため、いろいろ画策してきます。

このシリーズ、基本的にコミカルなタッチなのですが、
ラスト近くでは泣けてしまいました。
ネタバレになるので詳しく書けませんが、
一つは河童の爺さんのこと。
もう一つは香司と忍のラストシーン。
巻末のシーンは今までどの巻もあまあまで幻想的なんですが、
意地悪をいったり、意地を張ったりしない素直な二人が
心を通わせあう様子はじーんとしてしまいます。

ストーリー半ばで忍がやらかしたおかげで、
たいへんなことが起こりますが、
この巻で解決はせず、次巻に続きます。

1

愛されてるねぇ~

シリーズ4作目です。
忍の高校生活最後の夏休み。
クラブの合宿で訪れた寸又峡温泉が舞台になっています。
今回は、香司も、綾人も、妖たちも、龍神も大活躍します。
忍は・・・忍なりに頑張ってます。
前巻で姿をくらました鏡野継彦が三種の神器を狙い、魔の手を伸ばしてくるのですが、香司と綾人が協力して忍を守ろうとします。
特に綾人の活躍が素晴らしく、今回はカッコイイ男になってます。^-^
忍の親友の3人も加わり、みんなから守られて忍は幸せ者です。
龍神の過去も少し明らかになって、忍を奪おうと思っているにもかかわらず、やっぱりなんか哀愁を感じさせる姿に惹かれます。
3巻では影を潜めていた様々な妖ですが、今回はたくさん登場して楽しい。
ファンタジーって、色々やれることがあるから面白いなーと思いました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ