花嫁は開発室長

hanayome wa kaihatsushitsuchou

花嫁は開発室長
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784576051505

あらすじ

高城玲司は、大学時代の後輩、常磐薫の傲慢ぶりが大嫌い。ところが、高城がエンジニアとして勤める会社と、常磐が社長を務める大手メーカーとが共同で開発を行うこととなり、高城はそのプロジェクト室長を任される。常磐の強引な経営手腕を目の当たりにしてますます反撥を感じる高城だが、そんな折、妹の砂奈が常磐と結婚することに。しかし結婚式当日の朝、砂奈は忽然と姿を消していた。無理やり花嫁の代役にされ、挙式するハメになった高城は、その夜、妻として服従しろと常磐に激しく犯されてしまう! さらには、夫に従わない妻を躾けるための折檻部屋『鳥籠』に閉じ込められ、凌辱され・・・。独占欲と男の意地がぶつかりあうハード・エロティック・ラブ!! 書き下ろしでは、嫉妬に狂った常磐が高城の身体を自らの所有の証で淫靡に彩る・・・!

表題作花嫁は開発室長

常盤薫・社長
高城怜司・エンジニア

その他の収録作品

  • 蜂蜜と鳥籠
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

何が何だかw

攻めと受けは大学の後輩と先輩。攻めは25才にして大企業社長、受けは27才で攻めの会社の傘下的な企業の社員。
受けには容姿が瓜二つの妹がいて、その妹と攻めが結婚することに。
しかし妹は結婚式直前に失踪してしまい、受けが替わりを務める・・
というストーリー。

なんというか、攻めが危ないヤツすぎる・・
紳士と思わせて鬼畜、はよくあるパターンですが、
紳士と思わせて鬼畜、というか男尊女卑のDV男、と思いきやSM的な変態、と思うとデレデレに・・言葉責めも体育会系だったり陶酔系だったり、わけがわかりませんw
真面目に読んでいて、吹き出しそうになりました。
そんな攻めに付き合っていられる受けはいい人というかお人好しというか。

お話のテイストもコミカルなんだかハードなんだかわからない。

そして受けに昔から執着していたはずの攻めが受けの妹と結婚するまでの経緯、妹の失踪の理由、などの謎は残ったまま。
ちなみに攻めは受けの妹のことを本当に愛していると発言しています。

続編が出ているようなのでそちらで色々明かされるのでしょうが・・ちょっとあまりにも消化不良すぎます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ