真夜中の部屋で

mayonaka no heya de

真夜中の部屋で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344806320

あらすじ

かつては祖父の秘書で、ずっと好きだった竹中と恋人同士となった久貴。
週末ごとに竹中と幸せな時間を過ごしていたが、久貴は一抹の不安を抱えていた。
竹中に対する想いは日々強くなっていくのに、彼は以前と変わらない冷めた態度で、久貴に接するのだ。
彼との想いの温度差に悩むある日、友人の翔太郎から、「恋愛は駆け引きだ」と助言される。
竹中の本心を知るため久貴は、竹中と距離をおこうとするが…。
『週末の部屋で』シリーズ第2弾。

表題作真夜中の部屋で

竹中一博 建築士・サウスクリエイト社長
安達久貴 インテリア関係専門学校生(23歳)

その他の収録作品

  • 秘密の部屋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

『部屋』シリーズ2作目。

う~ん、やっぱりキャラクターがどちらも好みじゃないんですよ。

竹中(攻)は、少しはマシになったかなとはいえ相変わらず考えが読めずにわかりづらいし、久貴(受)はぐるぐるうじうじで、そういうのが苦手要素じゃない私でもちょっと鬱陶しい。ことあるごとに親友・信を頼るのもあまりにも甘え過ぎだと思えました。

今回、久貴がモテモテです。それもあんまりいい方向じゃなく。

竹中の甥・翔太朗に迫られるのは翔太朗が登場した時からなんとなく見えてたのでまあいいと言えばいいんですが、正直『・・・またかよ』という気にはなりました。

そして、前巻でも出てきたセクハラ助教授・大野に竹中との仲を盾にとって脅されて、結果的に襲われるんですが・・・
この大野は、また絵に描いたようなわかりやすい悪役でしたね。

それに絡んで、久貴の父親へのカミングアウト。
久貴の叔父・雅人(『鍵』シリーズの攻)の前例があるので、竹中は『雅人はよくて久貴はダメというのは通らない』と自分たちのことも認められるだろうという見解を示していますが、私はそれは違うんじゃないかなと思いましたね。

いえ、たとえ続き言いたいことが山ほどあっても、BLのカミングアウトにいちいち深く突っ込む気はないんですが、少なくともこのケースでは『30過ぎた弟(雅人)と、成人したとはいえ学生の息子(久貴)』では、久貴の父から見ればまったく別だと思ったんですよ。
これは『認める・認めない』そのものではなく、久貴と雅人は同列には語れないんじゃ?ってだけのことです。

まあ、カミングアウトもさら~っとクリアし、作中通して竹中の気持ちも(相変わらず外には出にくいけど)少しずつ露わになって来ています。

1

キスマーク描写って萌えません?笑

どっからレビューしていいのやらってことでとりあえず目の前にあったこの作品を…

さて、『週末の部屋』シリーズの第2弾だそうですが、1作目は読んでません!!すみません…そして続きも出てるみたいですがそちらも読んでません…

時間と機会があれば読んでみます

Leeさんのイラスト性のせいかはわかりませんが一貫して静かにストーリーが進んでいきます。

攻めの竹中さんが敬語使いだからでしょうか?

とても透明感のあるストーリーです。

あらすじは書いてありますので割愛しますが、こういう恋人同士になってからのお話は事件が起こってもちゃんと乗り越えてくれるので安心して読めて気持ちがほっこりします。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ