足りない時間

tarinai jikan

足りない時間
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×213
  • 萌31
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
181
評価数
52件
平均
3.5 / 5
神率
13.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283695

あらすじ

高校時代、陽介と谷川は夢中になってセックスをしていた。今、2人はあの頃気付きもしなかった恋の意味を言葉にできるのか…!? 待望の初★コミックス!! 描き下ろし充実★

(出版社より)

表題作足りない時間

谷川
洋介

同時収録作品遠距離恋愛

羽沢徹、検事
瀬尾、警察官僚

同時収録作品右か左か

黒田奎吾、旅館の息子で美大生
北見瑛二、コーヒー店店主

同時収録作品複雑で簡単

門脇
西野

同時収録作品感情サイン

渋谷
三上

その他の収録作品

  • STAY

評価・レビューする

レビュー投稿数17

才能あふれるデビュー作

日高ショーコ先生の初コミックス。私はリブレ出版の『リスタート』を先に読んでからの購入だったので、私にとっての2冊目の日高作品です。

・『感情サイン』
 この話が一番好きでした。学年NO1の渋谷とNO2の三上。飄々とした渋谷が三上を翻弄しているようですが、より必死なのは渋谷のほうに見えるんだな。「俺のこと好きだよね?」なんて何度も聞いたり、忘れた携帯をわざわざ届けにきたり、2週間も放置して泣かせようとしたり、谷川先生(次の話の攻め)にも「ガキだな」って言われてたしね。勉強だって、三上に負けないように本当は結構な努力をしてるだろうなって想像出来ちゃう。三上は渋谷が好きだからすぐに流されて、しかもやたらと色っぽい!だけど「好き」って言わないの。ほんと頑なで可愛い。これでは渋谷も執着してしまうはずだよね。(コミックス『シグナル』で二人のその後が読めます)

・『足りない時間』
高校教師の谷川と高校時代の同級生の洋介。高校時代、セックスに夢中だった彼らは、いつのまにか洋介が離れて行って、訳も聞かないまま別れたけれど・・・。二人とも言葉足らずだったんだよね。「聞いてくれない」「見てく続きれない」「考えてくれない」「踏み込んでこない」と洋介は究極の察してちゃんだし、谷川は去るもの追わずで考えることさえしない、面倒ごとは回避するタイプ。大人になった彼らが、今度はギリギリのところで本音を言いあえてよかった。

・『複雑で簡単』
異動でやってきた上司は、遊び半分で出かけたゲイの街で、言い寄られていたところを助けてくれた人だった。
初めてのHがオフィスでなんて、ちょっとAVチックですわ(笑)

・『右か左か』
ロン毛、大好きなんですが、お話が短すぎて奎吾の映二への愛情や執着の深さが理解できなかったので、不完全燃焼でした。もう1話ぐらいあったら良かったかも。

・『遠距離恋愛』
エリート同士の恋。いいです~!黒髪メガネの受け。楽しいっ!お堅いエリート同士ってリアルに考えても前途多難で、もう少し読んでみたいけど、日高先生の作風では長編にはなりそうもない設定だなって思いました。

・『STAY』
高校時代の谷川と洋介。来るもの拒まずの谷川は手だれだったね。男に「ずっとキレイだと思ってたよ」だなんて!なんちゅー高校生だ!そして現在、あまあまの二人が見れます!

これがデビューって本当にすごい。すでに日高ショーコの世界があります!

1

それぞれの恋愛の形

「シグナル」に載ってる言葉より強くの前編が読みたくて買いました。
時系列は、感情サイン→言葉より強くなんですね。
言葉より強くは攻め目線でしたが、感情サインは受け目線。
攻めに振回されてるのをわかってるのに何処か惹かれて
いつの間にか落ちてる・・・高校生らしく甘酸っぱい青春らしい恋ですね。

短編集なのですが、他の作品も大人な恋愛って感じで良いですね。
エロシーンもあるけど、上手く言えないですが、
日高さんの漫画は雰囲気を楽しむ感じですかね。
何よりも絵が綺麗なのでそれだけでも読んでて癒されます。

0

初コミックスだとは思えない

日高ショーコさんの初コミックス。
これで初……
わたしは消化不良になることが多いので、短編集は苦手です。
が、さすが日高さん!
初コミックスだろうがなんだろうが、しっかり読ませてくださいました。

『感情サイン』
高校生カップルのお話。
勉強頑張ってる三上(受)ですが、渋谷(攻)にかなわない。
イライラしたりツンしたり、三上はかなり等身大で、いかにも学生の青さがあります。
そんな三上を手のひらで転がすような渋谷が最高!

『足りない時間』
こちらは渋谷達の通う高校の教師、谷川のお話です。
谷川、『感情サイン』でもなかなかだらしない感じでしたが、わたしは好き!
谷川を洋介(受)がやっと捕まえたね!という感じで、洋介が可愛かったー。

他に、『複雑で簡単』『右か左か』『遠距離恋愛』『STAY』が同時収録されています。
個人的にはずれはないですが、若干『右か左か』は攻めキャラが苦手でしょうか。

この短編集の中では『感情サイン』が青くてひじょうに好きです。
こちらは他のコミックスで続きが読めるので嬉しい限り。
日高さんは最近あまり高校生カップルがな続きいので、もっと読みたいなあ。

2

トキメキの一言!

日高先生の初コミックス!
5カップル登場する短篇集。

初コミックス!しかも短編とは思えない、しっかりした内容の濃いストーリー性と画力。
このクオリティの高さには驚かされます。
スゴイ‼

古めの作品にも関わらず、最初から綺麗な絵だったんだなあと。
決して、派手な絵柄ではなく…どちらかといえば地味な印象の方が強い中でも、
キャラ達の激しい思いは、妙に色気を感じさせる表情からありありと伝わってきます。
特に、眼力!
この色気のある目に、いつもゾクゾクと、萌させられて好きなんです♡
普通にいそうな、普通の日常場面を低温な雰囲気の中、淡々と描かれていくんですけど、必ずグイッと引き寄せられる、印象深いシーンがあるんです。
そのギャップに、いつも堪らなくハマってしまうんです。
見せ場を作るのが上手いなあと思います‼

今回の短編集は、年齢層も職種も様々で、色んな萌え要素が楽しめました。
統一しているところは、どのカップルも欠点の多いキャラばかりのなので、なかなかスンナリとはいかない、どこか青臭さを残したままの、透明感あふれる青春ラブストーリーでした。

「感続き情サイン」
成績1位の渋谷 × 成績2位の三上の同級生&秀才同士の恋模様。
2人の青々とした純粋さに胸がキュンとさせられます。
すれ違いながらも、引き寄せられる2人のあやうい関係が良かったです。
このお話の続きは、コミック『シグナル』で読めます!

「足りない時間」
「感情サイン」で存在感を発揮していた、だらしない教師の谷川 × ゲイの元同級生&元デザイナーの洋介の再会もの。
この2人は、本当に焦れったい!
ずっと好き同士なのに、お互い素直じゃないんです(笑)
でも、洋介への気持ちを、素直に言葉にして伝えてからの、谷川のストレート過ぎる言動の数々…
それに対して、嬉しいけれど照れまくる洋介の恋模様は、いい大人の男同士にも関わらずトキメキまくりで好きでした。

「複雑で簡単」
会社の上司&ゲイの西野 × 部下の門脇。
普段は、メガネ姿で厳格な上司西野の秘密を知ってしまった門脇。
この西野のギャップには萌えました。
深夜の社内で…のシチュエーションは違う意味でトキメキます(笑)

「右か左」
絵の才能がある大学生の黒田 × コーヒー屋の瑛二の幼馴染もの。
瑛二の影響で、絵を描き始めた黒田と、黒田の絵の才能を感じて、好きだった絵を辞めた瑛二。
2人の微妙な関係に心の揺さぶられました。
お話は良かったんですけど、攻様がロン毛だったのが少し苦手でした。

「遠距離恋愛」
検事の羽沢 × 管理官の瀬尾の大人の恋模様。
このお話は、自分の中で、1番インパクトのある好きなお話でした。
普段はメガネをかけ、オールバック姿の隙を感じさせない瀬尾が、Hになると、色っぽく乱れるところとか(笑)
蛋白そうで、意外と恋にのめり込んでいる、羽沢の可愛らしさが堪らなくトキメキました。
遠距離になるかもと不安になって、車の中での性急なシーンに萌て…そのあとの瀬尾のプロポーズみたいなセリフには、堪らなく萌でした♡

「STAY」
「足りない時間」の2人の高校時代のお話。

短編とは思えない、読み応えのある、しっかり地に足のついた、魅力あふれる作品ばかりでした。
何度でも読み返したくなる味のある短編集です!
ぜひぜひオススメしたいです。

3

青い雰囲気を感じる作品

こちらが日高先生初読みの作品でした。

日高先生の作品は今でこそ大好きなんですが、
初めて読んだ時の感想は「内容は悪くはない」「絵はかなりストライク」という印象でした。
そしてこれからどんな作品を書いて行かれるかによって追いかけるかどうかが決まりそうだなーと、
ぼんやりとした手ごたえを感じた記憶があります。

今の作品からデビューコミックスを振り返ると、初期作品はどことなく青臭い雰囲気が感じられて、
それが今の二大連載作家さんにまでなるんだからすごいー!などと感慨深く感じました。

こちらの作品はやはりというべきか、設定にもちょっとアレな所があったりするのですが、
大好きになってから振り返ると全然価値観が違ってくるから不思議です。
今はこの作品は青い日高先生を愛でることが出来る本として大切に保存しています♪

2

オールバックの黒髪美はこの頃から健在

愛して止まない日高ショーコさんの、初コミックス!
初版は2005年との事で、もう8年近くも前になるんですね。
と言う事は勿論画風も多少なりとも違っている訳で、線は今と大差はない気がしますが、顔の輪郭が割と丸みを帯びている気がします。
この後のコミックスではそこまで現在の画風との違いが歴然な物は無かったと思うので、本当に初期の頃のこちらだけが少し違う雰囲気に思えます。
表情の描き方も少し違いますね。

大差はないと言えど、今の日高さんの魅力にどっぷり浸かってしまっているからか、正直この頃の表情に色気や艶等の魅力が感じ取れない自分が居て残念。
小さな違いが大きな落差を生むなんて……あぁ。

さてさて、こちらは短編を1冊にまとめた仕上がりとなっています。
・成績優秀だが頑張っても大抵№2の三上と、飄々としていながら№1を取っちゃう渋谷の、高校生同士の体と気持ちのバランスを描いた『感情ライン』
・何にも考えずに波風立たせずにやり過ごしてきた高校教師の谷川と、学生時代の同級生で体の関係を持っていた洋介の、今だから感じ取れる気持ちのお話『足りない時間』
・2丁目で絡まれた門続き脇を助けた男は、実は上司として赴任してきた西野だったという何ともやりきれない上下関係『複雑で簡単』
・親の跡を継ぎ、小さなコーヒー屋を経営している瑛二と、自由で奔放な幼馴染の美大生・奎吾。体の関係が有りつつ気持ちが彷徨うお話『右か左か』
・近い職場なのに滅多に会えなくてジリジリ。検事の羽沢と警察官僚・瀬尾のお話『遠距離恋愛』
が収録されています。
巻末には、『足りない時間』の描き下ろし『STAY』も。

読み切りで頁数が限られているとはいえ、やはりお話の進め方は上手だなぁとしみじみ。
(勿論物足りなさの方が勝るのですが)

又、『遠距離恋愛』の瀬尾。
黒髪のオールバックで眼鏡着用なのですが……う、うわぁぁ!と叫びたくなる程私のツボでした〃
致した後の、少し乱れた髪に色気を感じるのです。
日高さんと言えば現在連載中の『憂鬱な朝』がありますが、そこに出て来る美家令・桂木に通ずるものを感じました……はぁ。

少し絵柄の違いはあれど、構図やタッチは流石に日高さん!という感じ。
初期の日高さんを楽しめると思う1冊です。

2

デビュー作からしていい!

何故に昔これを読まずにスルーしてしまったのか、、本当に悔やまれます。この表紙、見覚えあるのに!(涙)

このあとに続く作品よりかは見劣りはするけど、これが初めての単行本とは信じがたいです。キャラ設定がありきたりなものではなく話の作りもしっかりしてるし、絵もこの頃から充分綺麗。また見せ方が上手いからひきこまれます。

『感情サイン』が一番好き!これがデビュー作とは恐れ入ります。
この渋谷と三上、個人的に日高作品で好きなCPベスト3に入りますね!負けたくない気持ちがどう間違えたのか恋心になってきたり、ちょっとしたことろで傷ついてしまうあたりなんて、なんって可愛いんだ!!って思ってしまいます。表面上はクールでいても気持ちをもて余しぎみなのが、なんとも高校生らしくていいです。渋谷の策略的なやり方も好きなのですよ。渋谷じゃなければ三上を御せないですよね、頑張れ渋谷。

次に『右か左か』が好きです。受けの周りに流されて自分の気持ちがわからなくなってしまう気持ち、凄く解ります。攻めも強引でいて可愛いんだよね。言葉では素直に言えないけど、本当は一途で純情。そんな二人の再スタートが切れるか続きどうかの瀬戸際の、素敵な一話でした。

表題作もなかなか。谷川みたいな人ってリアルにいますよね。うまく説明できないけど、要は女の敵(笑) よくわからないまま三角関係の中心にいて、あんたはどっちが好きなの!?って言われてそうなタイプ。 こういう人を2作目にして主役にするとは、さすがです。洋介が格好よく且つ可愛い誘い受けで、彼がこんなにも谷川のことを思ってくれているので彼自身救われてるなーって思っちゃう。いや、当人には全く悪気はないんだけど。そこがまた面白いところ。洋介目線の『STAY』が非常によくて、これからも幸せでいてくれるんだろうなと思える心暖まるものでした。

日高さんはストーリーにしろキャラにしろ、非常にリアルな部分とこんなに美形だらけなんてありえない!というファンタジーさのバランスが本当に上手い方なんだなと改めて思いました。だから日高さん作品は、やめられません。

1

黒髪の受け、萌え~♪

「嵐のあと」→「シグナル」から遡って、辿り着いた日高さんのデビュー作。
この頃から絵はきれい、エピソードの作り方とかストーリーも上手いのに感心。
日常的な些細な断面をちゃんと切ないドラマに仕立てているし、時々力の抜ける感じもいい。

読み切りの短編が6編。
表題作は教師と元同級生、他、高校の同級生(こんなせんせーでいいのかっ?!)、
上司と部下、画家で旅館の息子と喫茶店の店主、検事と警察官僚…

どれも大好きとのめり込みはしないのですが、
人間の曖昧さや心の揺らぎや葛藤が、泥臭くないリアリティで描かれていて素敵です。
個人的には表題作の書き下ろし後日談(回想シーンあり)の「STAY」が一番好き。

5組のカップルのうち、なんと4組が黒髪受け!
日高さんの描く黒髪受けはいいな~、可愛いな〜、というのが、最大の感想です。
(そして、桂木や蓉ちゃんへと続くのダ♡)

3

日高さんの初コミック

なのに現在既刊の日高作品(同人含まず)の中で一番最後に読みました。

日高さんは私の中で神認定させて頂いてますが(勝手に)
そんな日高さんにもこういう時期が…て思いました。
いや、これが初コミックて十分凄いって分かってます!
でも「日高作品」という枠の中ではやはり絵・話ともに拙さが見てとれます。
というか、見えて嬉しいとでも言えばいいのかな(知らんがな)
当たり前だけど神にもこんな頃があった、て分かって嬉しい。。

作品より日高さんを語ってしまいました(汗)

日高さんの(あ、また)描く黒髪ツンデレはたまらなく可愛い!
目合わさないくせに合わせた時の勝ち気な、なのに潤んだ瞳。
誘ってるってそれー、そりゃ攻めも攻めるわっ!
それから黒髪の乱れ具合に色気を感じる。
悩んで下を向けば目にかかり、抱かれりゃ頬にかかり…わぁわぁっ(興奮)

表題作より高校生の二人の話のが好みです。
渋谷、余裕ぶってるけど実はないよね。
だから多少強引でも手に入れたい。
『俺は最初から三上の事好きだけど?』
いつもチャラけてるのに、マジな目でこんな事言われたら…
この続きシーン好きです。

日高作品としたらアレだけど
BL全体でみたら満足な一冊でした。
ただ一点気になる事が。
高校生の話の二人と表題作の二人キャラかぶってる気が…。
書き下ろし、最初高校生の二人かと思いました。
でも私だけかもしれません(汗)

でも本当に、日高さん好き(告白)

2

もう少し先も見てみたい気が…。

日高さんの初コミックス。
どの作品も雰囲気があってスゴク素敵でした。

どのお話もどこか、何考えてんだかわかんない相手に振り回されたり焦れたいというようなお話で。
恋愛とちゃんと向き合うまでの感じが描かれていて。
相手の気持ちがはっきり見えないまま身体の関係持ってたり。
それゆえに気持ちがはっきりしてる方はせつなくなったり。

短いお話ばかりだったので続きが気になるものもあったり。
「右か左か」で、会いに行ったらどんな反応示してくれるんだろう、とか。
「複雑で簡単」で、タクシーで西野の家に行ったらどうなるんだろう、とか。
ラブラブえちーになるだけなのかもしれないけど、もう少し先まで読みたかったな、と思ったり。
いや、ここで余韻を残して引くところが魅せ方がうまいってことなんだろうと思ってみたり。

表題作の「足りない時間」がやっぱ一番好きかもしれません。
「STAY」の雰囲気とかスゴク好き。
洋介みたいな子がたぶん好きなんだと思います。

2

黒髪受けの率が高くて、萌えた・・・(^-^)

ていうか、やっと手に入れました「足りない時間」・・・。
ていうか本当に初コミックですか?って思いましたよー!!
[感情サイン]
渋谷×三上の高校生CPです。
三上は渋谷の事が好きと認めたくないけどHに持ち込まれたら流されちゃうという、なんとも可愛い三上くんでした。ホント可愛いです。
[足りない時間]
渋谷と三上の担任の先生、谷川の話です。なにげに10年愛。これまた黒髪受けです。もう・・・黒髪大好きです。洋介の髪型やべぇ・・・
教師の谷川×デザイナーの洋介です。ていうか私は谷川みたいな優柔不断な奴は、あんまり好きじゃないなぁ・・・。
[複雑で簡単]
部下・門脇×上司・西野です。部下×上司だ~ヽ(^o^)丿ワーイ
これは、誘い受けですねぇ・・・ノンケ×ゲイです。でもなんだかんだで、結局流されてるじゃん(笑)
[右か左か]
黒田奎吾×北見瑛二の幼なじみものです。
奎吾はツンデレさんで瑛二は、あんまり自分の意見を言わないしで、奎吾がグルグルしていました。最後は奎吾が留学でスペインに行く事になるのですが、瑛士がスペインに行くのか?行かないのか?という話で、続きが読みたい続きです。ていうか、めっちゃ気になる・・・
[遠距離恋愛]
検事・羽沢×警察管理官(と思います・・・)・瀬尾の刑事ものです。
しかし、今まで数々のBLを読んできましたが、初めて知り合いと同じ名前のキャラが出てきて、なんか微妙でした(笑)
よかったんですよ。リーマンもの好きだし。黒髪受けだし(笑)でも名前が(笑)と思いました。

2

これが初コミとは驚きの一冊!

これが日高ショーコさんの初コミック。


短編5編に描き下ろし1編。


高校生もの。
教師もの。(なんやかんやで10年愛)
幼なじみ。
公務員もの。
(検事×警察キャリア)

短編ばかりですが、どれもちゃんと読ませる内容になってます。


デビュー当時から絵柄が良く(あくまで私の好みってだけですがw)、ストーリーにも物足りなさのない方だったのだなぁと思いました。


私はやはりこの方の連載ものが好きなのですが、短編も満足いくものでした。

1

初コミとは思えない

商業初コミなのにすでに日高ショーコさんの漫画が出来上がっているというか、何から何までうまいですね。

表題は再会モノです。高校時代体の関係をもっていた谷川と洋介。数年後、教師になった谷川のもとに卒業してから一度も会っていなかった洋介が現れて…

谷川は優柔不断というか、自分への好意に敏感で無意識に相手に流されちゃうタイプなんですよね。
再会してから高校時代のように再び関係を持つようになった二人。

なぜか洋介は再び現れたのか?なぜ体の関係を嫌がらないのか?なぜまた洋介を夢中になって抱くのか?

谷川は本当、自分の気持ちには鈍感だなと…おかげで洋介は今も昔もやきもきさせられております。
盛り上げ方がいいなぁ。

短編5偏。どれもハズレなし。(感情サインの渋谷&三上は後のシグナルに続編あり)

淡々としているようで、感情の動きがすごい伝わってくるし、エロも色っぽい。(背中舐めるとかさw

そしてやはり日高さんの描く男が好き!

1

日高先生やっぱり好きn[g

絵&キャラが
見事にツボで
ホント好きだぁ~(^O^)

短編集なんですが
一番のお気に入りは
やっぱ表題作とその描き下ろしのSTAYかなぁ~
谷川×洋介
洋介の誘い受けが堪らない…o(><)o色っぽいっ
描き下ろしが洋介視点で
谷川に愛されていて
洋介と一緒に
幸せな気持ちになりました(照)
社会人らしい落ち着いた萌を堪能n[g

高校生の若さ萌を堪能した「感情サイン」も好き
谷川の勤務している学校の生徒の話し
渋谷×三上
俺様渋谷に三上ツンデレ具合が堪らない(涎がッ)

※この続編が
「シグナル」に収録されてます(^O^)/

さらなる続編(大学→社会人)が読みたくなりました~

あと~「遠距離恋愛」も 大人の色気が
ムンムンで良かったなn[g

後……
あれも良かったし~
(-_-)…
結論
日高先生
初コミとは思えないぐらい面白かったので是非読んでみて下さいn[g

0

ほんと素敵な絵

日高ショーコさんの絵、ほんと好き。表紙にしばらく見とれてから、ページを開きました。
短編がいくつか入ってます。

『感情サイン』
高校生同士。
なかなか素直になれない受がめっちゃカワイイです。
『足りない時間』
再会モノです。
オトナになってやっと素直になれた先生がカワイイ。
『複雑で簡単』
上司と部下。
不器用な上司のツンデレっぷりがカワイイ。
『右か左か』
喫茶店のマスターと絵描き。
結末、どっちに転んでも二人の腐れ縁は続くんだろうな。
『遠距離恋愛』
検事と警察官僚。
この短編が一番好きでしたねー。この職業設定ってあんまりないけど萌えるわァ、と思った。
クールメガネ受が超カワイイ。
『STAY』
「足りない時間」の続きを受視点から描いたもの。
ノロケの入った悩みが微笑ましいですw

粒揃いの良短編集でした。

2

同時収録作品が神

表題作の谷川×洋介も可愛いんだけど、
谷川の生徒・渋谷と三上のお話「感情サイン」が神!
「シグナル」同時収録の「言葉より強く」は、この「感情サイン」の続編にあたります。
三上は日高先生の作品の中でも絶品のツンデレであります。
渋谷も捻くれてるし、上手くいかないようで以外に上手くいっている二人。
高校生ゆえの青さがたならない。
何よりもツンデレ三上の、Hのときの乱れる姿が好きなのだ。

3

あれ?攻守ってこれであってたっけ?名前覚えるの苦手orz

高校時代に夢中で抱いたあいつと再会して~な話。
で、久々にあって、身体を重ねて、好きだったんだと解ると・・・遅っ!

受の子かわいいです。
攻側の先生はヌケサクみたいですな(通じる?方言?)
自覚が無いからたちが悪い。片付け出来ない~みたいな。歩くところから散らかっていく。そして受側がせっせと掃除みたいな。
受クン好きです。ま、基本的に受の子が好きなだけなんだけど。
想いが通じてよかったねヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ


他たんぺんいくつか。
面白い作品ばかりでした。
作風好きなかたならぜひ読んでみては?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ