願い叶えたまえ 2

願い叶えたまえ 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
70
評価数
14件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283701

あらすじ

若く美しい暴力団幹部の深見は、敵対する有島に攫われ薬を打たれ凌辱されてしまう。それを目撃した絹川は……!? ピアニスト×ヤクザ 怒濤のトゥルーラブストーリー。描き下ろしあり。

表題作願い叶えたまえ 2

売れないピアニスト・絹川祐介
暴力団幹部・深見

その他の収録作品

  • 僕の大切な

評価・レビューする

レビュー投稿数6

怒涛のトゥルーラブロマンス第二弾

2巻は暴力団幹部・深見が敵対する有島に拉致されたところから始まります。
絹川は深見の部下・工藤に連絡を取り、直ぐに有島宅に行くのですが、
その時には薬を打たれ陵辱されたあとでした。

深見はその後不安定になり、有島を殺しに行くと騒いて絹川にも暴力をふるってしまいます、
しかし絹川が寝ているあいだに、彼の顔の腫れている部分にアイスノンを当ててあげるなど、
情があるような面を見せます。
深見がピアノを弾いている絹川にキスをしたのは、
彼の心の中にある何かが自然とそうさせたような印象でした。
なんとなく深見は一見乱暴ものですが、
何十にも包んだ心の防波堤の中身は情にもろく純真な人間が隠れているような気がします。
絹川が少しずつその防波堤の中に入っていく様子に、
絹川を応援したくなるような、そんな気持ちになります。

深見は絹川の気持ちに気づいていますが、それをどう受け止めて良いか彼は知りません。
抱くか抱かれるか、彼の中にはその表現しかない。
けれど絹川はそれだけじゃないことを優しく教えます。
絹川は自分が深見の家に来る理由は深見が好きというだけじゃない、
続き
自分の下手くそなピアノを聞いてくれる唯一の人だからここに来ているんだ、と。
それを聞いて、深見は気持が落ち着きます。

しかし彼は有島に対するどうしようもない感情が爆発し、有島宅に向かいます。
というところで次巻に続く!です。
2巻も濃厚でしたが、やっぱり西田さんらしい笑えるところありました。
少しずつ、深見の心の中に絹川が入っていく感じが読み取れて良かったです。

2

続きは絶対読むべし!

大嫌いなホモのオヤジにヤクをうたれケツを掘られて
狂気と理性との間でのたうち回る深見が痛い。

二人で過ごす穏やかな時間に一時の安らぎを得るようになる1巻
ヤクザ同士の抗争にトラウマにと泥沼ヘビーな2巻
ストーリーが急展開して息つく暇もない3巻

3巻まで読まないと絶対損しますぜ~。姉貴。
ストーリーに引き込まれるので全巻一気に買うことをおすすめします。

2

物語の強さ

拉致・レイプ、薬物の禁断症状と、ハードなシーンが続く第2巻。
深見が苦しむのは、薬物の禁断症状のせいだけでなく、祐介のピアノの音によって、人間らしい感受性に目覚めつつあるからでは?

とにかく、物語そのものに力があるので、絵だとか画面構成だとか、そんな技術的なことは、すべてを凌駕して、作品世界にぐんぐん引き込まれます。
この二人の関係がどうなるのかを、作者さん自身が物語りたいことをしっかり持って描かれているのだと思います。
「読ませる作品」の根源は、やはりお話の強さ、物語りたいことの力にあるのだと思うのです。

2

第二巻。
ヤクザさん拉致~なお話ですな。
こんな見た目で、監獄で・・・ゴニョゴニョとか。
見た目よくないオヤジに犯されたり。
頭では完全なる拒否をしていても身体は・・なありがちな展開ではあるものの、キャラクターがキャラクターなだけに、すごいインパクトでしたw

二人の関係が少しずつまた変化していく様子。
これがまた面白い。
慣れてきたようで、実は慣れていない。
ふれそうで触れないというか・・・・。
この微妙な描写がなんとも言えない気持ちにさせていただきました。
なにより、キャラクターがみんな必死に生きてる。
そんな気持ちになる作品。

クールにハードボイルドに。
・・そのくせ、「ちんぽのデカさなんたら~」なアホなねたを押し込めてくるところはさすがだと思いました(´д`)

■僕の大切な
強盗に入ってきた男がやたらに好みだったため。
うまいこと言いくるめてヤってしまおう。なお話w
結局のところ、これはうまくいかなかったものの、
ピュアで犬な強盗さん~な最後は思わずホッコリしてしまいました。
擦れてた心がちょっと丸くなりますなw

1

深見の苦悩は深く、より祐介のピアノが必要になるのです。

今回もピアニストの祐介はそれなりに必死にヤクザの深見を守ろうとします。
彼の弾くへたくそなピアノそれが唯一、深見の救いで気持ちを落ち着かせるものなのですが、それは祐介への愛情に変わっていっている気がするのですよ。

有島にさらわれ、強姦され、薬を打たれた深見。
祐介と部下の工藤の助けによって救出されるのですが、深見は薬の依存症で苦しむ。
それを祐介が健気に、そして勇気を持って深見に対していくところが真摯で一途なのです。
自分をバケモノかもしれないという深見を暖かく包み込む祐介には慈愛を感じます。
キレて怪獣になりそうな時も「人を殺しちゃいけない」という祐介の言葉を守る深見。
薬だけではなく、その苦しみは有島に抱かれたことで性の苦悩も抱えてしまったようなのです。
この次、最終巻で劇的な展開と続いていきます。
深見はどうするのか?祐介の気持ちは報われる時が来るのか?

シリアスな内容なのに、西田さん特有の愉快な絵や、背中のモンモンでさえかわいらしく、時に息を抜くように作られているストーリーが飽きさません。

4

痛くてヤバイ

かなり痛いシーンが連続して起きる第二巻。痛さも切なさも倍増です。
容赦なさすぎ。

ピアニストの恋したヤクザは、敵対組織のキモクソジジイに拉致され、クスリを打たれて強姦される。
ピアニストくんは身をていして彼を救い出すんですが、クスリの後遺症でボロボロ。
彼が立ち直るために必死でピアノを弾く。それしかできないからだ。

何度か、『このヤクザ、ピアニストくんのことが好きなんじゃないかな…』と思うシーンはあるんですが、その『好き』が、まるで慈愛に満ちた母を求める子供の『好き』と大差ないようでもあり。ピアニストくんもそれを自覚している。
なんかもう、因果な相手に惚れたなァと、ピアニストくんが可哀想で切なくて仕方ないんですが、それ以上に大きな子供みたいなヤクザが可哀想で。

んで、最終巻へ続く。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ