灼熱のまなざしに射抜かれて

灼熱のまなざしに射抜かれて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623022

表題作灼熱のまなざしに射抜かれて

宮殿警備セキュリティー担当・鷹塔
アラブ某国の国主・ユサファ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アラブの美人受け

今回は第4弾『灼熱の闇に魅せられて』で登場した美貌の猊下・ユサファの登場です。
私は志岐(第1弾の受け)をさらって国へ連れ帰ったりしたから、ユサファは攻めなんだと思っていたら…違いました。
やっぱり美しいオトコは、受け決定!
美しいだけじゃなく、育った環境のせいでちょっと天然で(そこがちょっと可愛かったり)、でも、ワガママで周りを振り回しているだけじゃなく、努力して自分を磨いているんです。
魅力ある人間だから、周りも言うことを聞いちゃうのね~と、納得。

そして、好きになった鷹塔に
「お前は私のしもべだ」
と言っちゃって、言われた鷹塔は密かに傷ついてます。
きっと「何でしもべ?」と思ったんでしょう。日本語の“しもべ”は、いい意味では使いませんから。
でも、ユサファの言う『しもべ』は、一代にただひとり、絶対の信頼を寄せた者だけに与える称号だったんです。
その意味を知らなくても、そばにいると決めた鷹塔。
意味を知ったら喜ぶんだろうなぁ。

ユサファに振り回されていたように見える鷹塔ですが、本当のところリードしていたのは鷹塔かな?
きっとこの先も、ワガママを許し続きながらも手綱を取って(でもそうは見せない)いくのは鷹塔なんでしょう。

オトナなカップルは、落ち着いて読めるから好きです。
ジリジリとした駆け引きも楽しめますからね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ