シンデレラちからいっぱい

シンデレラちからいっぱい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥563(税抜)  ¥608(税込)
ISBN
9784592861751

あらすじ

野球部一の俊足の持ち主で、まるで「風車の弥七」のようにオイシイ性格の鷹取佑介。彼が初恋の後家さんの面影を見出したのは、存在感の薄い彦野康仁だった。そして鷹取は彼女と別れ、彦野にアタックしていくのだが…?
ふたりの出会いを描いた『さよなら僕のシンデレラ』をはじめとする、鷹取と彦野の紆余曲折な恋物語を5作の短編で描いた連作集、ここに登場!

表題作シンデレラちからいっぱい

鷹取佑介 高校生
彦野康仁 高校生

その他の収録作品

  • さよなら僕のシンデレラ
  • 木洩れ陽の欠ける日
  • 硝子の靴は失くしても
  • シンデレラ、ちからいっぱい
  • シンデレラはご機嫌ななめ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

うう…乙女だったな…

連作短編集です。
鹿住さんがJUNEに投稿してたころの作品らしく、設定等かなり古いです。挿絵も古いし。
でも、古さは私は大丈夫。
大丈夫じゃなかったのは、後半になるにつれてどんどん乙女な展開になっていくこと。受けくんの性格がかなりのツンデレなんですが、乙女ーーー。
乙女受けが苦手な私には、かなりつらい展開でした。
基本的に鹿住さんの小説は、読みやすいから好きなんですが、たまにこういうものすごく乙女な受けがでてきて、しょーもない焼きもちを焼くもんで、それだけが苦手だなぁ。

ただ、前半は面白かったです。
前半はずっと攻めの視点なんですが、この攻めのアホアホな性格が可愛かった。
一途に受けを追いかけて、拒絶されて、それでも諦めない前向きさが好感でした。
後半も攻めの視点なら良かったなぁ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ