GIトライアングル

gi triangle

GIトライアングル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
42
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
45.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403521218

あらすじ

ラクシュミ―その漆黒の強く美しいサラブレッドに惚れ込んだ若手ジョッキー清見は、馬主である星生にラクシュミに乗せてほしいと直訴した。
すると星生は「勝てばよし、負けたら私の意のままになるなら」と、とんでもない騎乗の条件を持ちかけてきた。
クールな男から出されたその提案を、勢いで受けて立った清見だったが…!?レースでの勝利と自らのカラダを賭けて、乗るか乗られるか、恋のじゃじゃ馬馴らし。

表題作GIトライアングル

ネットトレーダーの個人馬主・星生慧
若手ジョッキー・菅清見(20歳)

その他の収録作品

  • YOU WIN!
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ラクシュミー!!!

お散歩できる距離に中山競馬場があり、年に数回、有馬記念には欠かさず足を運んでいます。そのためスポーツBLとしてご紹介いただいたこの作品はとても面白かったです。BLとしての萌え半分、主人公の清見が乗ることになるラクシュミ(競走馬)への萌え半分…かなぁ。

清見とラクシュミ、そしてラクシュミの馬主である星生との出会いや、清見の幼なじみである厩務員の亮太との切磋琢磨の日々、星生との駆け引きを経て、クライマックスを飾る菊花賞のレースへ――。菊花賞といえば秋のGⅠ、つい先日終わったなぁと思いつつドキドキしながら読みました。レースのシーン、そして終盤のラクシュミの様子や清見との触れ合いに涙が出ました。うう…馬って健気だなぁ。

父親の事故に対するトラウマに真正面から立ち向かって乗り越える清見がとても頼もしかったです。20歳という若い騎手なのでこれからが楽しみですね。

ちなみにタイトルの「トライアングル」は清見と星生と…ラクシュミまたは亮太の関係を指しているのだと思いますが、あまり三角関係の描写は多くなかったです。

1

久しぶりのいつきさん

なぜかこの本、飛ばしてたんですヨネ・・・なんでだろ?

あらすじを読んで、コンテニュー?みたいなコメディチックな話かな?と思ったんだケド、そうでもナカッタです。

いつきさんの作品の中では、やっぱり他を読んでからだったせいか、も少し書きこんで欲しいかなーと思う部分がないでもない。
心理描写もだけど、お母さんの疑惑はダイジョウブだったのかなとか、亮太との関係とか。
Hシーンも正直もの足りない。

でも馬や競馬のことがスゴク細かく書かれていて臨場感もあって、やっぱりオモシロい!
これはこれでヨカッタです♪
個人的には、攻めキャラも当て馬もあんまり好きになれなかったのが残念。
でも受けは好きだった!
鼻っ柱が強くてまっすぐで熱い、ぴょんぴょん!て跳んでるみたいな(笑)
ラクシュミとの絡みや、後編の牧童との会話なんか、ホント好きです。
ちょっといつきさんの本、いくつか読みかえしてみたくなったなー。

1

おもしろかったんですが

お話も設定もよかったんですが、当て馬がうざかった。勘弁してください。

0

これぞ、人馬(主)一体!

いつき朔夜さんの作品に対しての皆さんのレビューに触発されて読んでみました^^

いや~、面白かったです^^v

自分自身はギャンブルとしての競馬に興味はないのですが、馬と騎手が一体になって走るということに対しては興味がありまして… 父親が競馬好きということもあり、子供の頃は週末になるとJRAの場外馬券売り場へ一緒について行き自宅で競馬中継を観戦、大人になってからは大井競馬場のナイトレースを見に行ったり、東京(府中)競馬場のメモリアルスタンド(抽選に当たった)から観戦したりと、お馬さんと多少の縁があるせいかすんなりと読むことが出来ました。

今まで騎手と馬、せいぜいがとこ厩務員さんにしか目が行ったことがなかったので、馬主さんという存在に思いが至らず、新鮮でした。

人間パドックの場面で、星生が清見の肌の上に手をかざすところには、ハラハラして萌えました!
ラクシュミもいい味出してますね~。

ディアプラスHPで、GIトライアングルのSSが載っていて、こちらは星生目線で書かれているので、合わせて読むと一層ニヤつけます≧v≦

1

競馬興味ないのに、萌えた…

面白かったです。
既刊されてるいつき朔夜作品では、『午前五時のシンデレラ』に次いで、好きな作品となりました。

いつき朔夜さんがスゴイなーと思うのは、舞台の幅広さです。
競馬とかパチンコ業界とか、BLではあまり使われない世界を舞台にして、しかも初心者にも興味深く分かりやすくその業界について伝えてくれるのだ。
パチンコにも競馬にもまったく興味のない私なんですが、この作品と『午前五時~』はめちゃくちゃ好き。

野心に萌える若き騎手が受けで、主人公です。
ラクシュミという名競走馬と、その持ち主(攻め)に出会い、彼の運命が変わってゆきます。
競馬の世界で優勝を重ね、階段をかけ上がっていく主人公の姿がかっこよかった。
ラクシュミという馬に、私も惚れてしまいました。

で、いちばんの萌えどころは、俺様攻めの嫉妬深さとかヘタレとかツンデレっぷりでした。
きゅんきゅんしたり、ニヤケさせられたり、最高でした。

1

恋のじゃじゃ馬馴らし!

若手ジョッキー清見が惚れこんだ漆黒のサラブレッド「ラクシュミ」。
馬主である星生に、『ラクシュミに乗せてくれ』と直訴した清見は、
星生にとんでもない騎乗条件を突きつけられました。それは……

『勝てばよし、負けたら私の意のままになるなら』

ラクシュミに乗りたいばかりに、清見は自分のカラダを賭けた
星生の勝負を受けて立つことに!!

元気で短期な「暴れ馬」な清見と、
大人の余裕を見せつつも、どこかトボけた星生。
全く違う個性を持つ二人なのに、
「一か八かの勝負が好き」なところが似ています。

賭けから始まった二人の関係は、少しずつ変化して行き、
気持の変化に戸惑い、意地を張って擦れ違ったり。
勝負師の二人が繰り広げる、スリリングな恋の行方にドキドキです。

清見と星生の恋に絡めて、競走馬やレースの様子も描かれていますが。
この部分もとても面白く、読み応えがありました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ