晴れてボクたちは

harete bokutachi wa

我们的幸福宣言

晴れてボクたちは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×24
  • 萌16
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
120
評価数
32件
平均
3.8 / 5
神率
34.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050179

あらすじ

●ちひろが好きなんだよ、めちゃくちゃ好きだ!昔からずーっと好きだ!!恋してるんだ●
ひとつ屋根の下一緒に暮らすことになった幼馴染み・蒲生圭吾からの突然の告白。男と男でどないせえっちゅうねん・・・戸惑うちひろと中堅気質・圭吾の前途多難、青春恋物語開幕!

表題作晴れてボクたちは

圭吾→従順なゴールデンレトリーバー
ちひろ→電車で痴漢に合うほどの生まれついての受け?

評価・レビューする

レビュー投稿数13

萌え萌えです

攻めの圭吾くんやさしげな男前でとっても一途な感じが素敵です。受けのちひろはちょっとツンデレちっくな可愛い系。王道ですねぇ~にまにま。


昔の同級生で圭吾は途中海外に引っ越してしまうのですが、ちひろが忘れられず日本に戻ってきてちひろの家に居候することに。でもちひろには好きな女の子が。しかしその女の子、実は・・・。というお話がまず前半。いや、まさかの展開ですよ。でもそんな時でも圭吾はとっても紳士なんですよねー。圭吾からのメールを見て涙を流すちひろにきゅんとしちゃいました。

そしてなんと後半ではちひろが女の子に告白されてしまい・・・というお話なのですが、これは圭吾がかわいそすぎてもう切ないー;;ちひろデリカシーないよぉ><。気持ちはわかるけど・・・でもこれが物語を盛り上げてくれるんですよね。終始胸が苦しくなりながら読んでました。でも最後はハッピーエンドで良かったです。

0

私のお気に入り漫画

とある人のサイトでべた褒めされていたので買いましたが、私のお気に入り漫画がまた一つ増えました^^
可愛らしい顔の受けが関西弁で、中身むちゃくちゃ男前なのがイイ!w
攻めはヘタレで、強引に口を奪ったりしないところが(?)、繊細でステキです。
うわーこのシチュエーションいい!って萌えまくるシーンがたっくさんちりばめられていました♪
冒頭のエロめの伏線(なんだそりゃw)がラストの感動シーンのきっかけになっているとこも、うまい!と思います。
私はBL漫画の絵柄は、どちらかというと少年漫画チックなさらっとしたさわやかな感じが好きなのですが(ベルバラ系やあまり女の子っぽすぎるのは……)、この作品の絵柄は、あと一歩で乙女顔になる直前のキュートな関西弁受けが絶妙でイイです^^

って、続編あるのね!
『ドキドキレンアイ』ってのがありました!
買うぞ!^^

1

もどかしい

小鉄子さんの作品を一度読んでみたいと思っていてやっと手に取った作品でした。
初々しい2人がなんとももどかしい。

圭吾がストレートに告白するも、ちひろは受け止められず。
ぐるぐる考えた挙句、なかったことにしようなんて言ってしまうちひろに対し、「ちひろに告白したことを後悔していない。なかったことになんかできない。」という圭吾。泣き虫でいつもちひろのうしろに隠れていた圭吾だったのに、なんて男らしくなったの...(笑)

ちひろの片思いの相手・雪野さんと圭吾が付き合っている疑惑が。
個人的にこの雪野さん事情が、話の持って生き方として新鮮でした。
雪野さんも幸せになったみたいなので、ほっとしました。

そしてちひろは自分の気持ちを認め、「晴れて2人は」さいごに「2人の形」を見つけます。さらりとした終わり方でちょっとものたりない気もしましたが、続編があるようなのでそちらも読んでみたいと思います。

0

幼馴染からの

王道っちゃ王道ですな(o´Д`o)ゥホ
昔、苛められっこで泣き虫だった幼馴染が日本に帰ってくる。
今回、ひきこもりで大変だからって話だからどんなこんなかと思えばなんたる美少年!しかも自分よりデカっ!
あまつさえ、自分のことが好きだと告白されて・・・!?

幼馴染から2人は恋人になれるのか?
そんなすったもんだなお話。
昔はクラスで一番でかかったのにいまやチンチクリンw
しかも満員電車でおとこにチカンされるとか(笑
それで泣き寝入りしないのがいいところなのでありますが。
ある意味、女の子に片想いしてて、ヤンチャで
普通の高校生な受な印象がすごくよかった。
小鉄子さんらしいかわいらしい作品。

要所要所で使われる「どあほ」の表現。
最後のシーンはこれまた可愛くてよかったですね。
照れ隠しwww乙ww

0

高校生の2人

幼馴染なちひろクンと圭吾クンのお話。

電車で通学中に痴漢に遭遇してしまうくらい
かわいい系なちひろクンなんだけど
中身はかなり男っぽい。
そのギャップが余計にかわいく思えてしまう。

特に好きだったわけではない人に告白された場合、
普通に断るけど、でもその人が気になってしまって
ちょっと目で追ってしまったり
その人のことを考えてしまったり・・・
こういうことって現実にも良くあるコトだと思うけど
ちひろもそう。
どんどん意識していく様子がとってもリアル。

1冊丸ごとなのでタップリ楽しめました^^
 

0

かわいい~

ちひろがかわいい!!
関西弁で男らしいんだけど、電車で痴漢に(2回も)あうし(笑)
でも、ちょっとした仕草や表情がめっちゃかわいくて…
圭吾が惚れてしまうのもわかる!
ってか、私が関西人だから馴染みやすいのもあるけれど;

圭吾のちひろに対する気持ちがすごくわかって胸がキュウゥゥゥってなりました。
圭吾はかなりのヘタレワンコ系なのにちょっとしたときに男らしい部分が見えたり…
Hなことは全くないのですが(汗)、仕草がかわいいしキャラ自体が艶っぽかったりするので、それだけで満足です。

0

甘酸っぱ~~~い!

山本小鉄子さんをお友達にお勧めされていたので
何も知らずに「ドキドキレンアイ」を購入後
こっちが先だった、と気付いてあわてて購入したんですが。。。

久しぶりに、高校生の甘酸っぱい、そして可愛い恋愛模様を楽しめました^^

いじめられっ子で、いつもちひろの後ろに隠れていた圭吾が
数年後に、ちひろよりも体格も見た目も良くなって帰ってきて
あろうことかちひろが好きだ!と告白して。。。
と、再会モノで、しかも攻守(BL的な意味じゃなくw)逆転モノは
BLでは王道なんですが
この圭吾のヘタレっぷりがハンパなくて
ちひろを想う気持ちもハンパなくて、ニヤニヤキュンキュンしますw

そんな圭吾のわかりやすい気持ちに戸惑いつつ
ぐるぐるしちゃってるちひろも純粋で可愛いかった~!

そんな2人なので
結局ちゅーしかしてくれないんですが
それがまた初々しくて、充分満足させてもらいましたw
なにより2人の気持ちの動きが丁寧に描かれていたので
うまく気持ちをリンクさせることが出来たのかな?

この2人には、そのまま初々しいままいて欲しいな、と思いつつ
続編では進続き展もある?と期待もしちゃいますね。

評価は迷いましたが
久しぶりに清清しい読後感を味わわせてもらったってことで「神」評価にしました^^

2

菊乃

>ミドリさま

お勧めして下さったミドリさんに感謝ですよ!!

崎谷さんとのコラボ作品は読んでたんですよ~。
でも、あくまでも崎谷作品として読んだので
小鉄子さんオリジナル(?)は初でしたが。。。マジ抜けるわ、これww
キスだけでこんなに悶えられるなんて、素晴らしい!

絵のタッチも可愛いし
なんだか汚れてた自分が洗われるようでしたよw
まあ、BLには変わりないんですけどね^^;

ミドリ

菊乃さん、こんばんは!!
小鉄子さん読んでなかったとかビックリですよー><
読んでください、キュンキュンですから!!
キスだけで十分抜けるくらい萌えますから!!
このシリーズと「ほんと野獣」と崎谷先生とのコラボ作品がオススメです♪
キュンキュンしましたか?!おーーームフフ
続編も早く読んでくださいww一緒にキュンキュンムフムフしましょうww

晴れてボクたちはレビュー。

関西弁、ワンコ攻、幼馴染、そういう設定が好きな人にオススメ!

初っ端から主人公が電車で痴漢に遭います。小さいし、可愛いナリをしているので痴漢に遭うのも1度や2度の事ではない…っ!
この作家さんの受はとにかく異常に可愛いと評判ですが、なよなよしてなくてちゃんと男の子なんだけどナチュラルに可愛いってのがキャラの魅力だと思う。
確かにちまっちゃいけど、ちゃんと男の子していました。好きな女の子に対し、「痴漢される男ってどうなんやろ…」って複雑になったり、青春している男の子でした。

なんだか普通の少女漫画で、男主人公目線の話みたいな雰囲気から始まるこの作品。痴漢に遭って、クラスの気になっている女の子の反応に悩んだりしている主人公ですが、彼には幼馴染が居ます。
海外に引っ越していた幼馴染なんだけど、自分の家に越してきて…。
という幼馴染との同居ドタバタラブ話!しかもお約束というか幼馴染が長身でスラっとしたカッコ良い男に成長してるんですよ。ベタ!しかも受にメロメロ。守ってあげるとかワンコだけど王子様的で良かった。

キスまでのピュアな関係。ピュアピュア、ピュアホワイツ。
続きの表情がくるくる変わって可愛い。その上、攻がカッコ良い外見でワンコ系なので、読んでいてほのぼのします。可愛いお話とキャラに胸キュンキュン!

1

幼馴染スキーだけでなく、ワンコ攻め好きにも

高校生になってから再会して、同い年の幼馴染同士の恋です。
見た目は王子様攻めっぽくもあるのですが、発情系ヘタレワンコ攻め要素を感じました。

小さい頃は泣き虫でいじめられっ子だった圭吾がかっこよくなって帰ってきてと言う感じで、少女漫画ちっくなBLです。
見かけは立派?になっても、チヒロの前では泣き虫な所は変わらないままです。
そういう完璧じゃない所が、可愛げがあってたまらないです。

ちひろにくっつかれて反応しちゃって駆け込んだ駅の汚いトイレで、初めての告白。
そうそう綺麗にいかないのが、らしくてよかったです。

男が好きなんじゃなくて、ちひろだから好きという圭吾。
男に痴漢されたら即反撃で、ホモなんかありえないというちひろも、圭吾には嫌いと言って切り捨てない。
男気と情があって素直で単純で、ちひろも意外に泣き虫で。
受け攻めどちらも、よく泣いていた気がします。
感情表現の描写が巧みなので、より感情移入できます。

強姦も無理矢理なキスもそういうのがなんにもないのが、普通な二人には凄くよかったです。
弟のようなかばってあげなくてはならない存在だった圭吾続きが、ただ一人の大事な存在になるまでを、ゆっくりなペースでお互いの気持ちを追って進みます。
恋人になってからの続編で、『ドキドキレンアイ』もお勧めです。

2人の容姿が似ているので、どうしても某アイドル2人組の姿がちらつきます。
そんな邪な楽しみ方も、ちょっとありかもしれません。

「恋の罠」「晴れてボクたちは」同時発売記念の非売品小冊子
それぞれの番外編の話が1つづつ収録されています。
片方を読み終えると、反対向きにしてもう片方を読むという懐かしい形式です。
タイトルは『初めての夜』で、誰もいない家に二人っきりの話です。
おお、エロエロ系か!と期待するのですが、そう上手くはいきません(笑)
某ジブリの映画を一緒に見ていて、ロンゲでヘタレでヤサ男な所がそっくりと言われています。
漫画を読んだ時からそっち系と思っていただけに、確かにと納得です。
本編の要素ありで、たっぷりと楽しめる番外エピソードでした。

1

ドキドキ

主人公のちひろに完全にシンクロハートしました。
圭吾の言動に、ちひろと一緒になって心臓ドキドキいわされながら読みました。

キザな言葉やカッコいい行動なんてなく、ただ不器用で一直線な圭吾。その不器用さがただただメンコイ。で、かっこいい言動よりも、ずっとかっこいい。
ノンケなのに男に惹かれていく過程がちゃんと描かれてる漫画はいいっすねー。「強引にレイプされて」とか「キスされて」とかが始まりじゃないところも新鮮でしたw

あと、関西弁が自然なのも良かった。
たまにやたらとコテコテの関西弁が登場して、ネイティブ関西人としてゲンナリするときあるんやけどw、途中から作中人物が関西弁を喋ってるのを忘れてしまったほど自然やった。
関西が舞台である理由もきちんとあったからさらに良かった。(圭吾だけ標準語でイジメられてたっていう)

あ、あともう一つ!
ちひろが最初に好きだった女の子についてのエピソードも良かった。王道なら「圭吾に惚れて」となるだろうけど、一捻りされた展開にナルホドーと思いましたよ。

0

THE 少女漫画

小鉄子さんはやっぱりこーゆー少女漫画的な話がいいですね
安定感があるわ~

幼馴染モノなんですけど、攻めの圭吾は小さい頃から受けのちひろのことが大好きで、
好きで好きで思わず泣いちゃうくらい好きでたまらない。
ちひろは普通の男の子(ただししょっちゅう痴漢にあっている)なんで圭吾から告白されて戸惑ってしまう。
圭吾のことは好きやけど友達以上には見れない…
ちひろは圭吾も自分以外の女の子に目を向けてみればいいとグループデートをセッティングするんだけど、圭吾は傷つき泣いてしまう。
ここの圭吾が切なすぎて…!!
結局はちひろも圭吾の大切さに気付いてめでたしめでたし。
これだけでも十分よかったんですけど、続編「ドキドキレンアイ」が出てますよ~!

ほんとキュンキュン少女漫画のような恋です。
王道なんだけど、キャラが魅力的なんで!さすが小鉄子先生です

2

好きってどういうの?

幼馴染の高校生が、付き合い始めるまでを、一冊丸々使って丁寧に描かれた作品です。
出会っていきなりやっちゃうよ!って作品も多いんですけど、こういうじっくりゆっくり気持ちを育てていくっていう感覚もいいもんですね。

関西に住むちひろの家に、昔お向かいに住んでて、今はフランスに住んでいる幼馴染の圭吾が居候する事になった。
なんでもフランスで「日本に帰りたい」と引きこもってると聞いて、昔のちっちゃくてやせっぽちで泣き虫の圭吾を思い出していたちひろだったけど、実際の圭吾は背が高く、イケメンになってやってきた! 泣き虫だけは変わってなかったけど。
昔通りすぐ仲良くなった二人だけど、何だか圭吾の雰囲気がおかしい。
とうとうある日、ある事件をきっかけに「ずっとちひろが好きだった」と圭吾が告白してきた!
だけど同級生の雪野に片思い中のちひろは・・・
って所から始まります。

どこにでもいそうな、フツーの高校生・ちひろ。背が低く、しょっちゅう痴漢に遭っちゃうくらいかわいいのが悩みですけどね。
一方圭吾は見た目も頭も完璧。性格もやさしくて本当にいい子なんですけど、ちひろが好きという事だ続きけは何があっても譲れなくて、その事だけにはやたらにもろいところがかわいいです。
ちひろの片思いの相手の話や、ちひろに告白してきた子のことをきっかけにした圭吾とのあれこれで、少しづつでも確実に圭吾への気持ちが変化していくちひろをじっくり描いてあるので、無理なくさらりと読めます。

相変わらず絵はとても上手くて、とにかく表情がいいんですよね。
お話は日々の事が描いてあるので、ある意味変化が乏しいんだけど、嬉しい時の顔、悲しい時の顔、怒った顔など、かなり表情だけでぐっとつかむ場面が多かったです。
そして、唇と手が色っぽい。個人的にその辺が好みなので、ニヤニヤしてみてしまいました。
直接的な行為は、キスだけなんだけど、それでも「ああよかった」という読後感がありました。
人を好きになるという事はどういうことなんだろうね?とそのあいまいさをあいまいなまままるごと描いたような作品でした。

3

可愛い二人を応援したくなっちまう!

いっときは海外に引っ越していた幼馴染が、自分の家に越してきて、しかもスラリと長身でイケメンになっていた!というBLではよくある、よーくある設定。
そんなイケメン圭吾は、幼いころからずっとちひろのことを想い続けていて、帰国して早々に告白して相手を戸惑わせます。
この告白のセリフがもう、あまりにも直球!
こんなこと言われたら、ノンケの心も大いに揺さぶられることでしょう。
小鉄子さんにしては、エロス薄めかなと思いますが、初々しく甘酸っぱい青春ラブストーリーです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ