「俺のこと守ってくれる?」

恋と罠

koi to wana

爱与陷阱

恋と罠
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
59
評価数
19件
平均
3.2 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050186

あらすじ

高校生の持田真希は自分を守ってもらうため、力を持っている相手に罠をはってきた。自分の身体を相手に与えて・・・そんなある日、クラスメイトの相原に恋をするのだが!?

表題作恋と罠

サボリ常習犯の高校生・相原
元いじめられっ子の高校生・持田真希

その他の収録作品

  • 恋と蜜
  • 恋とムチ
  • LOVE BLOOD
  • 花咲けるボクたち
  • 相原家へ行こう

評価・レビューする

レビュー投稿数11

よかった

表題作よりも、山本先生のファンになるきっかけになった「満開ダーリン」の春彦×大志カップルの出会い編が読めてよかったです。ずっと、この2人は、どうやってくっついたのかなって思ってたし、胸の中のモヤモヤがスッキリ。山本先生の受キャラって可愛いですよね。攻もかっこいいし。「恋と罠」では、真紀が恋に慣れてないウブなところも萌えちゃいます。相原も、真紀のことをかんがえてくれてるところもキュンキュンしちゃいます。

1

安定の王道短編集

『恋と罠』『恋と蜜』『恋とムチ』
いじめられっ子だったマキは守ってもらう為に「セックス」という「手段」を使っていますが、里山に寄生する前にも誰かいたのかな??
マキがいじめられてたのは間違いなく可愛かったからだろ。
攻めの相原はなんか普通に爽やかイケメン。家はヤクザだけど。番外編の相原家へのお泊りの話は可愛かった。
このシリーズ全体的には可もなく不可もなくといった印象。

『LOVE BLOOD』
わー絵が古い(笑)
「父ちゃん」「母ちゃん」がいいキャラしてる。しかし息子の友達が来てる時ぐらい夜は大人しくしといてくださいよ。
悩める少年が道を拓くことができたっていういい感じのお話。

『花咲けるボクたち』
ここに収録されていたのか!!!
『満開ダーリン』は私が所有してる少ない小鉄子作品のなかで上位に入る好きな作品。
1巻読んでも前作がある雰囲気があったから、どこかで読めるだろうとは思っていたけれど。
やっぱ店長好きだわー。基本的に俺様攻めはあんまり好きじゃないのだけれど、店長はマジイケメン!!
ただ店長がなんで大志を好きになったのかとか、大志がいつの間に続き店長に心移ってたのとか謎ー。
『満開ダーリン』でそのあたり詳しかったかな?まだ1巻しか読んでないし覚えてないしでちょっと謎……

0

満開ダーリンの前段階が読める!

お話自体は3つ。

その中に、短めだけど“満開ダーリン”の前段階のお話が入っていて
俺様店長とヘタレ大志の出会いの部分が描かれている。

“満開ダーリン”同様これも面白かった!

どうやって知り合う事になったか、何で花屋で働く事になったか。
それから、どんな風に店長を好きになっていったか、などなど。
全部描かれているので、“満開ダーリン”を読んで
好きな人は絶対読むべき~^^

表題作のお話も、最初ちょっと腹黒ちっくな主人公が
好きな人のおかげで、どんどん性格が変わっていく様子や
好きな人の前とそうでない人の前では
恥ずかしさや気持ちが違うっていう・・・現実でも
そうで有る事が描かれているので「うんうん」と思いつつ読めます。

1

やっと購入しました

満開ダーリンの大志と藤森店長との出会いが載っているということで探していたのですが…やっと見つけて購入しました!

藤森店長は最初から変態なんですね(笑)
キャッチコピー『愛の狩人』って…かなりつぼりました(笑)

表題作「恋と罠」と、その続編「恋と密」、「恋とムチ」は相原(攻)の気持ちが最初はわかりにくくて…なんで?とか思ってたんですが、最後の方でやっと持田(受)のことが好きなんだなーってのがわかったので良かったです。

0

少女漫画的トキメキ

表題のシリーズが3話と2本の短編が収録されております。

「恋と罠」いじめられないよう体を使って罠をはっていた持田が、はぐれ者な相原と一緒にいるうちに変わっていくといったお話。タイトルやあらすじだけ見るともっと暗いのかと思っていたんですがそうでもなかったですね。
暗い真紀とヤクザの息子の相原という対称的な二人っていうカップリングが好きでした。

「花咲けるボクたち」は続編の満開ダーリンを先に読んでいたので、やっと読めて嬉しかったです!フリーターの大志は失恋して落ち込んでいた時に、花を差し出してくれた花屋の良に恋をする。
ある時電柱の影からこっそり花屋をのぞいていた大志は花屋の店長春彦に声をかけられ、なんやかんやで花屋で働けることに。
良に近づけて喜ぶ大志だが、店長にセクハラされる日々で…
店長さんがかっこいいったらないですね。俺様だけど大志に対しては不器用なとこもあって、そこがまたよいですね。
満開ダーリンでも素敵でした。

絵が綺麗で読みやすい。エロはサラッとした感じで、全体的に少女漫画のトキメキに近いかもです。
BL初心者の方でもすんなり読めちゃう感じですね。

1

藤森店長好きn[g

満開ダーリンの
藤森店長と大志の出会い編
「花咲けるボクたち」が載ってるという事で読みました。

先に満開ダーリンを読んだので
だいたいどういう出会いだったか
想像はついてたんですが
やっぱり読んでみて良かった↑↑
ますます店長が好きになりましたn[g


出会った時から
店長は大志にセクハラしまくりの
プッシュ×2で
キャッチコピーは
「愛の狩人」って
店長ホントーはいくつなの~と大爆笑\^o^/
この台詞を言った時の
店長のキメ顔に胸キュンn[g

大志の照れ顔も
可愛いくって犯罪だ~
店長じゃなくても押し倒したくなるって(笑)

ニブチンと言われていた
良さんのお蔭?で大志は
店長が好きと自覚して
晴れて恋人になった所でおしまい☆
その後のお話しは
「満開ダーリン」へ~

他に
短編集だったので

家が元ヤクザの高校生×自分を守ってもらう為に力のある人に身体をあたえてた高校生の話 「恋と罠」「恋と蜜」「恋とムチ」「相原家へ行こう」

最初の設定がダーク過ぎて
好きじ続きゃなかったけれど
受けが攻めを好きになってからの展開は
まあまあ良かったかな~


それから
不良に絡まれた所を助けてくれた見知らぬ男×人生に息詰まってプチ家出した高校生の話「LOVE BLOOD」

見知らぬ男の家に
行ったら両親が男×男っていう設定がウケた~(笑)
お話し的には可も不可もなくって感じかな~

まっ店長と大志の出会い編が
読めて幸せな一冊ということで♪


2

恋と罠レビュー。

スレた受。この作者さんにしては…ちょっと珍しい感じの話だった。いつもピュアで、キュンと切ない話と可愛い受が出てくる話が多かったので…。

でもこういう毒っ気も色っぽくてドキドキしました。
主人公は元イジメられっ子。イジメられない為に、権力のある人に罠を張る。自分の体を使って取り入っては、守ってもらう。
割り切った関係。心が無い関係。全ては自分を守る為。
若干病んで冷めている受です。今までの作品には居なかった雰囲気のキャラで吃驚しました。

主人公は根暗でイジメられっ子、だけど綺麗な顔をしているので多分過去の酷いイジメも好きな子程イジメたいってヤツかなーと思った。
それにしては上履きをズタボロに切り裂くのはキツイなぁ…。
ダークな雰囲気から始まって、エロスエロス。フェロモン系エロス。フェラが御得意。

ちょっと、受が冷め過ぎていて感情移入はし難いです。
でも、そんな冷めた受が恋をして…。あれだけ身を守る為にあーんな事やこーんな事をして慣れている方だと思うのに好きな相手にはピュアピュアでどうしようかと思った。
不器用って萌える。
とっつきにくい話だけど、根っこの続き部分はこの作者さんらしく可愛かったです。ちょっと病んだ受話が読みたい方は如何ですか?

1

そして、自分も恋の罠に

自分を守ってもらう代わりに、その場で力を持つ男に身体を差し出して生きてきた受け。
スレすぎた受けは好みじゃないので、賭けのような感じで思いきって購入しました。
思考が究極にねじ曲がっていただけで、好きな人に対しては純情でした。
いつも身体から入っていただけに恋愛の仕方がわからなくなっているという感じで、ぐるぐるしている姿は可愛かったです。
逆に、あらすじから、すれた受け目当てで購入した方には、期待外れかも。
私には、それがよかったです。

しかし、よくホモ的な好みを持つ男を上手く選べたものだなと、受け入れた相手側にも驚嘆します。
普通はホモ要素がわかると、逆にもっといじめられる可能性もあると思うので、真紀の選択眼の確かさがすごいのか、もしくは、よっぽど真紀が綺麗なのかも。

電車内でセクハラトークで絡んで存在を印象付けることから、相原は柄が悪い奴と思っていましたが、それは真紀の色んな顔を見る為であってという事で、性格の方は一応の納得が出来る感じです。
ただ、顔は綺麗と言っていましたが、相原が真紀のどこを好きになったのかと言うエピソードが不足していた気がしますね。彼続きには、謎が多いです。
従弟の楓くんの破天荒さに「ほんと野獣」の輝のような性格の片鱗を感じました。
お邪魔虫キャラなのに、爽やかで憎めない子でした。

LOVE BLOOD
身体からはじまって恋になる話があまり理解出来ないだけに、話が短いと余計にわからなかったです。
家出中の子と出会って早々ヤって、どうでもいい奴にはそんなことはしないと言われても、さわやかにまとめあげられてもどうも納得いかないままでした。

花咲けるボクたち
脱サラした花屋店長・藤森春彦(28)×村上大志(18)
顔はいいのに、ぶっ飛んだ性格をしたセクハラ店長が面白いです。
大志の尻をもんだり、胸をもんだり、手つきがいやらしいです。
わかりにくい優しさが手の早さでプラマイゼロになるというか。でも、そんな所が好きです。
この話は「満開ダーリン」の前のエピソードなので、そちらもチェックです。

相原家へ行こう
ヤクザの家だという相原の家へ行ってびくびくしていたはずなのに、布団を見るなり発情しちゃう真紀が可愛かったです。

「恋の罠」「晴れてボクたちは」同時発売記念の非売品小冊子
それぞれの番外編の話が1つづつ収録されています。
片方を読み終えると、反対向きにしてもう片方を読むという懐かしい形式です。
タイトルは『恋とチョコ』で、バレンタインのエピソードです。
甘いものが意外に好きな相原はチョコを嬉しそうに次々ともらって、用意していなかった真紀は悶々として……という話。
イベントだからと言って盛りあがりすぎない感じが二人らしかったです。

2

読者は置いて行かれます…

小鉄子さんにしてはかなり黒い話だと思った表題作シリーズ。
てゆうか、キャラが濃ゆいんですよーなんかみんなどこかがねじ曲がってる。
シリーズ3作あるんですけど、これははじめの1つで終わったほうがよかった気がする…
読むたびに好きじゃなくなっていきます。
キャラが濃ゆいくせに考えてることは全くわかんない。
男子校で実際にこんなことになってるとしたら、かなり怖いな。
受は可愛いけど、何しろ腹黒いとしか思えない。Hだし(笑)
攻はフツーにかっこいいです。でもほんと何で二人がお互いを好きになったのかがわからないんですよね。
なんで萌えられないー!!!
同時収録「LOVE BLOOD」にいたっては、二人の気持ちがまったくわからないままヤっちゃって、かなり置いて行かれたかんじです。
「花咲けるボクたち」はあの「満開ダーリン」の前作になるわけですが、この時点ではまだ萌えは少ないですね。
やっぱり「満開ダーリン」のほうが数倍面白いです。レベルアップして帰ってきてくれてうれしい…!!

1

作品ギャップが凄い

「恋と~」というタイトルのついたのと「相原家へ行こう」が表題作と同じシリーズで、あと2編他の作品が入ってます。
個人的には表題作の二人を、じっくり描いて欲しかったなってのはありますね。
どうもイマイチ半端な所で終わった感がありますので。

いじめられっ子で、理不尽な暴力から身を守るために、その時その時に自分を守ってくれそうな男に体を差し出すことで自分を守ってきた真紀は、サボり常習犯で、やくざの息子だという噂のある相原の隣の席になった。
ふとしたきっかけで話をするようになり、どんどん相原が気になって、惹かれていく真紀は、だんだん自分の今の状況が嫌になってくる。

いつも権力者に体差し出すとか、発想が凄いよね、男なのに。
でもって、きっちり権力者は気に入って守ってやってるのにちょびっと違和感は感じてしまいました。
まぁそれだけ真紀はかわいいのですが。
真紀が相原を気になりだすきっかけはわかったんだけど、相原が真紀を好きになるきっかけはイマイチわからない。
その辺りの消化不良さがあったせいか、その後に続く2編、特に相原を慕う従弟が出てきたお話には「???」って感じがしち続きゃったんですよね。
そして、真紀の性格というか考え方に、色々と共感できなくて入れなかったですね。
共感できないというか、好きになれないというか。この辺好みだと思いますが。

一番好きなのは花咲けるボクたちでした。
明るくコミカル、ぐるぐるする主人公がかわいい。
他の暗めな作品と比べて全然テンションが違うから、どうなっちゃったの!?って印象を受けるほどでした。
そういえば、どのお話も「結局なんで好きになった? やるまでになった?」ってのが、どうもこう自分の中に落ちてこない作品でしたね。
自分はどうもその最初が一番気になるようで、それが入ってこないと気分も入らないんだなと気づきました。

実は山本小鉄子さんは、表紙絵にピンとこない作家さんで、手に取ることがなかったんですが、一枚絵じゃなく、マンガとして動くキャラクターを描くと、物凄く上手な方だと今回思いました。
表情や、体の硬質な感じと、髪の毛の柔らかさの感じがなんとも色気があっていいんです。
唇や手もいいですね。だからキスシーンが凄くエロく感じます。具体的なシーンが少なくても満足度が高いのはそのせいかもしれないですね。
絵と動きに魅力があったんで、お話がイマイチ入ってこなくても楽しめたということで「萌え」にしました。

3

ウーン

微妙かなー。
他のレビュアーさんも書いてますが、攻のキャラ設定やら心情やらにかなり引っかかったので、楽しみきれなかった。
最初手を出さなかったのも、意味わかんなかった。反省させるためだとしたら、イヤなやつだ。
受のキャラは好きです。自分を守るために権力者にカラダを差し出すって、そういうしたたかさはキライじゃありません。そして、そういう人が、本気で好きな人ができたときに後悔してるところを読むのも大好きです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ