囚われた野性

囚われた野性
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784775506615

あらすじ

相馬二狼、通称・J。
どんなヤバイ仕事も金次第で引き受ける始末屋だ。
かつての依頼人・洋海も、いまは公私ともにJの最高のパートナーである。
昼も夜も濃厚なセックスライフを楽しむ中、久しぶりに仕事が入った。
依頼主は、洋海以外の男は範疇外の二狼でさえその気になるほどの美少年だ。
洋海に内緒で捜査に乗りだしたJは、美少年との恋人ごっこを楽しむが…!?

表題作囚われた野性

金次第の始末屋 相馬二狼・25歳
美貌のパートナー 利根川洋海・25歳

その他の収録作品

  • ミステイク・ワーク
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

女房に尻に敷かれてるヤンチャな旦那って感じのバカップル

【始末屋J】の続編です。
いや、続編だからってJと洋海がバカップルなのはわかってるんで、どっちかっていうと鬼畜野郎(煮ても焼いても食えないイヤな奴)の藤園と、その奴隷で狂犬の宮城の歪んだ関係の話が見たかったな~というのが本音。
といっても、その2人もちゃんと登場して鬼畜シーンがあるにはあるんですが・・・自分には不満。

今回もエロエロです~!
このバカップル年がら年中発情してますから(ゴチソウサマ)
昔の依頼で刑務所に入れられた男が、Jに復讐しようと拉致をして、それを洋海が藤園の力を借りて救出するお話。
小技がちょこちょこ入れられてはいますが、それでもタフの塊のようなJには甘いお話だったかなぁ。
結構女にだらしないんだよ、J。
洋海と毎日のようにエチしてるのに、どうも女をつまみ食いしてるみたいだし、で、洋海が怒るとエチになだれ込んでご機嫌とりという、まったくもってどうしようもない男。
だけど、Jには洋海だけだし、洋海にはJだけという、まったくもってラブラブバカップル。
これ以上いじりようないよね。。
見ものの場面は、Jを助けたくて以前の愛人でJの兄である藤園の続き元へ行った時に、嫌がらせで自慰をさせられるシーンと、冒頭にも書いた藤園の宮城へのエロの嫌がらせ。

そしてもう一編の【ミステイク・ワーク】では、ストーカー撃退依頼を受けたJが実はアテ馬になったという、Jカプよりアホアホなバカップルが誕生する話です。

この本の表紙、Jの首に鎖がついて、それを洋海が持ってますが、Jが拉致監禁された意味と、洋海に手綱を握られている両方の意味を表わしてるんですね。
内容としては、結構どうでもいい番外編みたいなお話でした。
せっかく2冊目だったんで、もうちょっとシリアスにいってほしかったなーというのが本当のところ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ