愛にふれさせてくれ

愛にふれさせてくれ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
64
評価数
18件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784812424186

あらすじ

ある事件が元で両目の視力を失った瀬尾裕也は、手術後、事故の後遺症に悩まされていた。
そんな裕也の姿を見た恋人で刑事の竜治は、同じ事件現場に居合わせながら、裕也を守れなかった事をひどく後悔していた。
学生の頃から凶暴で危険な破壊願望のある竜治は、裕也以外は何がどうなってもいいという程、裕也に執着している。
しかし、事件のことで刑事を辞めると言い出した竜治から裕也は距離を置いてしまう。
次第にすれ違ってゆく気持ちに苛立ち、竜治の中で再び暗く危険な感情が目覚めてゆく。
「裕也が離れていくとおかしくなる。
失わないで済むなら人殺しでも平気で出来る」そんな竜治の闇に目をつけたひとりのヤクザが、刑事である竜治に揺さぶりをかけてくるが…。

表題作愛にふれさせてくれ

久世竜治・刑事
瀬尾裕也・調律師

評価・レビューする

レビュー投稿数7

シリーズ2冊読んでのレビューです

シリーズものです。
「灼熱を呼べ」→「愛にふれさせてくれ」の2冊。
前に灼熱〜を読んで、今回愛に〜を読み終わったのですが、
この「愛にふれさせてくれ」を読んで、
やっとこのお話を読み終える事が出来たと思いました。
勿論1冊目の灼熱〜だけでも面白かったんですが、
あーなりました、こーなりました、
それで最後はこーなりまして2人はやっとスタートラインに立ちました、終わりって感じ。
スタートラインに立った所で終わりっというお話はいっぱいあるけど、
竜治は犯罪者と紙一重の執着ぶりなので
(まぁ、ここまでいかないと執着攻めファンは納得しないのかもしれないけど)、
正直な所、この人大丈夫かしら…感で終わってました。
(ま、大丈夫かしら感があっても、竜治の事は気になってしゃーないと、竜治の魅力には取り込まれてはいたんですけど。)
それでもって裕也の方も、
ここまでされてるのにすぐに取り込まれ過ぎというか、
勿論文章で裕也の心理は説明されていたけれども、
なんかしっくりこなくって、
おいおい、君も大丈夫かしら感がありました。
面白かったんだけど、なんか釈然としないと続きいうか…
そんな気持ちが残ってました。
なので、絶対続きを読みたかったんですよね。
話もキャラも好きなんだけど、
なんか納得出来てないというか、終われない感があって。

なので私は「愛にふれさせてくれ」は読んでて楽しかったです。
やっと納得出来たというか。
異常なまでの執着攻めの竜治に対しての裕也の葛藤とか、不安とか、自己嫌悪とか、好きだからこその覚悟とかが見れたし、
また、竜治の過去が少し読めた事で竜治を少し身近に感じられましたし、後その竜治が裕也に怯えなくなっていく様が読んでてなんか嬉しくて。
なので、裕也が笹来に捕まった時に、
脅されて笹来に屈しそうになる竜治に対して裕也が
「竜治、俺をあまり見くびるな」と言い、
「どうするよ、俺には何も出来ないよ」と、竜治が笹来に対して開き直る所、好きでした。
なんかここでやっとお互いがお互いに対して腹くくったって感じ。
相手を信じるも信じさせるのも自分に覚悟を決めたから踏み込めるって感じ。

その後も好きでした。
お互い相思相愛になった途端、急に空気甘々、開放感いっぱいで、受けが攻めの変貌ぶりに驚きながらも全身で喜びを受け止めちゃうっ♪ってのが多い気がするんですけど、
この2人は元元相思相愛でもあったので、そこまで急に甘々空気に変わりました感がないように感じまして。
それでもって最後の最後があんな感じなので…
関係ないですけど、最後のあのシチュエーション、
昔やってた「太陽にほえろ」シリーズを思い出しました。
死ぬ間際の刑事がボスだったり誰かに電話する感じ。
解っちゃいるけど、ちょっと〜竜治〜、カッコ良すぎるわー。
夜光花さんが「竜治死んでませんよ」とおっしゃってると、どこかで既に聞いてたので、ドキドキはしませんでしたが、
でも竜治〜、もうカッコ良すぎはやめてーと言いたくなりました(笑)

書き下ろしちょっとだけでもいいので、この後のお話も読みたくなりました。
夜光花さん、書いてくれないかな。
不器用な2人、この2人のファンになりました。
このままの世界を崩さずに、お互い支え合って幸せになって欲しいです。

1

想いの強さ

「灼熱を呼べ」の続きとのことですが、Kindle版で単独でも読めるとあったのでチャレンジ。

裕也は爆弾事件に巻き込まれ視力を失っていた。アメリカに渡り手術を受け成功する。まだ視力を取り戻していないときに公園である日本人の老人から封筒を託される。
竜治は裕也を想うあまり心配するあまり束縛し、ヤクザからの圧力もあり守ろうとして裏目に出て、ふたりはすれ違う。
裕也に託された封筒の中身に纏わるある不正と竜治の父が関係していた。
いろいろなしがらみと圧力からふたりは逃れられるのか?

複数の事件が上手く絡み合っていて秀逸です。裕也が託された封筒の中のデータにあった楽譜が上手く使われているので実際はわかるはずもないメロディーが頭の中で流れました。

託された手紙を渡す相手を一緒に探したり、ヤクザが絡んで来て危険な目にあったりする中で、ふたりがすれ違いまたお互いを守ろうとして絆は強くなっていきます。

危ない世界と隣り合わせで命さえかけなければならない苦境に立たされますが、裕也は竜治にどうしてもあちら側に行ってほしくないので覚悟を決めるところはたいへん男らしく想いの強さを感じ続きます。
竜治は裕也がいなければ生きてはいけないほど裕也に執着しています。裕也はそれに応えたのです。

ラストはハッピーエンドに見せかけて、実はバッドエンドなのかもしれません。
どちらともとれる終わり方だと思います。

普段はバッドエンドはダメなんですが、これに関してはアリだなと思いました。
個人的にはハッピーエンドと思ってはいるのですが、読み返すと切ない気持ちがあふれるので、これはやっぱりバッドエンドなのかもとつい思ってしまいます。

それでも読み返したくなるくせになる小説でした。
1巻もぜひ読んでみようと思います。

1

執着攻

帯『不幸にするとわかっていても、お前への執着を捨てることができない…。』

大好きな執着&心に狂気をはらんでる攻ですよ、わーい。
そしてこれまた自分の大好きな地味系の平凡気味受です、わーいわーい。
やはりこの位の容姿と性格の受にですね、攻が執着しまくるってのが萌える訳ですよ!!
これが平凡地味系受萌えの神髄!!!ビバ執着攻!!

続き物なので前作を読んでおかないと色々分かりにくいです。
竜治[攻]は前作で長年のその執着が解放されたと思いきや、今回もしっかり執着ヤンデレっぷりは健在。
ただ性格的には多少妥協というか丸くはなってはいるかな?
両目の手術の為にアメリカに渡った裕也[受]が謎の老人に封筒を渡された所から話は始まります。
その封筒の届け先を探すという裕也の出来事の一本の軸に、竜治側にはヤクザが絡んで来てこの二つの事件が平行して進んで行きます。
今回、竜治の父親が出て来ますがこいつがホント嫌なヤツです、そりゃ確かにこんな父親だったら憎むの当然だと納得の嫌なヤツっぷり。
最初から最後まで竜治が裕也に執着してるのがたまらんかったです。
話も詰め込みすぎって感続きじはしなくて二つの事件を分かりやすく処理したと思います、エロもそこそこでなかなか堪能したです。

1

竜次のヤンデレが、ガチすぎて引くw

『灼熱を呼べ』の続編。

角膜移植を終えて帰国する裕也は
見知らぬ老人に手紙を託され、その直後老人は死ぬ
帰国した裕也は、手紙のあて名の主を探すという
またしてもサスペンス仕立て。

サスペンスの道筋を引いておきながら1本道ではなく
竜次をとりまく人々(叔父の元恋人、ヤクザ、父親)
裕也の“潔癖”という人格
いろいろな側面が楽しめる作品でした。

裕也の“潔癖”
これをわたしは一番興味深く読みました。
生まれ持っての気質なんでしょうけど
裕也も軽く病んでる設定だったのですねw

あと竜次ですけど・・・どんどんヤバい感じになってましたねw
挿絵の印象もあると思うのですが、なんというか
かっこいいというよりも、顔がマジすぎて笑ってしまった。すいません。
フォーク刺すシーンとか、やりすぎ~と思ったしw

竜次のヤンデレが、ガチすぎて引くw
ヤンデレだけじゃなく俺様とか駄犬も入ってるんだよなコイツ。
ときどき読んでてムカっとします。そこが妙にリアルでいいとも思う。

ラストの幕引きは、夜光花節ですよね。
あのもやもや感が魅力だと思う。

2

伊吹亜弓

こんにちは☆相変わらずディープインパクトなレビュタイトルで笑っちゃいました!
もはや新着記事欄のレビュタイで、「あ。これ絶対かにゃこさん!」と思うようになりましたw
ヤンデレ大好物なので、是非読んでみます!
素敵レビュありがとうございますっ

相変わらずのヤンデレっぷり

『灼熱を呼べ』の続き。
前作で、爆弾事件に巻き込まれて失明した裕也が
アメリカで角膜移植を受けてからのお話です。

アメリカ滞在中に、見知らぬ日本人から託された手紙とメモリーカード。
そして、竜次の亡くなった叔父の恋人だった光の登場。
さらには、光を狙う暴力団幹部の笹来の黒い思惑。

この3つのお話が絡み合って
かなりごちゃごちゃした印象を受けてしまって
なかなかお話に入り込めなかったのですが
幸いにも、竜次の裕也への想いは相変わらずストレートで一途で
その辺に焦点を合わせて読み進めれば
充分楽しめると思います。

ただ、光がその後どうなったのかが書かれていなかったのが残念です。
光の竜次への想いが、結局は叔父の面影を竜次に重ねていただけなのか
あるいはそうではなかったのか。。。
すっきりしないまま終わってたので
その辺も知りたかったな、と思いました。

個人的には、もっとエロを削ってでも
ミステリー色を強くしても良かったんじゃないかな、と感じました。
夜光花さんの作品の場合
きっとそれじゃ、文句が出るんでしょうけどね^^;

1

続編だけどテンション落ちてません

『灼熱を呼べ』の続編です。読んでなくても内容は分かりますが、読んでおいたほうがより楽しめると思います。
続編特有の「出来上がったカップルの話で、内容が薄くなってしまう」ということがまったくなかったです。さすが夜光花さん。
前作では「受けが攻めを一方的に支えている」ような関係だったんだけど、今作では「お互いに支えあう」という形ができて、よりステキなカップルになってました。
問題のないまっとうな人間であるかに見えた受けの側も、潔癖すぎるという欠点があったんだよね。他人と暮らせない。攻めは知らず知らずのうちに、受けの内面に深く潜りこんでいたのだ。
ラストの何十ページかは良いシーンの連続でした。
とくに、誘拐された受けがヤクザたちの前で堂々と吐いたセリフが最高です。
そのあとも色々臭いセリフのオンパレードなんですが、素直に嬉しくてニヤケました。

2

執着愛

「灼熱を呼べ」の続編です。

前回からの続きになっていますので、そちらから読む事をお勧めします。

前回で事故に巻き込まれた裕也が、アメリカで手術を受けて帰ってくるのですが、その事について電話で話している内にケンカに。
竜治は、どうしても裕也の1番でありたい、裕也には自分を1番優先して欲しいという切ないくらいの執着心があります。
勿論、人として分かる気持ちではありますが、そこに至るまでの竜治の生い立ちなどを考えると、やっぱり少し切なくなります。
勿論、裕也もそんな竜治の気持ちは分かっているのですが、逆に裕也は平凡な家庭で平凡に育ってきたので、やはりそこには齟齬が生じて、それが原因でケンカになってしまうのですが。
それでも自分を優先して帰ってきてくれた裕也に懐く様は、さしずめご主人様に懐き捲くる大型犬、といった所でしょうか。
そんな可愛いところもあるので裕也としても、怒ったり、むくれたり、乱暴したりしても許してしまえるのでしょう。

今回もまた事件や、竜治の家族関係などに巻き込まれてしまいますが、最後には竜治がちゃんと助けにきてくれます。
そこでの二人の絆には胸を続き打たれるものがあります。

取り合えず、今回でこの話は終わり?ですが、きっといつまでもケンカしながら仲直りしたり、と過ごしていくんだろうなあ、と思えます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ