加賀さんと年下の男の子

加賀さんと年下の男の子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784592874522

あらすじ

中学二年生の成瀬つぐみは母が渡仏している間、叔父の加賀耕平のマンションで世話になっていた。
しかしこの叔父がかなりの食わせ物。
人気ギタリストというせいか、性格も生活も破天荒でつぐみは見事に振り回されていたのだ。
そんな騒がしくも楽しい日々の中迎えたクリスマス。
初めて耕平のライブを観て興奮してしまったつぐみは、そのまま耕平に押し倒されてしまい…。
はたしてふたりはどうなるのか。

表題作加賀さんと年下の男の子

性格も生活も破天荒な人気ギタリスト
純粋で素直な中学二年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

王道な感じの年の差カップル!

 モテるのに実はヘタレな耕平さんと、素直なつぐみちゃんのお話です。

 素直じゃない耕平さんは、最初につぐみを押し倒した時も、素直に「好きだ」と言わないから、つぐみ勘違いをされてしまう。
 拒否されたことでショックを受けて、なかなかつぐみに連絡をしないから、従兄弟に邪魔をされてしまう。
 本当はいい人なんですけど……

 それに比べて、つぐみちゃんの素直な事。
 耕平が本気じゃないと知ったら、涙をこぼして行為を拒否したり。
 従姉に突っ込まれたら、素直に恋心を認めちゃうし。

 本当は素直な人間の方が、きっと強いんですよね。

 それにしても、いったい耕平さんはいつから、つぐみのことが好きだったんだろう……? もしかしたら、最初から??
 それにしては、最初はシスコンっぽいエピソードもあるのだけれど。

 基本は近くなった二人が一度、すれ違って、くっつくという王道な感じの物語。
 耕平はつぐみのお母さんの兄弟だったりするのですが、職業柄か、絵のせいか、そんなに年上な感じはしません。
 肝心なところでヘタレな年上の男を楽しむ本だと思います!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ