富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 センシティブな暴君の愛し方

富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 センシティブな暴君の愛し方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044346461

あらすじ

富士見町の家で二人きりの甘い生活スタート、と思ったら、なぜか悠季の姉・千恵子が居候。
当然、不機嫌な圭。
そんな中、圭宛てに、悠季と千恵子のツーショット写真が送られてきて…!?一方、講師の仕事では、恩師から預かった弟子が、まるでやる気ナシだったり、うるさい保護者に煩わされたり、と演奏者とは違う指導者としての問題に直面。
「フジミ」でも、方向性をめぐって飯田さんとついに直接対決!?と問題盛りだくさんの悠季は…。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

そろそろ悠季の演奏が聴きたい

シリーズ第6部の3冊目、通しで28冊目になります。表題作のみの収録です。

 内容は、あらすじが全てを語ってくれている感じではありますが、今回も圭に愛されまくっている悠季という基本的な流れがあって、その上で話が色々な展開を見せていきます。
 発熱で寝込んでいた悠季が元気になっても、圭と悠季の愛の巣に居候し続けるチエ姉。月の半分は海外での演奏活動に出かけねばならない圭にとっては邪魔者でしかありません。悠季は姉の存在を気にしてしまうから、家の中でいちゃつくこともままならず圭の欲求不満は募るばかり。でも、ちゃんと欲求不満を発散する場所はありました(笑)
 結局、家出騒動はチエ姉の思い込みによるもので、夫も妻もどっちもどっちといった感じの原因でした。とにもかくにもチエ姉たちは元サヤにおさまって、悠季と圭は2人の平和を取り戻せたことにホッとするのでした。
そして、このチエ姉の家出騒動と平行して、悠季は受け持った生徒の指導に悪戦苦闘します。福山先生から預かっている山田杏奈はやる気がない。神山数馬は理解力がないし、彼の母親は悠季の指導方法に口を出してくる始末・・・。前途多難な講師生活です。続き
 さらに悠季は、フジミで圭の留守中にタクトを任されている飯田さんとの間に隔たりを感じ、コン・マスとしては飯田さんと五十嵐くんのような打ち解けた関係でやっていきたいと思い、練習後に飯田さんを飲みに誘います。一緒に飲むことで感じていた隔たりは少し解消されるのですが、やはり飲んでも本音が出にくい悠季ですから、大人な飯田さんは音楽を挟んで話した方が早いと判断してデュオをしようと誘います。快諾する悠季。後でこれを知った圭は焼きもちを焼き、トリオにしてもらうおうと真剣に考えていましたが。あと、飯田さんが週に3回代振りしているうちの1回を、悠季が引き受けるという話になりました。
 それから、ついに!西大路さんに悠季のためのバイオリンを作ってもらう順番が廻ってきました。最後は、圭と一緒に小諸にある西大路さんのバイオリン工房をたずねて、温泉宿に泊まり久々の二人っきりを堪能していました。
 悠季が帰国して以来、ちっとも演奏を聴けていないので、そろそろ聴きたいものです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ