エターナル・レッド血の刻

eternal red

エターナル・レッド血の刻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062558457

あらすじ

魔族の“王”の生まれ変わりであることが判明した上総。
そして、かつて“王”に叛旗を翻した者たちもまた、現世に転生して上総の命を狙っていた。
そんな中、上総はシオンと名乗る美青年に突然キスをされてしまう。
彼は敵対する一族の仲間であった。
敵であるシオンに、なぜか惹かれてゆく上総。
そんな上総を騎士のように護りながら、シオンに敵意を燃やす出雲。
時を超えた想いの行方は…。

表題作エターナル・レッド血の刻

剣出雲/江崎シオン
大友上総、高校教師、23歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

止まらない運命の歯車

4冊で完結する、輪廻転生モノの2巻になります。相も変わらず、謎が多くてハラハラします。

魔族の王の生まれ変わりだと判明した、平凡な高校教師の上総。そして、出雲とシオンは、前世で自分を守ってくれていたガードマスターなのも判明します。
だけど、前世の記憶が戻らなくて。
おまけに、出雲と再会してから見るようになった夢では、どちらかと甘い恋人同士でした。
上総は、どちらが恋人だったのかも分からず、2人とも自分にとって大事だと気付くのです。

やっぱり読んでいて、どちらが恋人だったのか気になってモヤモヤします。2人とも上総を巡って、火花を散らしてるし。
そして、上総の命を狙う敵の存在と、上総を守ろうとする血族の存在。
王の復活に伴ってのきな臭い事件も起こって、一刻も早く上総の前世の記憶が思い出させるのが待たれます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ