おしおき学園

oshiokigakuen

おしおき学園
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立7
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
13
得点
40
評価数
21件
平均
2.5 / 5
神率
9.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784896441048

あらすじ

ブーメランパンツに股間を包み、今日もあいつがお仕置きしにやってくる…!?アホでハレンチな体育教師が繰り出すクラス総出のセクハラ攻撃にイケメン不良生徒・加藤は耐えられるのか!?ウルトラ学園ラブの金字塔「おしおき学園」シリーズ他、仰天喫茶店ロマンス「ご注文は俺」シリーズ、罰当たり坊さんコメディ「無茶苦茶僧ゴロー」シリーズ完全収録!感動の描き下ろしもたっぷり!愛と爆笑の伝道師・紅蓮ナオミが放つ奇想天外な初コミックス!!

表題作おしおき学園

竜見琉士,体育教師,27才/クラスメイト
加藤玲,美人ヤンキー高校生,17才

同時収録作品ご注文は俺/追加注文も俺

克彦,レストランのマスター,25才
火浦悟,裏ウェイター,18才

同時収録作品無茶苦茶僧ゴロー/最初で最後のゴロー/四十九手のゴロー

薫,高校生,16才
西条院五朗,修行中の僧,19→20才

その他の収録作品

  • おしおき学園(体育編)
  • 帰ってきたおしおき学園(プール編)
  • おしおき学園(体育再編)
  • おしおき学園は終わらない
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

紅蓮さんの初コミックス

もう、なんとレビューしたらいいか迷う作品です(笑)。
この単行本が紅蓮さんの初コミックスだそうですが、もうこの頃からはっちゃけ度は並外れています。
絵も脇役に至るまでシャープな男前揃いですが、変態さんだらけです。
ギャグとしては大笑いするシーンだらけなのですが、BLとしての萌となるとラブ度がかなり低めなので、評価は中立にしました。
全部で3つのシリーズが収録されていますが、複数で輪姦というシーンがちょくちょく出てきます。でもギャグなので軽いノリです。
その辺りが流せるかどうかで好みは分かれそうです。
私もどちらかというとこういうシーンがない方が好きなので、痛さはほとんど感じなかったのですが萌も感じられず微妙でした。
一番好みに近かったのは修行僧が出てくる『無茶苦茶僧ゴロー』のシリーズ。
男を食い散らかしている修行僧なのですが、薫に対しては男前な所を見せてくれるのが良かったです。

1

萌える展開はありません!

アホエロというかBLと呼ぶべきか難しい作品です(たぶんアホ)
萌える展開はほぼありません。登場人物に男同士のエロに対する躊躇もほぼありません。
表題作である「おしおき学園」の受け・加藤くんは個人的には性格が真っすぐで美形なヤンキーというなかなか好みのキャラクターではあるのですが、変態体育教師・竜見のセクハラまがいの行為も男らしく受け入れてしまうため、やはり萌えどころがありません。
BLとしては残念な作品としか言いようがありませんが、ここまでくだらなさを追求している作品もないと思いますので貴重だと思います。

1

アホ過ぎてもはやエロいのかよくわからない

「エロシック」シリーズのアホエロ加減があまりにツボにハマったので、こちらのシリーズも手を付けてみたのですが……
バカバカし過ぎるのと常に下半身が出過ぎているのとで、もはやエロいのかよく判らない!(笑)エロスっていうのはモロ出しよりもやっぱりチラリズムだと思うんだ…

表題作と他2編入っています。

【おしおき学園】シリーズ
エロいおしおきが大好きな体育教師×美形ヤンキー

【ご注文は俺】シリーズ
下半身専門の給仕係を募集するマスター×面接不採用続きの若者

【無茶苦茶僧ゴロー】シリーズ
下半身を修行中の僧×いたいけな童貞美少年

漏れなく全部アホです。
でもってエロ青年誌的なノリなので全く萌えない…!
この方(紅蓮さん)本気で頭のネジ何本かぶっ飛んでると思います(笑)

1

地力があるからこそ笑える

「コミックバンドの絶対条件は演奏力があること」といったのはドリフターズだったか、筋肉少女帯だったか・・・。

大笑いしながらそんなことをふと思い出しました。

萌えはありません!(笑)
そのかわり笑えます!

アホエロなんだけど、ギブアップしないで読めるのがすごいところです。たいていここまであけっぴろげになると萌えがないのはもちろん、低俗感がひどくなって読めないものですが、これは不思議と読めました。下手に躊躇せずばかばかしさを貫いてます。
どうせだったらここまでやらなきゃねw

何も考えずに笑いを求めるにはいいんじゃないでしょうか。
萌えがないので中立評価ですけど、BLギャグとしてはトップクラスのクオリティだと思います。

1

唯一、自信を持って読むことを「お勧めしない」本

酷すぎてずっと持っている本です(笑)
評価に関しては萌えないので趣味じゃないになっていますが、
度を越したアホバカ度は神だと思っています。

萌えない!下品!(笑)
酷すぎてPTAも目を合わせてくれないほどだよ!
BLのLの部分は無いに等しいです。
唯一、自信を持って読むことを「お勧めしない」本ですw

内容としては、アケスケなエロの代表のような内容です。
男性向けの「なんとか学園」と同じような内容ですね。
教師が集団催眠をかけて女の子たちを次々と…とか、
授業に集団でHの勉強する学園とか、
妄想的学園モノならではの集団でのエロがありますが、あの手の内容のBL版。

まず誰もが思いますよね、
こんな学園はねぇ!!むしろあったら嫌だ!!
下半身丸出しにして体育とか色気もクソもありません。
あとはもうひたすら集団姦視、輪姦などなど。
先生が加藤におしおきをしたいがために、
とんでもない内容の競技を考えたり。
この突き抜け具合がアッパレです。

なんですかね、酷すぎて笑えるんですよね。
しかも紅蓮さんの画力が高いのでアホエロなのに迫力があります続き
そしてアホエロは嫌いじゃないんで、バカ過ぎて可愛いなと。
作者さん、なぜこんなエロを書こうと思ったんでしょうか。
とても素敵です(笑)

6

評価に困る(笑)

ここまで評価に困るBL漫画も珍しいですwwwwwwwww

下品極まりない!!!!(笑)

ここでの評価が面白かったのと、シリーズになっていたので
購入してみましたが・・・ここまでとは・・・・ww

えー、名言がたくさん出ていますね!

主人公二人のうち攻め(ただしリバの才能あり)の体育教師(以下"ド変態")の
ナニをかたどった授業用のパンツ、名づけて『せんせいといっしょ』wwwwwww

主人公のうち受け(ただし攻めの才能もある)のやんちゃくれ坊主との運動会での勝負
メートル走にて、きん差でもちょっとの差でもなく、『ち●ぽの差』でゴールしてしまうド変態教師と、まわされつつもいっさい犯罪の匂いを漂わさせない名器の受け!!!!

これはもう本当に好き嫌いわかれるか、一線引いてこれはこれで楽しむか
どっちかですな(;´∀`)!
ちなみに私は後者ですね(笑)

ある意味『神』領域まで達してますけど、
これを『神』評価することによって私という人間が疑われると嫌なのでww
『萌』にしときますw

他の短篇集もぜーーーーーーーーーーーーーーんぶ!!やり続きっ放しでっす!!!笑

2

極端なエロ(笑)

凄過ぎて笑えましたが、萌ではなかったかな‥という感じでした(^^;)

0

おしおき学園

これは……
ひどいですね~(笑)

紅蓮ナオミ先生のお話、
初めて読まさせていただきました。

うわさ、聞いていたので
一応、心構えをして読み始めたのですが

出てくるキャラ
みんな、アホで、とにかくすごいとしか
言いようがないというか

脱いでないページなんてあったかな?(。-`ω-)ンー ?
ぶっ飛びすぎていてキュンはもちろん
エロさや色気も全くない。

この作家さんに
求めてはいけないものなのかな?

とにかくびっくりしました。
好奇心で読むならいいかもしれませんが。

3

体育会系アホエロの両巨頭

といえば櫻井しゅしゅしゅさんとこの人だと思うんですが、
すいません、自分はエロイのでどっちの方も好きです。

「セクハラとかいう言葉は辞書にないのか?」
とか細かいこと考えさせるヒマもないくらい、何かと理由をつけて竜見先生が加藤を掘りまくる、そして他の生徒まで動員して掘らせまくる漫画です。
なんじゃそりゃぁああ!なエロ方向に斜め上な展開は毎ページ出てくるといっていい。

体育の先生である竜見の方が立場的にはリードしてるはずだし、加藤のほうが酷い目にあっているはずなんですが、
むしろ加藤の方が先に惚れてることを暴露してしまった竜見を最終的には自分の手のひら(というか、ケツかw)に乗せちゃってるんですよね。

とはいえ、基本線体育会系らしくさわやか過ぎる輪姦や2本ざし、道具攻めが全部あるのでなまはんかな腐嬢様が読むと卒倒する内容だとは思います。

とにかく脳筋で下半身主導で、細かい情緒とか無関係。
欲情だけで成り立ってるさわやか過ぎるエロマンガです。
でもはっきり言って、抜ける(をい!)

残りの3本もおしおき学園に比べると体育会系的な筋肉やさわやかさでは劣続きるものの、へんに情緒だとかあまあまに走らず、難しいことも考えず、
すがすがしい!ほどの不条理の出会いから最終的に体から好きになってしまってていっそのこと爽快です。

2

なんということでしょう

何というアホエロ!!
変態エロ教師竜見[攻]に目を付けられてるヤンキー加藤[受]クラス全員に犯されたり色々突っ込まれたりとそりゃもうエロの限りをやられまくる訳ですが、そんなエロだらけのエロにも負けないアホっぷりはもういっそ清々しいです。
比較するのもあれですが、クラス全員に犯されまくりって「新任教師」を思い出しちゃうのですが同じBLジャンルでも何というこの差!!(比較対象が違い過ぎます!)
実はレビューを書くにあたって作中で一体何回加藤が犯られたのか数えようと思ったのですが途中で挫折しました……ええいこの根性無しが!
いやもう数えるの途中で諦めちゃう位に犯られまくってます。
ここまで来るともう天晴れとしか言い様ないです。アホエロ描かせたらホント、紅蓮さん素敵過ぎます。

0

仁義なき学園ラブ!

 紅蓮先生の作風を知らずに読んだのですが・・・ありえない展開やプレイばかりで、ここまで来るともう、画期的!としか言いようがない。
 「くだらねぇ~、もう1回!」と、どこかのCMのように、そのアホさ加減には病み付きになります。
 漫画全体を見ても、

 ほ と ん ど や っ て る

 って感じです。裸の率の多いこと多いこと(笑。エロエロです。

 陵辱だったりするのですが、加藤クンもただやられるだけではなく、対抗しようとしているので、楽しんで読めました。ほんとただのエロです。というか、バトルです笑。
 クラス総出のセクハラ攻撃、マスターのHの世話をするウェイター、ドーテー高校生×エロエロ坊主、なラインナップ。どれも勢いがあって、面白かったです!

2

ノンブレーキなお下品ギャグについていけますか

萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
腐ってない人に見られると…いえ、腐った人にすら引かれてしまう確率大のトンデモ本。
レーベルはピアス。なのでエロです。
しかしエロはあれどエロスはありません。まったく、これっぽっちも、清々しいほどありません。
中身は終始、暴走特急・ノンブレーキのお下品ギャグで、あなたの品性が問われます。引いた方…そのお心を大事にして下さい。笑

どんな内容かというと、成績の悪い者・態度の悪い者に対してエロいお仕置きをする心からアホな体育教師と、彼のエロなお仕置きとクラスからのセクハラ攻撃に耐える美人ヤンキー加藤の、学園風景です。
クラス中で輪○させたり、大事なところ丸出し海パンツで泳がせたり、下半身大活躍の体育祭とか、全校生徒で連穴フォークダンスとか、冗談抜きでお下劣なネタのオンパレード。
輪○ネタは好きではないのですが、凄まじいギャグの勢い効果で悲壮感が全くないので平気でした。
平気だった自分が少し悲しい……。笑

体育教師vs加藤だったのに、ラストではちょっと愛が芽生えてきてちょっときゅんとしてしまった自分は、確実にどこかがおかしいと思います。続き
加糖と体育教師の愛の行方が気になる方は、続編『激受編』もどうぞ。二人の関係に一応決着がついてますよ~。

表題作のおしおき学園もありえないですが(笑)、マスターד裏ウエイター“の社員のシリーズもありえないくらいばかばかしいです。
お客さんに給仕するのがウエイターなら、マスターの下半身に給仕するのが“裏ウエイター”のお仕事!
何それって思ったらいけません。笑
口であそこでと日々頑張る主人公とマスターに、いつしか愛が生まれちゃったりします。一日二桁は余裕でこなしちゃう二人は絶倫、絶倫v
裏ウエイター大会開催しちゃうし、もうわけ分からん。笑

もう一本は、見かけだけワルの童貞高校生×下半身の修行(!?)の旅に出ている修行僧ゴローのシリーズ。
これもめちゃくちゃですが、愛はあります。

テンションだけならしゅしゅしゅさん系統ですが、更にくだらなさと下品さを強化した感じ。
なんせちんこが描かれてないページの方が少ないくらい。笑
読まれる方は覚悟して読んで下さいね。
そして保管場所にはくれぐれも気を付けて下さい。(真剣)

6

毎度ばかばかしいお話を

これだけずば抜けていると呆然を通り越して唖然です。
すばらしいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
代表作「おしおき学園」はその名のとおり、おしおきに命をかけている先生がエロい方向に張り切ってしまっている男子校のお話。
ターゲットはクラスでも不良な生徒・加藤クン。
先生の第一声が「そんなもの(たばこ)を咥えるくらいならチンポでも咥えてみろ!」
なにかが可笑しい(笑
その後、跳び箱勝負でまけた加藤クンは、クラス全員にまわされたりとか。
案外ハードコア。
一冊とおしてもかなりエロティカルな行為が多いんですが、なんといいますか、これだけ汁ダクなのにエロくない。
あるいみスポーツ?
熱血。
色としては櫻井しゅしゅしゅ先生の作品にちかいパワーを感じました。
好きな人は好きな作風だと想います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ