夢の果てまでも

yume no hate mademo

夢の果てまでも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
12
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283824

あらすじ

学校の奴らが電車通学の俺を馬鹿にするので、「運転手ぐらいつけろ」と親父に言ったら、翌朝、仏頂面した男が迎えに来た――。コンプレックスに縛られたお坊ちゃま三柿野創と創を見守るクールな運転手・輿水の不器用な関係は、いつしか恋になっていたが…。好きだけど手を出せない悩ましさが胸を焦がす珠玉のボーイズラブ傑作集。

表題作夢の果てまでも

輿水,運転手
三柿野創,政治家の私生児,高校生→大学生

同時収録作品雨の日はしょうがない/晴れた日は空を見る

司史章,イベント企画会社勤務
柏森久生,広告代理店勤務

同時収録作品明日では遅すぎる

穂積行成,広告会社課長
二宮冬樹,高校生,穂積の婚約者の弟,18才

同時収録作品見知らぬ人でなく

晋,国税査察官
柿内貴巳,代議士秘書

その他の収録作品

  • Night on Earth
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

少し痛さを伴う作品集

描き下ろしを含め短編が6作品収録されています。
そのうちシリーズになっている作品もあるので、登場するカプ数としては4組。
神楽坂さんの作品を読むのはこれが3作目になるのですが、リアル感を感じられる作風が好きです。
どの作品もどこか痛い所があって、そこがリアルに感じられる所なんですが、人間の暗い面だとか醜い所、ズルい所だったりもする。
だけどその中でなんとか生きていこうとする主人公達が健気で愛しく感じられたり、彼らが見つけた小さな幸せが出来るだけ長く続けばいいと思う。
ファンタジーではないけれど、じわっと幸せを噛みしめられるような作品集でした。

0

両片思いって切ないですよねえ。

長編がかなりツボだった作家さんだったので、短編集も購入。
普通に面白かったですが、矢張り長編の方が好みかも。

この中では表題作と「見知らぬ人ではなく」が好き。
表題作がとにかく切ないです。
あらすじだけ読んでおぼっちゃまと運転手ののんきな話だと思っていたので、ちょっとびっくりです。
両片思いって切ないですよねえ。
ハッピーエンドで良かった。

で反対に、穂積課長の話はどれも駄目でした。
課長が屑過ぎて、何だか薄ら寒いというか。
弟さんもまた捨てられてしまうかもという未来が見えなくもないので、とても嫌です。
最初は屑でもいいですが、唯一の相手には誠実であって欲しいなあ。
一度信用失うと取り返すのは大変、正にそういう感じです。

最後の書き下ろしが、こういう世界がリンクした話大好きなので良かったです。

1

怖かった

独特なストーリーの見せ方をするんだなぁと感じた記憶がありました。

その独特が、好みの方なのか、苦手な方なのかが思い出せなかった為、読み直しをしました。

政治家の父。母親は愛人。
母親亡くなっている。
学校では酷いいじめをうけている、誰にも甘えられない男の子。

運転手として現れた男性と結ばれるのですが。
が。です。あらすじを思い出したく無い程、すっきりしませんでした。

現実離れした内容ではないですので、目を背けてはいけないのかもしれまぜをが、
この作品はBLなのかと。
とても暗い気持ちになりました。

0

面白い短編集でした

神楽坂はん子さん、面白いなァ。
私好みの短編集でした。
あっさりした絵とか、過剰さのないキャラとか、リアリティとBLドリームのバランスとか。
ちゃんと男同士なところとか、スーツな男たちがいっぱいいるところとか、エロに特化してないけどエロいシーンにやたら萌えるとことか。
あと穂積とか穂積とか穂積とかw 穂積はこの短編集のなかのろくでなしナンバーワンキャラでしたが、なんか憎めなくて好きなんだよねぇ。

ぜんぶ面白かったけど、やはり表題作の『夢の果てまでも』が一番好きでした。
運転手とお坊ちゃん。
長い長い両片思いが切なくて仕方なかった。

0

短編集です。

・夢の果てまでも
政治家の私生児である創が、父親にわがままを言ってつけてもらった運転手・輿水。
ちょっと風変わりな輿水に段々惹かれて行く創だったが、父親の命令でライバル政治家に身体を差し出す事に――。

満たされぬ思いを抱いた寂しさを輿水で埋めていく創が健気で可愛らしいのですが、更にまた辛い出来事が。
切ない思いを抱えつつ、ずっと運転手を続ける輿水。
最終的にはハッピーエンドになりますが、短いながらもとても切なく甘く、良い話だと思います。

・雨の日はしょうがない
付き合っていた恋人(上司)が結婚するということでナーバスになっていた所に現れた仕事相手と段々恋に落ちていく話。
最終的には、「恋人未満」というところで終わりますが、続編もあるので物足りない感はないかも。

・明日では遅すぎる
上の話の、結婚する上司サイドのお話です。
結婚相手の弟とクラブで会って、なんとなく意気投合。
そのままベッドへ…という所で姉にバレてしまいます。
最終的にどういう判断をするのか、という所が見所かな、と思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ