灼熱のエメラルド

shakunetsu no emerald

灼熱のエメラルド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012339

あらすじ

中東の小国の第5王子ラティーフは頭脳明晰、眉目秀麗、エメラルド色の瞳を持つ類い稀な美貌の持ち主。非凡なラティーフは、弱冠二十歳で巨大ショッピングセンターを建設するが、後継者問題から凡庸な兄たちの謀略に巻き込まれていう。長兄に媚薬を盛られた、ラティーフは危ういところをボディーガードのリュージに助けられ、生まれて初めての衝動に、誇り高く端整な顔立ちのリュージに熱く昂ぶる身体を鎮めてもらうはめになり……!!

表題作灼熱のエメラルド

リュージ,ラティーフのボディガード
ラティーフ,ファハド第5王子,25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

日本人が攻めのアラブ

攻め、リュージは、日本人ていっても、
実際は、 父:スペイン系日本人 母:フランス人と日本人のハーフ という設定。
だからまぁ、攻めは3つの国の血を引いてることになります。

一方、受けのアラブ人ラティーフも、これまたハーフなんです。
母はフランス人で、国王である父の愛人。不義の子ってわけですね。
そのため、正当な後継者である他の兄弟たちからは疎まれています。

しかし、ラティーフは美人さんなので、
長兄ムハンマドは、権力面では争うものの、ラティーフのことが本当は好きで、
抱きたいと思っておりました。

結果として、ラティーフ、
ムハンマドに媚薬をもられちゃうわけですよ~~~ ウフフ

媚薬ってBLだとすごくよく出てきてお約束ですね。
受けは絶対、『なんか身体が熱い……おかしい!』みたいな。『こんなことされて、絶対嫌なはずなのに、どうして自分は感じてしまってるんだ!?』みたいな。

つまり、受けは『普段の僕は、無理やり犯られて感じるようなフシダラな子じゃありません。普段なら!』ってスタンスを取れるのでいいですよね~。読者的には、ウソウソ!媚薬なくても続き感じるんじゃね?この受け。とか思わなくもないんですけどw お約束なので、それはそれで好きかな♪

だって、無理やり犯られてるんじゃなかったら、
攻めのリュージ(ボディーガード)も助けに行く必要がなくなっちゃうわけだしね……(笑)

で、リュージ、長兄ムハンマドからラティーフを救った後は、
彼も彼で、ラティーフの身体を触ったりしてます……。

熱を手っ取り早く鎮めるにはコレしかねー!ってことなんですが、
なんとラティーフの自慰を手伝ってあげちゃうんです……。

これにはちょっと、どう上手いこと理由付けしたって、厳しいっしょ!と思いました。
ボディーガードの職権乱用? リュージも手伝うとかじゃなくて、
素直に自分ももよおしちゃったって言えばいいのにね!
てか、この媚薬の威力がすご過ぎだw

お話は、この媚薬シーン以降も続き、最終的にはめでたしめでたしになります。
でもこの話はこのシーンの印象が全体の中で一番強かった……。

私としては、もうちょっとムハンマドがしつこくても良かったかなーなんてw


2

ねんねのアラブ王子様

BLでアラブものって定番だと思うのですが・・・
こんなにイスラーム文化をきちんと取り入れている作品というのも
珍しいなぁと思いました。
そこかしこにイスラーム文化の香りが~。
いろいろ勉強になりましたよ。

イギリス国籍のスペイン系日本人の父と
フランス人と日本人のハーフの母を持つ
エルネスト・リュ-ジ・クサナギ が攻め。

受けの名前が長いよーっw
ラティーフ・イブン・イスマーイル・ビン・アブドゥル・アーズ・アル・=ファハド
イスラームの父と西洋人の母の混血の第5王子様
20歳という若さだけど非凡なる才の持ち主。
お約束といってはあれですが
長兄に媚薬を盛られたり後継者争いに巻き込まれたりします。

混血同士のカップリングです。
アラブものだというのにアラブの王子様が、あまりにもねんねでビックリ。
アラブ育ちじゃなくって、母の死後イスラームの父に引き取られたという設定だから
いたしかたないのかもしれない。
代わりに、攻めのリュ-ジががんばってくれてました。

イスラーム文化になるべく忠実に物語を描いているので
同性愛は、もちろん禁忌。
続き
それでもって身分違いの恋。

ハー○ークィーンロマンスばりの灼熱のラブストーリーでしたv


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ