しなやかな熱情

shinayaka na netsujou

しなやかな熱情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
129
評価数
32件
平均
4.2 / 5
神率
59.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344806993

あらすじ

画家の秀島慈英は、初めての個展に失敗し傷心のまま訪れた先で、刑事の小山臣と出会う。
綺麗な容姿に似合わず乱暴な口をきく臣と会うたびに心を奪われていく慈英だったが、この感情が何なのかはわからない。
ある日、偶然目撃した事件のせいで狙われ怪我をした慈英に、臣は思わず迫るのだが…!?ノベルズ版と商業誌未発表作品を大幅加筆改稿で待望の文庫化。

表題作しなやかな熱情

秀島慈英・画家 個展失敗の傷心により放浪中23歳
小山臣・刑事部捜査一課巡査部長27歳

その他の収録作品

  • さらさら。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

とにかくじれったい

2001年リーフノベルズで出版された表題作を加筆修正したものと、続編が追加で収録されています。

表題作「しなやかな熱情」は二人が殺人事件を機に出会い、惹かれて再会するまで、続編の短編「さらさら。」では思いを通じ合わせるまでが書かれています。

当初、作者様は表題作も「さらさら。」にしたかったとのことでしたが、編集様が反対されたのに同感です。どの辺りがさらさらなのか、分からなかったです、崎谷先生…。

とにかく二人ともじれったいです。臣(受け)は臆病で最初から諦めているし、慈英(攻め)は初恋みたいなものだからそんな臣を前に自信がなく素直に好きだと言えない。で、不本意ながら身体だけの関係で月日が過ぎていくというわけです。慈英が早く臣に執着見せて甘やかすまでに至って欲しいとつくづく思った作品でした。

じれったい二人の関係や、受けが感じて泣き出してしまうような濃厚なエッチがお好きな方にお勧めします。甘いのが好きな方は続編「ひめやかな殉情」までお読みになることをお勧めします。にやにやしてしまうこと請け合いです!

0

才能の代償に欠落しているもの

天才であるがゆえに、絵以外のものに執着心のない慈英。
慈英の視点で話が進むのですが、前半の慈英は茫洋とした印象でした。
他人に対して怒りをあまり感じない。
自分に被害が及ぼさないなら相手を優先する。
‥というのは、他人に期待してないからなんだろうな。

対照的なのが慈英が旅先で出会う刑事、臣。
喜怒哀楽が激しく、くるくる表情が変わる。
慈英は「静」の象徴で、
慈英が憧れる照映も臣も情熱的な「動」の象徴で、
慈英は自分にないものに無意識に惹かれているんじゃないかな。

慈英はほとんど初対面から臣のことを意識していたんだけど、
臣がいつから慈英を恋愛対象に見ていたかは本編ではわかりません。
臣の気持ちは、本編の後に収録されている
「さらさら。」で詳しく書かれています。
こちらは臣視点です。
自身の過去のせいで自己評価の低い臣が
慈英に溺愛されて幸せになればいいなと思います。

0

いざ本気になると。

文庫としての発行はこちらの方が遅いですが、シリーズとしては第一作目。
ずーーっと気になっていた慈英×臣シリーズ、とうとう手を出してしまいました。

いやーーー、分厚い(笑)
やらなければいけないことそっちのけで夢中で読んでしまいました。

天才とも謡われる画家、慈英。
はじめての個展が失敗に終わり、鬱々とした毎日から逃げるようにふらりと傷心旅行へ。
そしてたどり着いた先で、ハンサム刑事(笑)の臣に殺人事件の重要参考人として連行されてしまう。

すべてのパーツが絶妙に配置された奇跡の美貌の持ち主、臣。
一目見て惹かれる慈英。
このとき慈英は、ただ単に『美』に惹かれただけなのかと思っていたけど、実のところ一目惚れだったんじゃないかな、と。

人物画を得意としなかったはずなのに臣を描く手は淀みがなく、執着じみたものを感じます。
いやぁ、人に無関心だった男がいざ本気になるとすごいね!

一方臣といえば、けっこう自虐。
優しさをもらう対価は、自分の体。
差し出せるものはそれしかなく、また相手も自分の体しか興味はない。
心をねだったところで誰も与えてはくれな続きい、と。

まぁ臣の過去からすれば、仕方がないのかもしれません。
親の甘えを知らないまま育ち、そして恋を知らぬまま体が先に快感を覚え、まだ無垢だった心は大人たちに手ひどく塗り替えられてしまった。

だから慈英に迫る臣は色気垂れ流しなのにどこか傷ましげで、チグハグ。

いっそのこと慈英、そこで好きだって言いなさいよ!と何度突っ込んだか。
まぁでもこの二人。似たり寄ったりなんで見事にお互いの思いが空回りです。


臣の自虐思考にウンザリ、という方もいるでしょうが、わたし、どんと来い!派なので。

これからの臣のデレっぷりと慈英の執着っぷりに期待しつつ。
いざ次巻!

3

しみじみと優しい

最初の方、なかなか世界観に入っていけなくて読みづらさを感じていたのですが、慈英が恋を自覚したあたりからどんどん引き込まれていきました。

ほかの作品でも思いましたが、崎谷さんは視点を変える面白さを熟知していると感心します。攻め・受けの視点もそうですが、スピンオフなどで脇からの視点も交えて描くことでキャラが立体的に見えるような気がします。これも、前半の慈英視点と「さらさら」の臣視点で全く違った雰囲気になっていて、(執筆時期の違いもあるのかもしれませんが)やはり面白いなぁと思います。
慈英視点だと、臣の思惑はわかるようでわからずミステリアスだし、臣視点だと慈英がとても大人できれいでしっかりしている。それぞれが違ったものを見ながら互いを大切にしようと不器用にもがく様は、どこかリアルさを感じました。

不器用さだったり愛情を受けることを知らなかったり、抱えているいびつさを描きながら単にドラマチックにするための要素としてでなく、あくまでそれを肯定し励ますような愛のある表現で、だから崎谷作品は暗い設定であってもどこか明るい優しさがあって読後感がやわらかなのかな、とふと思いました。

続き臣は淫乱キャラなんですが、なぜかちょっとままごとぽくて(いい意味で)優しい印象のお話で、しみじみと温かかったです。

2

似た者同士

傷心旅行でふらりと訪れた長野で、慈英はある殺人事件に巻き込まれ、
重要参考人として刑事の臣と出会います。
はじめて顔をあわせるなりケンカ腰の臣。
ところが、華奢で小柄でおそろしく容姿の整った臣に、
慈英は状況も忘れてただ見惚れます。

慈英は、わずか十一歳で叔父の照映に才能を見いだされた、天才画家。
多数の賞に入賞し、異例の早熟な作家として脚光を浴びていました。
ところが、初の個展を、意見の対立した鹿間という業界人に潰されてます。
初めての挫折に鬱屈していた慈英ですが、臣に出会い知らず癒されていきます。
そして臣のために、自分が会った不審者の似顔絵を描いたことで、
慈英は殺人犯に逆恨みされ、臣の目の前で右腕に大怪我を負ってしまいます。
責任を感じてうなだれる臣と、その姿に妙な甘い気分を感じ戸惑う慈英。
臣に誘われるがまま、二人は体を重ねてしまいますが・・・

BL小説なので、殺人事件は前半にあっさり解決します。
しかし、慈英と臣の気鬱は、ここからが本番。

流されるように臣を抱いてしまった慈英は、
自分の臣に対する好意が恋である事にやっと気付きます続きが、
気持ちを確かめ合う前にお互いの身体に溺れたことで、すれ違ってしまいます。
臣に拒絶され失うことを恐れるあまり、本心を伝えられない慈英。
切ないですね・・・本当にその気持ちは痛い程分かります。

このお話は慈英視点で書かれているので、慈英の心の葛藤が中心です。
すごいと思ったのが、慈英が悩みながらも成長していく様がよく書かれていること。
自分の世界でのみ生きてきた天才青年が、挫折し、日常とかけ離れた経験をし、
そして恋をして悩んだ中で、初めて自分自身を見つめて成長していく様が、
本当に上手いと思いました。さすが崎谷はるひ先生!
すべてを受け入れて吹っ切った慈英に、御崎が言った言葉。
「いまのきみだったならば――個展はもしかすると、とうに成功していたかもしれないね」
そして、慈英が御崎に言った「恋を、しました。それから、自分を知りました」
が、印象に残っています。

そして臣ですが・・・
他のレビューにもよく書くのですが、子供時代に親の愛情を受けずに育った人が、
愛に対して不器用な大人になっているのを読むたびに、
親の子供に対する責任の大きさをつくづく感じます。
人にやさしくしてもらうために、気を惹くために、
身体を差し出すしか方法をしらない臣が、哀れでなりません・・・
そのくせに、それがどれだけ淫行であるかも分かっていて、
すべてから目をそらして卑屈になって・・・
「三つ子の魂百まで」と言いますが、与えられるべきものを
与えられずに大人になってしまった人が、変わることは容易くないと思います。
だからどうしても卑屈になることが止められない臣が、不憫です。

攻め様目線のお話が大好物な私には、本当に美味しい一冊でした。
今後の二人に期待大です!!

2

ここから始まる。

慈英×臣シリーズ第1作目です(文庫での刊行順では2番目ですが)。シリーズのスタート地点・2人の出逢いですね。

崎谷さんは、基本的には作家買いもしている好き作家さんです。ただ、すべての作品が好きかと言うとまったくそんなことはなくて、ダメなものも結構あるんです。

トータルでは『半々よりは好きな方が多いかな』という感じ。

実は、崎谷さんを読み始めてかなり経っても『代表作』とも言えるこのシリーズにはなかなか手が伸びませんでした。
とにかく、基本設定に好き要素はひとつも含まれていないんじゃないかというくらいだったので。

年下攻も天才型のキャラクターも淫乱受もH重視過ぎるのも事件(お仕事)ものも、悉く苦手要素なんです。

まあ、あくまでも『苦手』であって、最初から『絶対無理!』なパターン(←たとえば『バッドエンド』とか)というわけではありませんけどね。

それでずっと避けてたんですが、数年前に思い切って読んでみたらこれが結構面白かったんです。

やっぱり、大元の設定は苦手が並んでます。それはもう読む前に危惧してた通りなんですよ。
予想と違っ続きたのは『間違いなく苦手設定なのに意外と楽しんで読めた』ことでした。

でも、実際には本来苦手な基本設定やキャラクター・事件よりもむしろ、慈英の挫折からの苦悩・葛藤を巡るアレコレと、(特に同時収録作『さらさら』での)臣の卑屈さがあまりにもくど過ぎて鬱陶しかったです。

もともと卑屈・自虐・ぐるぐる受そのものは別に苦手でさえないんですが、さすがに度が過ぎてると感じてちょっと参りました。

ただ、設定やキャラクターが特別好みじゃなくても作品としては面白いと思っています。そこはさすがに崎谷さんの上手さなんだろうなあという気はします。

私はH描写は特に求めてないんですが(Hなんて!と嫌悪しているわけではまったくなく、なんというかもう飽きたんです・・・)、崎谷さんのH描写は濃くても量多くても、そのわりには読みやすいと感じます。←でもやっぱり、本音はもっと薄くていいと思ってるんだけど。

それと、慈英が天才型ではありますが、私が天才型が苦手な理由のひとつである『人の話を聞かない・聞く気がない』キャラクターじゃなかったのが大きい。
個人的にこれがものすごくダメなんですよね。悪気のあるなしに関係なく。

超然として所謂一般常識が足りない部分はあったとしても、それを自覚して(できて)いるだけでも違うんですよ。

正直なところ、このシリーズがすごく好きかと訊かれたら困りますが、それでも繰り返し読んでますし新作が出る度に楽しみにして必ず買ってます。
ま~、なんだかんだ言っても結局は好きってことなんでしょう。

評価はすごく迷いました。

単に好みだけで言うなら、前述の通り『堪らなく好き』とは到底言えません。『好き度(?)』で言うなら絶対に『神』ではない。←謂わば『個人的神級お気に入り(本棚の『私の神』)』には入らないな~という感じ。

じゃあ『萌』か『萌×2』か?と考えると、それはどうしても違和感があるんですね。
というわけで、やっぱりこれは『神』だろう、となりました。

2

1日潰れるよ!という勢いの厚さ。しかも満足

え!?もうこんな時間!?一気読みしたらこうなります。速読術が欲しい・・・ついに崎谷先生の
慈英×臣シリーズに突入してしまいました。
なんか楽しみにとっておいちゃったんですよね・・・
しかもドラマCDを先に視聴しようとしたらやっぱり内容しらないとなんか状況がつかめないな・・・
という展開になり、これを機に読むかと。
久しぶりにがっつりエロが読めて満足です!
崎谷先生の受様は恐ろしいくらいに淫乱になりますがそこが潔くていい!
臣さんは襲い受という素晴らしい受様で。
しかも懐見せちゃったらもう甘えっこというドストライクな受様ですよっああ、可愛い・・・
年上受ですし・・・言うことありません。
こんな可愛い受様を焦らしたヘタレ攻様・慈英氏にはこれから臣さんをどんどん
甘やかして頂きたいと思います。
崎谷先生の文章は好きですね~特にイチャイチャの時の括弧の中の台詞。
あれは結構独特ですよね。
せつなさも程よくあり、甘甘になったときのこれでもかの甘甘っぷりが流石です!
刑事なのに男遊びしてて大丈夫だったのかと、臣さんのことが心配になりますが
細かい所は突っ込まず濃厚な続き愛の駆け引きを楽しんで頂けたらいいなと思う作品であります。

2

臣が大好き

この作品との出会いはまだ新装改訂前で、続きが死ぬほど気になった記憶があります。
今は次々続編が発売されていて幸せだ、、、

臣さんのツンデレ?具合が可愛くてせつなくて臣さんの虜になりました。

過去のトラウマから卑屈に自分をおとしめる臣さんがシリーズ通して慈英に愛されることで関係がどんどん深まる流れをぜひ!あまあまです。

2

好き、だな。

主人公が卑屈な感じで傷つきやすい系なのが趣味なので、好きな内容。精神的なSM要素が多ければ多いほど萌える!
内容は8割エロなところも好き。そしてたまに入る涙を誘う人情話も好き。BLじゃなくて普通に小説書いてもこの作者さんはきっと良いんじゃないかと思えます。
シリーズで全部一気に読みました。
欲を言えば、臣も慈英ももっと嫉妬する展開になっちゃえばいいのに・・・ラブラブなHも官能的で素晴らしいけど、もっともっと第三者に相手を取られちゃうんじゃないかと焦る展開が欲しい!と勝手に個人的に思います(笑)

1

もっと読みたい!!

人間関係が下手くそな画家・慈英×親に捨てられた過去を持つ警察官・臣のお話し。

上手く関係を築けず、空回りして傷つく臣くんがめっちゃかわいいです!
↑ ↑
S丸出しでスミマセン…(笑)

蓮川愛先生のイラストと切ない話しが大好きな私にとって、内容もイラストも『神』です(*´∇`*)

続きも出てるので、まだ持ってらっしゃらない方は、是非まとめ読みしてください(^-^ゞ

1

ちょっと苦手

すごく人気があるというので読んだだけに、ちょっと期待が大きすぎたのと、話が長すぎたのと、設定に無理があるというか、ご都合主義というか、すんなり話に入れなかったので、微妙な印象に。

1

センシティブな作品

臣は崎谷作品最強の淫乱誘い受けだと思います。ホント最強です。崎谷作品の中でも特に人気が高い作品。今も続く私の大好きなシリーズです。

この作品は天才画家・秀島慈英(23)×刑事・小山臣(27)のお話。二人はある事件をきっかけに被疑者と刑事として出会います。出会いから別れ、そして再会までが慈英視点。続編の『さらさら』からは臣視点です。
慈英は幼い頃から絵の天才として育ち、芸大を卒業した後も順調な道を歩むかと思われましたが、初めての個展が失敗。なんのために絵を描けばいいのか分からなくなった慈英はフラフラと旅行へ出掛けます。

そこで出会ったのが、ラファエロ前派の絵画に描かれているような信じられないほど美しい顔立ちをした青年・臣でした。
臣は色気垂れ流しの美人です。崎谷作品によく出てくる「普段は清楚だけどベッドでは淫乱になっちゃう受け」ではなく、臣は常に淫乱誘い受け気質。それは過去のトラウマと豊富な経験から来るものだと思います。

で、事件に巻き込まれた慈英は犯人に腕を切られ怪我をしてしまいます。責任を感じた臣はとても落ち込み、慈英をホテルまで送りあらためて謝罪を。しかし慈英続きは笑うばかり。あなたを見ているとなんだか気持ちいいのだと、臣の笑顔や明るさ、そして時折見せる不思議な色気に慈英はすっかり魅せられていました。

そしてこっから!ここからが臣最強伝説。私が臣を最強の誘い受けとするゆえん(笑)
慈英の言葉と笑みに心臓を撃ち抜かれて欲情しちゃった臣。抱きついてベッドに押し倒して身体を擦り寄せます。「なぁ、これ、勃ってる?」とストレートに聞く臣にこっちがくらくら。「気持ちいいこと、しない?俺、本当に上手いよ?」とか鼻血吹きそうでした。

この二人はキスシーンもすっごくいやらしいです。その後のフェラも。「ここでおまえの美味しいの、食べていい?」と超絶技巧を披露する臣が最高。慈英も臣のテクの前では形無し。臣の見せる「慣れ」に嫉妬する慈英もよかったです。

なんかエロしか語ってないですけど、それほど強烈だったんですよ臣という受けが!(´Д`)同人誌になると更にパワーアップします。エロすぎるぞ臣…。
でもでもこのシリーズはエロだけじゃないんです!天才と言われる慈英が抱える歪みや薄暗い執着、臣の幼少期の家庭事情、トラウマ、恋愛遍歴、セックス依存症などセンシティブな問題が多々あったりします。それを乗り越えていく二人の強い絆を感じていただけるといいなと思います。

慈英×臣のシリーズは長い間続いています。巻を追うごとに二人も年齢を重ね、今月の新刊では臣が33歳、慈英が29歳になっていると思います。そんな二人の始まりをぜひ読んでいただきたいです。

4

CDから入りました

ドラマCDがとてもよかったので、原作を購入。
それまで殆ど崎谷はるひさんの本は読んでいなかったので、
まず原作本のブ厚さに吃驚しました。

CDと絡めた感想で恐縮ですが。
臣さんの喘ぎが原作の文章そのまま、
CDで表現されていたことを確認して。
声優さんの匠の技に脱帽です。

東京で個展に失敗した天才画家・慈英が、逃げるように長野へ。
そこで殺人事件に巻き込まれ、地元の美人刑事・臣に出会う。

熱血で、喧嘩っ早くて大食らいで明るくて。
くるくると表情をかえる臣に、知らず知らず惹かれていく慈英。
絵のことで思うところがあり、精神的にやや荒んでいた慈英を、
臣は自覚もないですが救っていくんですよね。
そんな二人の距離感が可愛くて、胸キュンだったのですが。
後半、雰囲気が一転!

明るい元気な刑事の顔から、淫乱に変化した臣へ翻弄される慈英。
セックスすることでしか、人と繋がる術を知らない臣の生い立ち。
お互い相手のことが好きなのに、
肝心なことが伝えられない・伝わらないもどかしさ。
二人の擦れ違いっぷりが痛々しくて、読んでいて辛かったです。

続き
エロと精神的な萌えをガッツリ楽しめた作品で、堪能しました~!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ