oyaji renaissance 2(合同誌)

oyaji renaissance 2(合同誌)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
   
媒体
小説(同人)
サークル
STANDARD〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
100ページ
版型
A5

あらすじ

木原音瀬:ラブ&キャッチ2
名倉和希:黒い悪魔は天使のごとく2
杉原理生:夜には月を見上げて2

表題作oyaji renaissance 2(合同誌)

20代(3作とも)
30歳以上のハゲ(3作とも)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

衝撃のハゲオヤジ受け合同誌その2

木原音瀬・名倉和希・杉原理生によるオヤジ受け本第2弾の2冊目。
主人公についてのお題は1冊目のレビューを参照されたい。

木原氏の『ラブ&キャッチ2』は、やはりもって付き合いに全く乗り気でない若者と、彼に好意を持たれていると勘違いしたために前向きに交際を検討するハゲパンオヤジの噛みあわなさ全開のまま進行する。
前作同様未完だが、オヤジが受けだと気づいている読み手にすれば、今作の結末はなかなかの衝撃と思われる。

名倉氏の『黒い悪魔は天使のごとく2』は、ご本人のコメント「ついに二人はバカップルに」に違わぬ内容。
前作では戸惑うばかりであったハゲデブオヤジがいつしか若者に夢中になっていき、ついに結ばれるまでの話(そう、前回も3作中一番H描写は濃かったものの、実は最後まで行ってはいなかったのである)。

杉原氏の『夜には月を見上げて2』は、ご本人のコメント「苦しい時の攻め視点で」とあるように今回も難産だった模様だが、前作では感情のあまり読めなかった攻めの気持ちがよくわかるとともに、新キャラ(攻めの先輩かつゲイ)の存在により逆に互いの勘違いが明らかになり、おだやかな幸せに向か続きう展開となっている(ハゲだけど)。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ