是 3

是 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神37
  • 萌×210
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
21
得点
265
評価数
64件
平均
4.2 / 5
神率
57.8%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403661334

あらすじ

「寝るぞ、氷見。さっさと脱げ」出会った頃から変わらない、傲慢で滴るような色香を放つ声で、玄間は命じる。氷見は屈辱と欲情に震え、しかし逆らう術を持たない。幼い頃に自分を追い出した亡父が残した紙様&氷見を、息子の玄間が引き継いだ最初の夜から、強引で淫蕩な調教は始まり…。メインキャラクターを一新し、志水ゆきが描く、最も切なく烈しい恋物語!!

表題作是 3

荒々しく傲慢な若き支配者 玄間
先代の遺志を継ぐべくこの世に残った紙様 氷見

その他の収録作品

  • 氷の記憶
  • 獣来りて
  • 愛玩人形
  • 迷子
  • 濡れて、
  • 愛を知る

評価・レビューする

レビュー投稿数21

暴君の純愛

主の身代わりに傷を負う紙様と、言霊使い達とのラブストーリー、第3巻です。3巻と4巻は、玄間と氷見のカップルのお話になります。今回は、親子の根深い確執があったり、紙様の涙の理由が分かったり、シリアスで切ない展開になっています。

玄間は、父親の遺言によって、父親の紙様をもらうことになります。それは、子供の頃から憧れていた氷見で…。
その日から、玄間と氷見の、暴君のような主従関係が始まります。玄間が氷見を愛してるのは分かるんだけど、あまりの暴君ぶりに、氷見が可哀想になります。氷見も、玄間との関係に悩みながらも、一生懸命に玄間を理解しようとするところがいじらしくてキュンとなります。
そして、やっと分かりあえたと思った時の、悲しい別れが切なくて泣けます。今回は、4巻を揃えて読まないと、後悔するような終わり方にヤキモキします。

1

けっこう痛い巻

多分こちらのカップル、一番人気なのではないでしょうか。
鬱憤を抱えた中年の攻めと、美形不幸体質の受け。
確かに美味しい…この美形不幸体質というのがまた!
まあ個人的には『鬱憤を抱えた中年』の方が好みなんですが。

カップル(って言葉はイマイチ似合わない)は、土地転がしのかたわら言霊使いの仕事をする玄間×元は玄間の父親の紙様だった氷見。

や、紙様って湿気るらしいです。
その辺りはすんごいリアルでちょっと笑えました。
シーン自体は笑えませんけどね。
この巻はずーっとシリアスなんですよね。
子供の頃から密かに氷見へ執着していた玄間と、玄間の本心が見えないまま甘い言霊に縛られる氷見。
ラストの事件も起こりそうな伏線がバリバリなのでわかってはいましたが、悲劇。
すごいところで次巻へ続く!となるので、四巻はご用意してからがお勧めです。

2

紙様って脆いんですね。


そして、すごく悲しい。
現実に紙様がいて自分が言霊使いだったとしても、紙様は欲しくないですね。

そんな、苦しんでる紙様を見てるのは辛過ぎます。悲しい思いしたくない。絶対、心が壊れる。

玄間と氷見の関係…見てるだけで辛い。四巻まで続くのかと思うと更に辛い。

ケモノな琴葉が可愛い過ぎた。なんだよ、ケモノって。なついてくれなさそうだけど餌付けしたい。

本当にやるせないと思う巻でした。
でも、そんな暗い感じのお話しが好きだったりする。

0

くるみ味噌大根

紺君がお手伝で作る、くるみ味噌大根が食べたくなり…
読むのを一時中断(笑)
大根切って、煮付けてから…読むのを再開。
紺君のお話が読みたかった私ですが、3巻は玄間と氷見のお話見たいですね。
玄間、言霊使いなんだからもっと言葉に表せ!とか、けどまあ、氷見愛されてんなーと感じました!
あとは、雷蔵が小さい頃に玄間と同じアパートに住んでいたとか、色々と繋がってるんですね。
でも、やっぱり、雷蔵と紺君のカプが好きです。

0

もどかしい二人

 玄間の父、成馬の紙様だった氷見は、成馬が亡くなった今、成馬の息子である玄間の紙様となっています。

 確かに紙様は紙であり、言霊師の痛みを代わりに引き受ける存在だから、乱暴に扱っても問題はないのかも知れません。それでも私はどうしても人間そっくりで、感情もある氷見を乱暴に扱われることに抵抗がありました。

 どんなに玄間が彼のことを好きでも、体が反応しても、氷見の中には成馬がいるような気がして、どこまでもすれ違っていく二人がもどかしかったです。

0

一番人気

今回は是の中でも一番の人気を誇るカップル、玄間×氷見の出会いの物語です。

氷見に執着して、のっけから無理やり犯しまくる様はまさに鬼畜ですね。
怖くて震える氷見がすごく痛々しくて可哀相です。
ちと乱暴すぎやしないかと。
例え下手ですが、まるで傷心中の未亡人を脅して強引に襲いかかるケダモノのように見えなくもない・・・。
不器用だとか愛情表現が下手だとか、そういうレベルを越している気がします。
そんな暴君を愛せてしまう氷見は菩薩か何かかと思いましたね。


3

今更ですが・・・

悪徳不動産屋兼言霊師:八代玄間×紙さま:氷見です。

こう、同じCPをまとめてコミックスにしてくれるのはありがたいですね~。
いや~。氷見が健気すぎて辛いです( ゚ω゚;)

ていうか玄間はひどい奴だ!って思うんですけど、ちゃんと好きだって気持ちが
あったので、まぁ許せる・・・って

思えるかー!!(#゚皿゚)

って思いました。大人気ないにも程があるだろ!
氷見が可哀想ですよ!!そりゃ阿沙利も怒りますって!!

でも段々、氷見も玄間に魅かれていってお互いの気持ちも分かって来たのに
マジで生井コノヤローですね。。。
確かに生井が復讐する気持ちもわかりますけどね。あの玄間の対応はひどい
と思います。

ホントこれ今すぐにでも4巻が読みたくなりますね!(`・д・´)

2

不器用×不器用

ファンタジー食わず嫌いしててごめんなさいと心の底から謝罪する巻。
BLがメジャーになりすぎてて忘れてましたがこれぞ原点。真実の愛を求めて葛藤する、人は試練に直面している時が1番美しい、そして肉体と肉体の語り合いは必須!!
これ以上の話があるかしら、この巻が1番なんじゃないかしら、もう3巻完結でいいんじゃないかしら、なんて思わされた直後に、あのような展開が待ち受けているとは思いもしませんでした。→急いで4巻へ。

2

3巻目

今回は・・・玄間×氷見カップルのみです。

1巻や2巻よりも、時間的にずっと前のお話で、
彰伊と阿沙利が出会ってなかったり、近衛が4歳の琴葉を
しつけている頃、そんな頃のお話となってました。

理由が解るまでは、玄間の乱暴さにちょっと眉をひそめて
しまっていましたが、ちゃ~んと気持ちがあったんですね!
それがちょっとばかり歪んで出てしまっていたというか。
父子の問題が絡んでおりました。

お話としては、この巻だけで終わっていなくて続きがあります!

1

紙様の定期検診

紙様の定期検診、健康診断からお話がはじまりまーす。

近衛と琴葉かな?と近衛がおっさんになってると思ったら今回メインは玄間×氷見でした。
琴葉があんな大人なわけなかった(笑)

健康診断でやってきた玄間にアサリが敵意むき出しで話しかけてきます。
ん〜玄間は元々悪どい不動産業や紙様を使ったお仕事してるから嫌われてるのかな?と思いきや

玄間と氷見の出会い〜のお話へ繋がっていきます。
玄間の父がなくなり跡を次ぐことになったことで出会う2人ですが、乱暴なうえ、父とは違い体を要求してくる玄 間に戸惑う氷見。

嫌われてる、憎まれてる、だからこんな痴態をさらさせるんだとなげく氷見。
たしかにそーとしか見えん!!
2人の始まりから終わりそして巡る想いな一冊です。

主人公なはずの雷太がちょびっつでてきます(笑)
あれ、、、これはみんなが主人公なのかな?
ラスト読んだら即四巻が欲しくなるよ!キーッ

1

好きCP

私が一番好きなカップルである玄間×氷見編。間違いなく神評価です。
何度読んでも、ラストの氷見の表情で泣いてしまう。美しいです。

改めて読むと、3巻はエロいですね。こんなに濡れ場率高かったっけ?特に前半は氷見が可哀想なくらい無理やりヤラレちゃってます。ってか玄間、あんた酷い男だよ。好きw
生井先生は気の毒だけどね。右手を折られる描写はうぎゃあってなります。
おやじ萌えだけど、玄間は若い頃のがかっこいい。

あと邪道ですが、阿沙利様×玄間とかあったら萌える(笑)

1

是のカップルの中ではこのカップルが一番好きだ。

限りなくオレオレ俺様な玄間と、はかなげな美形紙・氷見、
小生はこのカップルが一番好きだーーーーーーーーーーー!!!
とちるちるの中で叫ぶ。

この「玄間×氷見」編、しょっぱなから特濃エロスです!

それでなくとも、和風美人な氷見の色気にやられます。
玄間に「脱げ」と命じられて、羞恥に震えながら服を脱ぐ氷見がたまらん…!
羞恥プレイが好きな方にもオススメです。

玄間の強引で命令口調、容赦ない俺様っぷりもいい。
父から譲り受けた、というのも背徳感あってよろしい。

体だけが目的のように見える玄間に当惑する氷見ですが、
次第に情熱的な玄間に惹かれていきます。
そして、最後は身を呈して玄間を守る!
泣けるーーーーー!

4巻に続くので、買うときは3巻4巻セットでね♪

2

やっぱりラブストーリー

1.2巻で名前だけ出てきていた「玄間」がようやく出てきましたね。今回はこの玄間と玄間の紙様「氷見」(玄間のお父さんである三刀成間の元紙様)の出会いと関係性についての話のようです。

3巻でガラッと話の雰囲気が変わったように感じますが、やはり言霊と紙様のラブストーリーですね。紺君に無茶な仕事させたり、悪徳不動産やってたりと、かなり乱暴なイメージのある人で、、紙様の氷見にも乱暴な事ばかりやっちゃってますが、愛情の裏返しと言うかなんというか…。読めば読むほど今回もどんどん続きが気になっちゃう感じです。

所々で見知った登場人物が出てきたり、なんと幼い頃の雷蔵とお父さんが出て来ちゃったりで…雷蔵が三刀家に住むことになったキッカケもこの辺りからきてるのかな?と思いました。ただこの辺りもまだ3巻では多くは語られていません。
3巻最後で紙様の氷見が突然消えちゃって、え?どういう事?!って終わり方なんで、かなり続きが気になってます。

2

みんなには、ヴァレヴァレだよ(笑)

玄間×氷見のカップリングいいですね。絡みもいい。
「悪いと思ってるならやらせろよ」すごい”言霊使い”です。
玄間さんが、いちいち不器用でオレオレなところが好ましいです。

全体的に背景は、シリアスなんですけど読んでるほうとしては、
玄間さん・・・気持ち”ヴァレヴァレだよ”状態ですし
氷見さんは押され、流され、「アーレー」な性格ですが、
お前さんから手を出していたのかい(笑)とツッコミを入れたくなったり
微笑ましいです。

それにしても、気持ちを確かめ合うところは王道過ぎて、
見ていて少し恥ずかしいです+。:.゚ (ノ>∀<)ノ゚.:。+゚

過去編なので、氷見は大丈夫ということが分かっていても
ラストは、完全にCMに入る前のようになっていますので
三巻までと、区切って買うことは、お勧めしない。

2

玄間と氷見の話が一番好きでした。

『是』がこんなに面白いとは…、読み出したら止まらなくなり続きが読みたいと本屋へ直行。
ネット通販が待てませんでした。
もう、それだけの価値のある一冊です。

1・2巻では笑いあり、ほろっとさせられたりで面白いなあと思うだけでしたが、この巻になりぐっとシリアスな展開に。
裸率高いのですがそれがいい方向に向いていて、玄間の不器用な人間性をありありと示してくれます。

氷見の抱える事情も切ないし、玄間の育ってきた環境も辛く苦しいことが多いいし、二人がやっと思いを通わせてこれからって時にあのラスト!
もう、玄間のあの顔!あの目!
志水さん、さすがです…。
不器用なくせに強がる男が見せたあのなんともいえない表情。
もう絶対に4巻は大変なことになっているのでしょう。
だって、紙様が白紙になる時は過去の記憶をもすべてなくなってしまうのですから。

玄間×氷見編、予定調和にならない展開に私の心は奪われました。

3

氷見に何に捕らわれているのか・・・父親の亡霊に捕らわれているのか・・・恋なのか・・・

玄間×氷見編は、壮絶な執着愛。
父親の紙様だった氷見を、受け継いだ玄間。
玄間の父親は、氷見に魅了され家族を愛せなくなってしまった言霊師。
そんな父親を嫌悪し、その元凶の氷見に父親同様
強烈に惹かれていくわけですが・・・

凶悪な愛情表現をする玄間は
わたしにはすごく小さな子供のように思えて
氷見の愛情を得たいのもあると思うのですが
父親の愛情さえも氷見から得ようとしているような
酷く愛に飢えているように見えて。
壮絶な万年思春期のようなおっさん玄間w

次巻へつづくラストは、すごく美しく悲しいのですが
善悪がね・・・どうも見えない。
このシリーズときどき善悪が本当に見えない。
お医者さんも悪いが殺されるほど悪いかってところが私には疑問ですよ。

2

3巻が一番好き

是の中では3巻の玄間×氷見編が一番好きですね。
氷見が玄間に逆らえず抱かれているのがすごく萌えますw
氷見がフェラしてるとき玄間に乳首つままれて「っあ…!」ってなるシーンが一番好きです(笑)

ストーリーは切なかったですね。
氷見がとても健気で、玄間はすごい野性的で。
氷見が無理矢理何度も抱かれて震えてるのがちょっと可哀想だった。
玄間はすごく強引ですねw
最後は衝撃的でしたね。と、同時に泣きそうになりました。
氷見は自らで玄間を守って…(´;ω;`)
最後まで氷見の健気さに泣けます。

3

この終わり方は…

メインカップルが交代しての三巻。
ゲラゲラ笑える前作とはまったく違うシリアス展開でした。
志水ゆきさんは、ギャグもシリアスも、どっちも上手いですねぇ。

この巻の最後の数ページ、ブワッと鳥肌が立ちました。氷見を抱きしめた形のままで「………え…?」と呟く玄間の表情がヤバイ。
水城せとなさんなら、たぶんおそらく、いや、絶対間違いなく、ここで話を終わらせてるぞ。
悲劇好きな私としては、ここで終わらせても全然okだなと鬼畜なことを思いましたw

4

切なくて激しい恋

メインカップル入れ替えで、(言霊師)×氷見(紙様)のお話。
16年前の過去編が中心になっています。

自分と母を捨てた亡き父の紙様だった氷見を貰い受けた玄間は、
強引に彼を犯し、毎晩のように無理やり抱き続けます。
初めて見た時から、氷見が欲しかったという玄間ですが
愛情表現がうまくできず、ついつい彼を乱暴に扱ってしまいます。
それに対して、それまでの主人とは、全く違う態度をとる玄間に戸惑い
彼の真意が理解できず悩む氷見。

玄間と氷見のすれ違う感情が切なくてもどかしい…。
徐々に気持ちを通わせていく二人ですが、物語のラストでは
事件が起こり、玄間と氷見の身に危機が…。
お、思わず泣いてしまいました。こんなところで続くだなんてぇっ!

今回のお話は、シリアス度が高めでエロもたっぷり。
野性味溢れる玄間と清楚な氷見の組み合わせが良いです。

ものすごく気になるところで、終わっているので、
4巻とあわせて読むことをお薦めします。

6

カプ変更

玄間~なお話。
正直「おだやかじゃねぇなぁ」という感じがするつくりになっております。
決してあかるいお話じゃない。
「なぜ?」「どうして?」
乱暴で、強引で淫らで。
どうして・・・と思うほどの執着の中にある何か・・・という感じですか。
4巻に続く~なので、もやっとしたもんを残したまま次へ。
これ、続編があったから良かったものの、リアルタイムで読んでたら発狂してたね私。
キャラ的にはそんなに執着ないんですが、話のつくりの巧さで、ひきつけられるのは雷蔵ちゃん以上かな。

2

氷見×玄間

このシリーズでイチオシのカプです。暴君と佳人(紙様)
元は玄間の父親の神様だった、氷見は玄間の父親の遺言を守る為、屋敷と共に息子・玄間の名義に。
愛情表現が下手な玄間は、本当は一目惚れして好きなのに、氷見に対して傲岸不遜な乱暴な態度をとってしまう不器用な男・玄間と案外したたかだけど、意外と天然誘い受な氷見のボケぶりが魅力。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ