まだ恋とは知らずに

まだ恋とは知らずに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
63
評価数
15件
平均
4.3 / 5
神率
53.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283879

あらすじ

世情が騒がしい幕末の江戸。
天涯孤独の少年・島村朱里は生きるために追いはぎ家業に身を落していた。
神社に潜み獲物を狙う朱里は大身の旗本・本田宗則に夜陰にまぎれ追いかかったが・・・。

表題作まだ恋とは知らずに

大身の旗本・宗則
天涯孤独の少年・朱里

その他の収録作品

  • もう愛しか知らない(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

幕末の純愛

舞台は幕末の江戸です。天涯孤独な少年と旗本の若様との、激動の時代に燃え上がる身分違いな恋のお話です。
この作品は切ないけど、ちゃんとハッピーエンドで終わるので好きです。
でも、最初の方にレイプシーンがあって、その部分を読む時は胸が苦しくなります。だって、一生懸命に生きてるコに8人がかりでなんて…。水上シンさんは容赦ないですね(泣)

お話は、生きるために追いはぎ家業をしていた少年の朱里が、自分よりも強い宗則に出会って、生き方を変える…というものです。
二人が一緒に暮らすまでには、レイプされる事件があったり。一緒に暮らすようになってからも、新政府軍との戦のために離れ離れになったり。
二人で過ごす幸せな時間は短くて。
本当の愛を知って、侍としてよりも愛のために生きたい、ずっと一緒にいたいと心から願う朱里に、涙が出ます。

最後に、偶然再会できたのは本当に良かったです。離れたままで終わったら立ち直れないと思うので…。
読んでて辛い場面もあるけど、二人の一途な純愛にキュンキュンする1冊です。

2

健気男前受

水上さんの独自のタッチが時代劇に馴染んでます。
朱里[受]は侍の子供ですが天涯孤独で人を襲ってはそれで食いつないでる荒んだ日々。
そんな中で出会った身分の高い旗本の宗則[攻]
長屋住まいへと拾い上げてもらうのですが刀の腕はそれなりにあるのにむしろそれが反感を買い、その容姿から陵辱され汚される朱里。
結局朱里を放っておけない宗則は朱里を小姓として迎えます。
最初は綺麗に着飾るのにもつっぱねて礼儀も成っていない朱里が、先輩小姓の実力を知って気持ちを入れ替えて着飾りお出迎えするシーンは朱里の健気さと実直さが出ていてなかなかいいです。
そして色々あって上に仕えるのを信条とする宗則は命を落とすと分かっている戦に出ようとするのを、朱里が薬を盛って妨害し代りに己が出陣します。
時代は変わり、人々が洋装へと変わった生活の中、2人の再会が切ない。
しかし朱里は健気受から妖艶受に変わっていてしたたかにというかさてこれからこの2人の関係はどう変わって行くのかという余韻までついてよくまとまってました。
絵柄が独自なので好き嫌いはある作家さんだろうなーとは思いますが自分的にはこういう耽美までは続き行かないんだけど味のある作家さんは嫌いじゃないです。

1

やっぱり切ない幕末もの

ちょっと古い?タッチの絵が時代背景に合ってます。
残念だったのは、全体的に画面が暗い感じだったのと、
あと背景をもう少し頑張って欲しかったです…。

新選組が好きな私は、これは新選組ものじゃないからと
安心して読み始めたんですが、行き着くところは同じか…。

後半のお目々キラキラより、前半のとんがった感じの方が好みではある。

武士の誇りとかそんなんどうだっていいから
生きてくれ!と願う心がただただ切ない。

他にも軍服モノや現代モノも描いてる作家さんみたいなので、他の作品も読んでみたい。

0

初読みで大好きに

お話と絵柄の色っぽさが非常にあっていて、つい“耽美”という単語を思い浮かべてしまいました。

武士の子だった朱里ですが、いまでは追いはぎとなり、襲った旗本の宗則に足軽として取り立ててもらうものの、仲間や上司に輪姦・強姦されちゃいます。
切腹しようにも作法を知らない朱里。
そして、いつしか色っぽく変わった朱里を小姓としてそばに置くようになります。
宗則の屋敷にやって来ると、そこには先の将軍の寵愛を受けたという宗則の親戚の美青年・晴秋がいました。この晴秋に、小姓としての勤めを一から教わるのですが、小姓とは陰間に非ず、誠の侍にしかつとまらぬ大役だと諭され、宗則のそばで一生小姓として添い遂げる決心が、やっとつくんです。

それからは、想い想われのふたりの幸せそうな笑顔。一生守ってやると宗則に言われ、また宗則のために何でも捧げると誓う朱里。
そして、愛されること、生きること、死ぬことの意味を改めて教えられ、人として成長していく朱里。
また宗則も、朱里と一緒にいることで、今までとは違った経験をしているんじゃないでしょうか。分別のある大人として朱里に接していますが、まだ子供だと思っ続きていた朱里の思いがけない色気に戸惑ってみたり、手を出していいものかどうか悩んだり、照れたり……。ちょっと可愛かったりしました。

こんな幸せもそう長くは続きません。幕末から明治にかけての、時代のうねりに巻き込まれていくんです。
新政府軍との戦いを前に、死ぬ覚悟を決めていた宗則ですが、絶対に行くなと泣く朱里。それでも水杯を交わし、最後の夜を迎えたふたり。ですが、宗則に一服盛り、時間が来ても目覚めさせず、宗則の名代として戦場へ向かう朱里。そこで見た地獄絵図。そして、朱里も敵の鉄砲の弾を受け……。

ぎゃ~~~、このまま悲恋で終わるの~~~?! とハッピーエンド好きの私は悲鳴を上げましたが、ご安心を。ちゃんとハッピーエンドが用意されています。
「宗則先生、朱里先生」と、子供たちから呼ばれていたふたりが幸せそうだったので、私も思わずにっこりでした。

2

幕末もの。今回も心臓痛かった。゜(゜´Д`゜)゜。
神社にお参りするお侍。そこを襲ったのはまだ若い少年だった。
少年は、侍の子。しかし両親を失い宛ても無く。
そんな2人が番うまでを描いた作品。
この手の作品を欠かしたら水上先生以上の人は居ないと思われ・・。

表情、表現。そして時代的な雰囲気。どれも好き。
路頭に迷う朱里を、足軽として取立て、長屋に住まわせる。
しかし8人の男に輪姦・・・・その上司にも強姦される。
侍の子というプライドをもってして、の表情もろもろ涙をそそります。
個人的には、この水上先生の凌辱的な暴力シーン。嫌いじゃないんですけどね。
苦手な方はご注意たいだきたい。
しかし、なんだ。男に抱かれて匂いたつ色香というのは良いですね。
なんと言うか・・・なんというかwwはぁはぁ

その後、朱里は、本田さまのお屋敷に召されることになり
そこからは甘い~なお話。(まぁ現実あまくはないんだけど)
どんどんと惹かれ、尽くしたいと思うようになっていく様子がかわいいです。
私としては、しょっぱなの負けん気のあるときの雰囲気の方がすきなんですけどね。いく続きら囲われ~に成ったとしてもしおらしくしすぎたら面白くないというか。

戦場へ向かう朱里。そして~・・・
ここのシーンは鬼気迫るものがありました。
だろうな~という結末ではあったものの、幸せそうな2人がみれて幸せ。
久しぶりにほかの作品も読み返したくなりました。

1

幕末・切ない系です

幕末の政治不安の頃、旗本の宗則は神社にお参りをしようと一人で足を向ける。
そこで追いはぎにあい、ねじ伏せてみると神社をねぐらにしていたまだ少年の朱里であった。
何となく朱里が気になってその神社に通い詰めるうちに、宗則の家で下級武士としての生活を与える事に。
宗則のため、と頑張る朱里だったが、周囲の目は冷たく――。


幕末の江戸のお話です。
元は下級武士の子だった朱里は、家も金もなくなっても気位は高く、そして剣の腕も抜群です。
そんな所に宗則も惹かれて行くのですが、宗則に目をかけられている事を面白く思わない家の武士たちに犯されてしまい、中々二人ともふんぎりがつかず、そんなじれったい所も良いと思います。

それでもようやく二人が結ばれた頃、大政奉還が行なわれ、宗則は彰義隊に入る事に。
朱里は死なせたくない、と宗則は家で大人しくしているように言いつけますが、朱里も宗則に何か危険でもあったら、と後を付け、結果的に宗則の命を救います。
愛した人のため、健気に尽くす朱里も可愛いのですが、宗則の「大事な人間を危険から遠ざけたい」という気持ちもよく分かります。
そんなお互い続きの、お互いを大切に思う気持ちが絡みあって、最後は複雑に歴史の波に飲み込まれていくのですが――。

歴史の流れで言うと、彰義隊は全滅するので、このまま死に別れかと思いきや、最後はやはりハッピーエンドで。
とても健気で、且つ精神的に美しいな、と思った作品でした。
(個人的に幕末ものが好きなだけだからかもしれませんが(^^;)

描き下ろしの「もう愛しか知らない」は、その後の話になっています。

個人的に、この著者の作品を改めて最初から読み返す切っ掛けになった1冊ですので、私的神作品とさせて頂きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ