エス、ファン待望の第三弾、いよいよ登場!!

エス 裂罅

s rekka

エス 裂罅
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神30
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
203
評価数
47件
平均
4.4 / 5
神率
63.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011200

あらすじ

警視庁の刑事・椎葉は、ある夜エスとのいきすぎた関係の危険性を義兄の篠塚に指摘される。その一方で、拳銃の密売人の情報を持つ謎の青年・クロと出逢う。大きな歯車がついに回り始めた!?

表題作エス 裂罅

宗近 エス(スパイ)
椎葉 刑事

評価・レビューする

レビュー投稿数7

一難去ってまた一難

エス3作目

永倉の死をいまだ消化しきれていない椎葉。
それでも刑事として自分の職務を全うしなければと進み続けます。
その必死の思いと椎葉の抱える闇が、まるで危険を引き寄せているかのように新たな試練が立ち塞がります。

クロという名で椎葉に拳銃のネタをちらつかせるチンピラ。
椎葉は彼の本当の姿を知らぬまま、情報欲しさに彼の指示する場所へ出向いてしまいます。そこで待ち構えていた五堂とは何者なのか。

五堂と宗近の関係。
クロと宗近の関係。

んー本当に読んでいて引き込まれます。
椎葉と宗近がどうなってしまうのか目が離せません。

0

ここで終わりかっ!

シリーズ3作目。未完です。これは4作目とセットですね。
途中でやめられるはずがないほど面白いので迷わずセット買いをおすすめです。

引き続き切なく惹かれ会う椎葉と宗近の愛に萌えました。しかし仕事上の絶対の関係がふたりを別ちがたくするも恋情を禁じる、そのしがらみは相変わらず。

2作目までで、宗近の過去に対する伏線はいくつか出てきていたのですが、この辺りで少しずつ攻め様の生い立ちにもスポットライトが。
”クロ”なるキーパーソンも登場です。

一方、宗近と同じぐらいの迫力を持つ五堂が出てきます。椎葉のトラウマに関わる重要人物。しかも、宗近と過去に一緒にいた時期があるらしい。五堂はどうやら宗近に恨みを持っているようで、二人を苦しめ、果ては命までー

重要な決意をした椎葉は、けがをして入院した宗近に別れをつげ、五堂のもとへ赴く。
ここで終わるのぉ!?いや、ページ数おさまらなかったのだとはおもうのだけど、一番いいところで3作目は終わり。連続ドラマのように続きが気になりすぎるラストでした。

二人の体を絡ませるシーンも官能的でした。
4作目へGoです。

1

3作目

今回は、椎葉のエスである宗近の弟周辺についてのお話が主でした。

今までのところで、ちょこちょこと出て来て気になっていた
宗近兄弟の過去や生い立ちのようなものがハッキリとしてきて、
それによって各個人の “今” も
「それでコンナなのか~」納得できるような内容でした。
いろいろな主要人物が出て来て、今までよりも
結構複雑になってた気がします。

前作の終わりくらいから、椎葉が常に葛藤をしてますね。
本当は宗近を好きだけど、そうあってはイケナイと苦しんでいます。
それがもう読んでいるこちら側も苦しくなってきて、
「もういいじゃないかっ!」と叫びたくなりました(笑)

1

過去がせつない

1作目の感想?にも書いたけど椎葉、うかつすぎる。
ホントに命がいくつあっても足りない。
宗近はスーパーマンじゃないぞ(笑)
しかし、どうやら篠塚はスーパーマンらしいのでそちらに期待。
それぞれが過去の悲しみにとらわれすぎていて切ない。
しかし、東明くん、君それで組長なんて務まるのかい?
ちょっと非現実的な宗近の弟にびっくり。
五堂の壊れっぷりも凄まじい。
たぶん、拳銃を作っている吉澤とその孫の紀里。
宗近が凶弾に倒れ、監察の手が椎葉に伸びたところで続く。
スーパー義兄篠塚は間に合うのか・・・続きを読まなくちゃ。

0

暗ーいよ

今回もまたまたすごいですね。この全体的に暗い感じが好きです。
新キャラ、クロがいろいろとやらかしますね~密売銃と関係があるだろうトモという人物をクロが探して椎葉に情報を与える代わりに、椎葉の乳首にピアスをつけるという変な交渉をしました。

何かと今回は蝶が絡んでいるようです。表紙にもうっすら描かれてある通り、
片方の羽がない蝶が実に印象的でした。
クロに薬を打たれて、幻覚が見える椎葉がかわいそうでした。
由佳里が死ぬ前のような昔のことと蝶がリアルに書かれており、こっちも苦しくなりました。椎葉の涙がすごく切ないです・・・・・
それから五堂の前で宗近とセックスをしないといけないという椎葉にとってはすごく辛いことがあったりと椎葉は精神的に大丈夫なんでしょうか?といったところです。
椎葉だけではなく、全体的にみなさん暗いなー元気で明るいキャラが存在しないという・・・

宗近と椎葉の恋はどうなったかというと、けっこう近づいたようですよ!
椎葉が本当の気持ちを認めたところで、かなりの進歩ですよね。
でも普通の恋人たちのようにはできないところを気にしてそれ以上は進めないという続きのは切ない・・・・・もうちょっと甘くなればいいのに~

話的には今回もしっかりしていて、満足です!


0

この引きはヤバイ

大物ヤクザでありながら刑事である椎葉のエス(スパイ)として働く宗近。
二人はお互いの感情に気づきながらも、お互いの立ち位置を逸脱しないことを選んだ。
しかし、そんなある日椎葉の前にあらわれたクロと名乗る謎の青年。
少しずつ転がりだしていく運命の歯車は……

登場人物一人一人が抱えている歪みと愛情。
そのコントラストが鮮烈で、なんとも切ない。
そんな3巻です。

お互いの気持ちと周りの状況に少しずつ身動きがとれなくなっていく椎葉と宗近の関係性は要チェック。
しかし今回椎葉は大変な目にあってますね。

愛情や罪悪感や……みんなが何かに囚われている。

今までもさりげなく存在を主張していた椎葉の義兄で警視正の篠塚が大活躍です。
お兄ちゃんかっこいいな!!

それにしても英田さん。
前にDEADLOCKシリーズを読んだときもそうでしたが……
ラストの引きはヤバイです。
リアルタイムに読んでいたらきっと気になって色々手に付かなかったことでしょう。
皆さま、エス後半は三巻と四巻をそろえてから読み始める事をオススメします!!

0

シリーズ三作目

エスシリーズの三作目です。
ハードボイルドなタッチで描かれた、ダークなストーリーです。
主人公は、特殊任務についてる警察官の椎葉。クールビューティな受です。
攻は、エス(スパイ)となって椎葉に協力している宗近。懐のデカい大物ヤクザです。

今回、宗近の過去が明らかになり、宗近の弟やら敵対組織のトップやらといった新しい登場人物も登場して、キナ臭さが増してます。
これほんまにBLですか?と言いたくなるような陰鬱でハードな展開は、王道を離れた英田サキの趣味と本領発揮といったところでしょうか。

正直いうと、一巻目と二巻目のほうが面白かったですねー。
でも満足です。英田サキさん好きっす。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ