その手に夢、この胸に光<右手にメス、左手に花束 5>

sonote ni yume konomune ni hikari

その手に夢、この胸に光<右手にメス、左手に花束 5>
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
6件
平均
4.5 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576060262

あらすじ

帰国してそれぞれの元職場に復帰した江南と篤臣。消化器外科では教授選の真っ最中で、江南は劣勢といわれる小田を支持する。江南の将来にも関わる選択だけに、やきもきしながら見守る篤臣だが…。日本で、医者としての仕事を再開した二人が早々に巻き込まれる白い巨塔の権力抗争。江南は大学を追われてしまうのか――?

表題作その手に夢、この胸に光<右手にメス、左手に花束 5>

江南耕介 消化器外科医師
永福篤臣 法医学教室助手

その他の収録作品

  • 夏祭り

評価・レビューする

レビュー投稿数2

『メス花』シリーズ5作目。

2巻ぶりに帰国して(冒頭はまだシアトルですが)、やっと医者もの復活ですね。

内容としては、いやぁ・・・『白い巨塔』的な?江南(攻)が日本の大学病院で所属する医局の教授選です。

椹野さんだし、ハッピーエンドは間違いないのは最初からわかっていましたが、こういう決着とはね~、リアリティがあり過ぎるような、ファンタジーのような。

しっかしこの2人はナチュラルに夫婦ですね。しかも新婚なのに、特に篤臣(受)にもうすでに貫禄さえ感じる・・・

表題作(教授選その他)が結構スリリングな流れだったのに対し(いや、メインの2人は相変わらずなんですが)、短編はほのぼの夫婦もの。2人で篤臣の実家のマンションの夏祭りの手伝いに行き、こき使われるんですね。
そして、江南のアホ化がますます加速してます。1巻のお前はなんだったんだ!

しかし、このシリーズもうH描写はなくてもいいとさえ思います、私は。らぶらぶいちゃいちゃしてるだけでもう十分というか、会話だけでもうムズムズして来ます。むしろあんまり生々しいシーン見たくないよ、って感じなんですよね。ほのぼのしてるところがいいと思う続きからかなあ。

あとは、脇で出てる楢崎先生。『いばきょー』『まんちー』のあとで読み返すと、『誰これ・・・この後数年で、ちーにいったい何が!?』と遠い目になってしまいました。

シリーズのここまででは、この巻がいちばん好きかな。
でもやっぱり江南を受け入れきれない私。読みながら、無意識にヤツの粗探ししてる気がします。このシリーズ、どうしてもCPの始まりが(個人的な苦手から)引っかかって仕方ないんですよ。

0

帰還編。そして楢崎先生登場

ついに留学を終え日本に帰ってきた二人。
元の職場である消化器外科に戻ってきた江南を待ち受けていたのは教授選だった。
自分の信念を追い求める江南が指示するのは圧倒的不利と評判の小田講師。
もし小田が負ければ江南の医者としての未来を棒に振ることになりかねない。
江南のために自分を支持するのをやめるように行って欲しいと小田に言われた篤臣だったが……

誰に何を言われようと自分の信念を貫く江南と、それがどんな結果になるかわかっていても江南の信念を応援しちゃう良い嫁篤臣です。
ほんと良い夫婦だなあこの二人。
BL界でもこれほど夫婦という言葉が似合う二人も珍しい。

さりげなく楢崎先生初登場の回ですが……
誰このさわやかで余裕ぶったメガネはっ?!と目玉が飛び出るほど驚きました。
茨木さん~やまんちーシリーズと別人すぎて吹いた。
外面良すぎです。先生!!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ