ウブ 2

ウブ 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832283909

あらすじ

ホストクラブオーナーとしてスタートを切った新川が手放したものは大きかった。奇跡だとまで思った恋人鷹秋との関係は、もはや修復不可能に見えた。一方鷹秋が面倒を見ていた岩城の甥・知臣がようやく巣立つというその時、苛酷な事件が鷹秋を襲う。
歌舞伎町No.1ホストたちの伝説の恋「男が男を愛する時」シリーズ、最後の恋人同士のラブシーンを加筆し、ここに完結。

表題作ウブ 2

後輩ホスト・新川貴明
新宿ナンバーワンホスト・鷹秋亮

評価・レビューする

レビュー投稿数2

全力で走ってきた男たちの物語。

 10年続いたシリーズの最終巻。今度こそ本当の最後です。
 ずっと岩城派だった私には新川の魅力はイマイチ伝わらないのですが、最初のころに比べると、とても格好よくなりました!見た目もね。それでもどんでん返しで鷹秋と岩城がくっついてくれないかなーと期待してここまで来ました。
 この最終巻、岩城がとても格好いいです!鷹秋と岩城のシーンが大好きです。『ウブ』では岩城とのベッドシーンは無いのですが、シリーズ通して、岩城とのベッドシーンが一番好きです。新川とのHは物足りない!

 あとがきで新田先生が書かれている「この先は想像して」という言葉を受け取って、自分なりの物語を何度も想像しました。
 新田先生の描く男同士は、恋にも仕事にも真摯な姿が最大の魅力です。熱い男同士を求める人に、全力でお勧めします!

1

ホントの最終章

読み応えのあるシリーズでした。
もし読むなら、シリーズの一番最初から読んでもらいたいなァと思います。

冒頭いきなり、新川と鷹秋が別れちゃってました。
波乱があるだろうなとは思ってたけど、BLのセオリーだとなかなかここまで思い切った展開には持っていかないから、新鮮ですねw
最後にはおさまるところにおさまって大円団でした。

登場人物に一言ずつ。
鷹秋→ぶっちゃけシリーズ初期の、女王様として君臨し、適当に男を食い散らかしてた鷹秋のほうが好きだったりしますw
新川→やっぱ私、この子のことがいちばん好きです。ホント良かったね。
岩城→ラスト残念…。
剣崎→可哀想すぎる。
石井→影が薄すぎる。
知臣→特に言うことはないやw
漆〇→結局あなたは何処へ…?

登場人物を一人一人思い返してみると、やっぱこのシリーズはすべて「鷹秋」という男のためのシリーズだったんだなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ