熱情のきずあと

netsujou no kizuato

熱情のきずあと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784877245214

あらすじ

外科医の千晶は、弁護士となった以前の恋人・実承と再開する。
15年前、実承の将来のために千晶は、実承を裏切るように見せかけてその恋をあきらめた。
終わった恋だと思っていたのに、彼は変わらぬ熱を持った瞳で千晶を見る。
「やめてくれ。
あなたを好きだったことなんて、一度もないんだから!」心にもない言葉で再び実承を傷つける千晶だが、実承は力強く抱きしめ、噛み付くようなキスを与えてくる。
切なく激しい熱情が再びふたりをさらって…。

表題作熱情のきずあと

一時期受様の義兄として暮らした弁護士・樋川実承
勤務先の総合病院の理事と暮らす胸部外科医・藤本千晶

その他の収録作品

  • あとがき(柊平ハルモ)
  • あとがき(緋色れーいち)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

15年も・・・

『背徳のくちづけ』のリンク作。前作の攻・隆一の勤務先(弁護士事務所)の同僚というか所長の息子がメイン(攻)。

義理の兄弟ものです。前作もそうでしたが、扱っている内容はまったく違うものの、こちらも王道一直線。そして健気受。
私は前作はかなり好きなんですが、こちらはそれほどでもないですね。決してキライではないんですが、ここまで(15年も!)引っ張るほどかなあ、というあたりでちょっと・・・

実承(攻)は、一時義理の弟だった千晶(受)と恋をしますが、実承の父(千晶の義父)に2人の仲がバレてしまって、千晶は実承を裏切る形で身を引きます。父の知人である総合病院の理事・雅彦が、千晶を引き取りたいと言い、それを受けて千晶は彼の元に行くんですね。

そして15年後、再会した実承は千晶を変わらず熱い目で見るんです。かつて身を引いたことを知られないように、当時と同じ『実承より雅彦の方がメリットがあるから』という理由を押し通し、露悪的に振る舞う千晶と、それに傷つく実承。

15年前は、2人ともまだ高校生だったのでわからなくはないんですが(もうひとつ、別の理由もあったんですけどね)、千晶が続き一方的に身を引く前に、やっぱり『恋人』としてもう少しお互いに意思の疎通があれば、15年も無駄にせずに済んだんじゃ・・・と実も蓋もないことを考えてしまうんですよ。

あと、雅彦の立ち位置がなんとも可哀想というか・・・『下心があるから引き取った』と言い、15年手を出すこともなく大事に見守って来たのに、というか、もうすでにそれは家族愛になってるんじゃないの?、と思わなくもないです。雅彦視点で見たら、何とも悲惨ですね。当て馬の宿命と言えばそれまでなんですが。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ