子どもの時間 

子どもの時間 
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403521294

あらすじ

十六歳にして母を亡くした結のもとへ、ある日「母親のオトコ」がやってきた。円堂と名乗った彼は、焼香を済ますとさっさと消えようとする。その円堂の車に結が乗り込んだことから、理由も行き先も日程さえも定まらぬ、二人だけの初夏の旅が始まった……。知りたいこと、訊きたいことはいくつもある。でも、欲しいのはたった一人の好きなひとの心と、早く大人になる方法――。恋に出会えるセンチメンタルジャーニー!!

表題作子どもの時間 

円堂 主人公(結)の亡き母親の元カレを名乗る男
結 高校生→大学生

その他の収録作品

  • オトナの場合

評価・レビューする

レビュー投稿数1

センチメンタルジャーニー

いやー、なかなかいいお話でした。
主人公の受けの積極的な性格が好きで、気持ちよく読み進めることができました。
読後感が最高でした。

母親が死に、天涯孤独になった高校生が受けで、主人公です。
遺産がガッポリ入ったせいで、アヤシイ大人たちが彼の周りをうろつくようになり、ウンザリしている。でも、賢い主人公は、そんな大人に騙されることはありません。
そんなときに訪ねてきたのが、母親の元カレを名乗る男。
彼に興味を覚えた主人公は、これから旅をするという男の車に無理やり乗り込み、母を亡くした高校生と、好きな女を亡くした男の、センチメンタルジャーニーが始まります。

旅を続けるうちに恋が芽生え、旅の終わりとともに終わった恋。

続編の『大人の場合』は、三年後の再会編。
これがまた更に面白かった!
積極的で一生懸命な受けが、本当に気持ちいいのだ。
ウジウジマイナス思考な主役ってよくいるけど、こういう主役って意外と珍しい気がする。
もっとこういうタイプの受けが出てくる作品が読みたいなァ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ