先生と恋のレッスン

sensei tokoi no lesson

先生と恋のレッスン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
5件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784592874621

あらすじ

担任教師の長谷倉晃久に恋している西村尚人。
実は2人は兄弟で、晃久のマンションに同居しているのだが周囲にはナイショ。
いつもとびきり優しいが、あくまで弟としか扱ってくれない晃久の恋愛対象になりたくて、あの手この手で慣れない誘惑を仕掛ける尚人。
しかしふとした行き違いから、想いが通じないまま晃久に抱かれることになってしまい…。

表題作先生と恋のレッスン

長谷倉晃久 義兄で高校教師
西村(長谷倉)尚人 義弟で生徒

その他の収録作品

  • 放課後も恋のレッスン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

いっそ清々しいくらいのベタだった。

20世紀なら『あ~こういう学園ものよくあったよね~』で済ませますがこれ2006年・・・逆にスゴイと思ってしまいました。

義兄弟もので年の差(年上攻)もの、さらに先生×高校生もの。

私は兄弟ものは特に好みではないんですが(でもガチよりは義理の方がマシ)、あとの2つは個人的にすごく好きなシチュエーションです。

でも、それ以上になんというか『古き良きBL学園(男子校)もの』の側面の方が強く感じました。男同士のCPが普通にいたり。

まあ、これはこれでいいとも思うんですよ。ありがちな設定に完全に先読みできるストーリー展開ですが、その分あっさりさら~っと読めて安心できます。

ただ、ちょっと気になるのは、三人称受視点で始まるんですが途中視点が頻繁に切り替わるんですね。

その分どちらの心情も手に取るようにわかってとにかく読みやすいんです。それは確かなんですが、ちょっとわかりやす過ぎというのか安易過ぎる気がしました。
真船さんの花丸文庫の(三人称の)他の作品でも同じことを感じたんですよね。そうでなければ受一人称が多いし。
花丸の真船さんはこういうカラ続きーなの?だから(花丸文庫の真船さんとは)いまひとつ合わないのかなあ。

まあすごく好き・面白いとは言いませんが、絶対ダメというわけではないんです。最初から多くを期待せずこういうものと割り切ればそれなりに楽しめました。
いやもう、途中の展開も落とし所もわかりきってるので何も考えずに軽~く読めます。

ただ、イラストはとても綺麗でよかったです。
花丸文庫は基本的に口絵なしのレーベルですが、こちらはありました。雑誌掲載時のカラー扉だそうです。

口絵ありの花丸文庫、たま~にあるにはあるけどかなり珍しい、と思ってたんですが(私は今までに他の1人の作家さんの2作くらいしか知らない)、真船さんを読み出したら結構当たるんですよね。

花丸文庫が『口絵なしの仕様』なのは間違いなくても、作家さんによっては意外と口絵あったりするの?私が読む作家さんが偏ってるから今まで滅多に巡り合えなかっただけなのかな。どうでもいいことなんですが。 ←でも、やっぱりカラー口絵って嬉しいです(苦手な絵でなければ)。

1

『先生』とか『恋の』とか『レッスン』とか・・・もぉタイトルに使われてる単語が ベタすぎーっwww

そして期待を裏切らない
【ベタなシナリオ】ですよv( ´∀` )v

血のつながりはない義兄弟同士で同居してて
義兄は先生、義弟は生徒。
“弟”としか見てくれない義兄をあの手この手で誘惑するも義弟。
最後は「エッチの予行練習がしたい」と口説き落としますw

義兄でもあり先生ですからね、レッスンは得意ですwww
エッチのレッスンはじめちゃうよぉv

挿絵が大和名瀬さんで、これまたかわいいショタっ子w
まあ、かわいいことv
仕方ないよね、こんなかわいい天然誘い受けがそばにいたら
先生も陥落するわな。

ま、肩の力を抜いて。定番を読むのもよいものです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ