恋愛証明書

renai shoumeisho

恋愛証明書
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×210
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
122
評価数
36件
平均
3.5 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784344807358

あらすじ

はじまりは3年前。カフェレストランで働く安芸遼一は、美しい妻と愛くるしい男の子・准と訪れる常連の客・皆川春海に一目惚れした。しばらくして、離婚し落ち込んだ春海に夜の歓楽街で会った遼一は、身体だけの関係を持ちかける。それから1年。月に二度だけの逢瀬のたび、春海に惹かれていく遼一だったが、想いは告白できない。やがて別れを決意した遼一に春海は…。

表題作恋愛証明書

皆川春海,離婚したサラリーマン
安芸遼一,カフェレストランのウェイター

その他の収録作品

  • 愛情証明書
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

合わなかった。。。

はるひさんのは何冊か読みましたが、やっぱり私には合わないなあと実感。
今回は両思いながらもすれ違い続けるパターンでしたが、とにかく告白できない理由を延々繰り返すような文章で、読み疲れました。かなりななめ読みに。

遼一はカフェのバイト。家族でやってくる常連の春海に恋している。ノンケ、既婚者で叶うはずがないと思っていたが、春海は潜在的ゲイで、妻とはもう5年も交渉がなく離婚されてしまい、その勢いで二丁目をふらついていたところ遼一に偶然会って体の関係が始まる。
しかし、遼一は春海には都合のよいセフレと思われていると思い込み、重くならない内に分かれようと決意。そのうじうじが長い。
一方春海は最初から遼一が好きなのだが、何も告げずに1年もただ合ってセックスするだけの関係を続けてきた。そのリアリティのなさすぎな持って行き方に萎えました。

最後はおきまりのあまあまエロ全開モードなのですが、それまで誠実純情まじめ一徹キャラだった春海はドSに大変身。
いや、嫌いじゃないですよ。そういうの。でもなんかだめだった。全てがご都合主義に思えてしまいのれなかった。

積ん読いっぱいあるんだけ続きどどうしよう。。

1

意外とエロでした

腐友さんに教えてもらったCDが大のお気に入りで。
スピンオフの『キスができない、恋をしたい』のCDも大好きで。
小説にはCD以後の書き下ろし話があったので、どうしても読みたくなりました。

読んだ感想は、「めっちゃエロ~!」です。
CDもエロいんですが、長さと濃さが比ではなかった…。
先生曰く、エロスがコンセプトの雑誌掲載だったそうで。
はぁ~、なるほど。
とは言え、ストーリーもしっかりしています。
家族、仕事、性癖、子育て、などなど。
家族や子育てもの好きな人にはオススメ、とても面白いです♪


サラリーマンの皆川春海は、息子の准くん通う保育園近くのカフェへ毎週土曜日に妻と三人で通ってくる常連客。
カフェで働く安芸遼一は、春海よりも8才年下の美しい青年だが、実はゲイ。
准くんを可愛がるパパ春海に密かに好意を抱いていた。
常連客として2年目のある日から、春海たちの様子がおかしくなり、店に訪れなくなった。
遼一が、何となく2丁目の仲間たちに会いに街を訪れると…?


このお話は遼一視点で書かれ、書き下ろしは春海視点で書かれています。
いわゆる両片続き想いの末ひょんなキッカケで付き合うのですが。
春海さんは鈍感で、遼一は繊細という。
しかも春海パパは仕事に子育てに家事にと大変な人。
忙しさもあって、気持ちはどこまでもすれ違い、溝は深い。

二人を支えたのは周囲の人々。
カフェの店長はさりげない支えかたでシブイし。
元妻なんか、書き下ろしでのセリフとか超カッコいいです!
CDでは春海の風呂場でのセリフが大のお気に入りだったんですが。
小説はもっと色々なお気に入りが増えました。

それにしても、エロが濃かった~。
遼一くん、嫁に欲しいです!

1

roseーlily

こっそり追記

このお話とスピンオフ話は、ゲイオンリーのお話でした。
海外のレズ&ゲイ映画を観ていて、彼らが社会に普通に溶け込んでいるものがありました。
前に異性と結婚した時に子供がいて、今は同性相手と育てている。
しかも学校のPTAの役員もしていたりする。
そんな映画もありました。
前の結婚で性癖を知ったのか、性癖を隠すために異性と結婚した事があるのか。
そのへんはわかりませんが。
日本は同性愛に寛大と言われる事がありますが。
もしかしたら、ただ他人事に無関心なだけかもしれないと思ったりします。

子供は親の背中を見て育つと言いますが。
准くんの両親は離婚したけれど、どちらも幸せをつかんでいて。
そんな幸せな親達に影響を受けて育った准くんは、真っ直ぐに育って。
ルチルの付録に掲載された後日談漫画のエピソードを見て、親の幸せは大事だなぁと思いました。
幸せは伝染する~♪

何だか、子育て(本当の親子)ものがもっと読みたくなってきました。
こっそり一人言でした。

延々裸族(笑)

エロスがコンセプトになっていたというだけあって、前半からぶっ飛ばし状態のはるひ作品!
先生の、あとがきコメントに「延々裸族」という言葉をみて、思わず笑ってしまいました(笑)
確かにそうだと納得なんですけど…裸族の表現が斬新で、面白かったです(笑)

バツイチ&子持ちの会社員•春海 ×カフェレストラン店員の隆一の年の差&年上攻もの。

2人が結ばれるまでの『恋愛証明書』は隆一視点で。
その後の、恋人になってからを『愛情証明書』は、春海視点で描かれていきます。
仕事面よりは、家族面に重点が置かれて、お話が展開していきます。

生粋のゲイで、ファザコン気質が強い隆一が好きになるのは、いつも子煩悩な良き父親タイプ。
そのため、報われない恋ばかりを繰り返し…幸せ慣れしていない隆一。
そして、今好意を寄せているのも、店によく訪れるノンケで、既婚者の春海。
理想ともいえる、幸せそうな家族なだけに、この気持ちは報われる事はないだろうと思っていた隆一。
ところが、妻の指摘で、自分がホモかもしれない、という性癖を自覚した春海と、新宿二丁目で出会ってしまい。
思い詰めた春海をほ続きおってはおけず、自分で試してみるかと春海を誘い、身体の関係をもってしまいます。

その後離婚が成立するものの、春海の息子•准が、月2回妻の元へいく日は、決まってホテルで会い、身体を重ねる2人。

春海の寂しさを埋めてあげたい…癒してあげたい…
そのためなら都合の良い関係でもいい…
いつも自分の気持ちより、春海のためにと…
健気に考え尽くそうとする隆一。

そんな関係が、いつの間にか1年も続き、遼一は、どんどん春海に惹かれていく自分を隠してまで、関係を続けることが苦しくなってきます。

春海が、自分に恋愛感情持っているなんてこれっぽも考えない隆一。
春海が立ち直っていく姿を見ている内に、自分の存在意義さえなくなっていくような気がして…
自分のこんな重たい気持ちを、春海に押し付けたくはない、困らせたくはないと考えます。
だったら終わりにしようと決断する隆一。
まさに、はるひ先生お得意の、健気な受様の切ない心情が、ぐるぐる、ネチネチ展開されていきます(笑)
この部分で苦手意識が勝ってしまうと、物語は一気に冷めてしまって、面白くもなんともない最悪の結果になるんですけど、
ツボにハマれば、もう展開的にニヤニヤ&萌られる事間違いなしだと思います。
まさに、「紙一重」なはるひ作品!

私は、ドツボとまではいきませんでしたけど、主役キャラの人柄の良さと、周りの数少ない理解者達、そして、可愛い准の素直さに魅力を見出せたので、楽しんで読むことができました。

特に、気持ちが通じあった後の、タガが外れたような甘々な濡れ場はお腹いっぱいになりました♡
(はるひ先生の受けは、やや女っぽい感じなので、苦手な方もいるかも⁉)

書き下ろしの、春海視点でのお話も良かったです。
元嫁とお互いのパートナーとの惚気話をして、友人としての道を再スタートさせているエピや…
男前な元嫁の幸せっぷりに当てられたのか(笑)
今までを我慢してきた気持ちが、一気に解放して、やや性格の変わりつつある、言葉攻めな春海の登場には大爆笑でした。
そんな春海の意図に、最初は全く気がつかない、隆一の幸せなれしなさ過ぎる様や…
春海の気持ちに気がついてからの隆一の反応が、可愛くて仕方なかったです。

はるひ先生の作品をよく読む方には、先生の「お得意」が詰まった、キャラ設定や展開なので、新鮮味にはかけるかも⁉

これから、はるひ作品を試そうと考えている方には、比較的読みやすい、はるひ先生らしさが詰まった作品なので、オススメかと思います。

どちらにしても、ちょっと個性的なお話には間違いないので、好みは別れるかもしれませんけど…
焦ったい恋模様が好きな方、家族もの、健気な受けが好きな方は楽しめるかと思います。

1

なんとなく好き

どこがどうとは言えないんですが、好きな話です。
イラストも合っていたと思います。
ある意味、BLらしいBL。
エロも多いわりには、エロ以外の心理描写がくどいくらいで、話の雰囲気に合っていました。

がっつりとBLらしいBLを読みたい気分の時にオススメ。

4

好きです

なんかもっとこぉ・・・ドラマを期待してたんですが、なんなく終わってしまいました。ちょっと残念。
お話としましては、気になる相手の傷心をきっかけに身体の関係を始めた受。好きになっていく気持ちが大きくなるほどに今の関係の終わりを考えてしまう。彼の息子が小学校に上がるのをきっかけに離れようとするのだが・・・?!

まず攻めのキャラクターがわかりづらいというか・・・
自分にはないキャラクターゆえ・・・なのかなと。
相変わらず受はちょっぴりネガティブなのも難。
エロスは多め。なんだかんだでやることやってる姿がw
なんだかんだで、ラブラブだったといえば言えなくもないかなという雑感です。とくに感想がない・・・とかダメですかね。
本編だけなら中立だったんですが、やっぱり後半。
攻視点での回想~その後の話にキュンとしてしまいました。
淡白だった攻がエロスに目覚めてしまうという遅咲きだからこそのねちっこいエロス万歳w

1

ああもうこういう自己犠牲に弱いんだってば

カフェで働く遼一の好みは父性を感じさせる優しい人。
3年前、彼は客として店にやってきた男にひと目惚れをした。
その人の名前は皆川春海。美しい妻と、愛くるしい子供と一緒でとても幸せそうだった。
実るはずのない想いを抱えたまま常連となった春海を見守る遼一だったが、春海の離婚をきっかけに二人の関係は急変して……

「優しいお父さん」が好みのタイプという幸薄い青年が主人公。
こういう自分のことよりも相手のことばっかり考える馬鹿な子に弱いです。
相手を慰めるために身体だけの関係を持ちかけるとか。
相手の幸せのために都合のいい相手になろうとする遼一が痛々しくて切ない。
丁寧な感情描写にはぐっと来ました。
しかもね、相手の春海もちょっと優柔不断だけど優しい人で。
そんな普段と、エロの時のギャップはちょっと楽しいです。

ママと息子の男前っぷりにはちょっときゅんとした。
もうみんな幸せになればいいよ。
そんな気分になる一冊でした。

1

変身!エロ魔人~

エロいんですけどね、エロくてAVみたいだったんですけどね、攻めの春海さん、変身しすぎですよ。大映映画の「大魔神」みたいです。

カフェの常連の春海に片思いの遼一、仲良さそうな夫婦だったのに離婚して傷ついていると思い込んだ為、二丁目で見かけた春海の慰めになるならと体の関係を持ちます。
きっと本意ではないからと、リードして、ただただ春海を気持ちよくさせる関係を一年も続けます。
それにしても遼一は耐える人ですね。
いくら幸薄いからといっても、この性格が原因していそうです。
そして攻めの春海さん、遼一が別れを覚悟したその日に初めて遼一の気持ちに気付いて「付き合っていると思っていた」「好きだ」とか、遅すぎなんですよ=3
少しイラっとしてしまいましたよ。
そして遼一の気持ちがわかったとたん、今まで我慢してたとかって大変身。
エロ魔人になってしまって・・・ま、それはそれでエロ堪能させていただいたんですがね。
この春海さん、攻めなんですが恋愛は受け身姿勢ですよね。
そして「愛情証明書」でも相変わらず口が足らなくて遼一をかわいそうな目に。
子供がいることもネックのようですが、それ続きだけにもっと気をつかってあげるのが恋人でしょ。ってイライラさせてくれました。
それで、再びエロ魔人に変身~

こういう人達の恋愛話だよ、と言われれば物語ですからその設定もありなんですが、「恋愛~」の次の「恋情~」で遼一がも少し押し気味に出ていれば、「恋愛~」と違ったトーンの展開になってもっと楽しめたと思います。
街子さんの絵はきれいなんですが、子供が小学生なのに幼児すぎて・・・
エロだけは萌えましたです。

1

アダルティだなぁ…

アダルトですねぇ。色気のある作品でした。特に受けの遼一が健気で色っぽくて好きでした。

喫茶店の店員・遼一(受)は、毎週家族で訪れる春海に密かに想いを寄せていました。しかし相手は妻子持ち。いつも同じタイプばかり好きになって、あまり良い恋愛をしてこなかったようです。

ところがある日、ゲイの集まる夜の街で春海と会ってしまった遼一。何故こんなところに春海が?と混乱していたところ、春海は苦しそうに遼一に助けを求めてきました。

春海は妻と離婚をすることになっており、その原因は妻に「あなたはホモなんでしょう」と言われたことだとか。果たして自分は本当にそうなのか。悩み苦しむ春海に遼一は愛人でもいいと思い詰め、軽さを装い「試してみるといい」と身体の関係を持つようになります。

ここまで読んでみると、不倫話かぁ…痛いなぁと思ってたんですが、遼一のあまりの健気さに心打たれました。何より遼一はとてもセックスが上手なので、読んでいて色気が感じられます。遼一好きだなぁ。

結局春海は離婚が成立。その後も定期的に春海とセックスする関係にありましたが、愛人みたいだと自虐的に思い詰める遼一が切続きないです…(T_T)

しかしまぁそれも全て遼一の悲観的な思い込みだったんですけど。春海はちゃんと遼一のことを想っていました。確かに甘えていたところはあったけど。遼一に別れを切り出された春海が焦っている様子が良い(笑)

すれ違っていた想いも通じ合い、晴れて二人は恋人に。今まで自分を抑えたセックスをしていた遼一も開放的になりました(笑)エロいですねぇ。春海も遼一の過去に嫉妬を覚えずにはいられないほどです。

続編は春海視点のお話。遼一のことが愛しくてメロメロな春海です。一緒に暮らしたいと思っているのですが、なかなか切り出せない春海。おまけに最近仕事が忙しく、息子の准のことも遼一にまかせっきり。

この息子の准がすっごく可愛い!准も遼一のことが大好きで将来は遼一をお嫁さんにしたいそうです(笑)その内ホントにライバルになりそうな予感。親子で取り合いもいいよなぁ(≡∀≡)

准を元妻に預けて春海は久々に遼一と逢瀬を。なのに准のことばかり気にする遼一に「俺と准のどっちが好きなんだ?」と大人気ない春海。そしてなんとプロポーズ。なかなか恥ずかしい男でした春海さん(笑)しかしきっとこの先も遼一を大事にして幸せにしてくれることでしょう。なんだかんだいって春海はいい男です。

ラストのベッドシーンでは、遼一が初めてのドライオーガズムでボロ泣き。すごく喜んでる春海がなんか可愛かった。


読後感も良く、大好きな一冊になりました(o・v・o)

3

攻めの良さがちっともわからない

んー。
カフェ店員の受けはゲイなんですけど
幼稚園児(年長)の息子と妻とを連れだってやってくる客のリーマン攻めに
片思いするんですよー。
片思いのはずだったのに、2丁目でうろつく攻めを見つけるんですよ。
実は、離婚しちゃってて、ゲイかもしれないって悩んでて
受けは、そこまでスレてないのに「試してみる?」って誘い受け演じてしまうの。
月に2回、身体の関係を結ぶ二人。
受けは、ずっーーーーと好きって言えずに
なんかセフレみたいなポジションに身を焦がすんです。

この攻めがさー、子供欲しくって
適当に女と結婚して、やっぱ結婚生活ダメになって
すぐに年下のかわいいゲイを手に入れてしまうんですよね。

もっと痛い思いすればいいのに!
この攻めの良さがちっともわからなかった。

流されすぎのような気がしてならなかった。
こいつは、受けの気持ちや元妻の気持ち子供の気持ちを
考えるような器がないんだろうな・・・。
ちょっと悩んでるようなそぶりもあるけど
基本的に自分が一番すきなタイプの男だと思う。

そんで、もうじき入学前の子供。舌ったらず過ぎて
子供続き描写が、いかにも適当。

そんで母親描写も酷かったなぁ・・・。
勝手に離婚して、旦那の性癖を子供に暴露するってどんな母親?

別れた後、お互いの年下の恋人について自慢気に話す攻めの元夫婦関係にも
ちょっと辟易。

また、この攻めが自分の子供の子守りを受けに押し付けておきながら
自分と自分の子供どっちが好きかなんて聞くんですが?
何こいつOTZ

エロスがコンセプトとのことで
崎谷せんせっぽい熱っぽいエロスてんこもりv
街子せんせの挿絵は秀逸で、濡れ場のシナリオと挿絵は楽しめましたv


2

自虐的で、エロせつない・・

かたくなで、疑心暗鬼で、殻に閉じこもっちゃうってキャラが、無性にすきなんですぅ。
相手にはっきり聞けばいいのに、自分では聞けなくて、先に先に心配して胸をいためて。自虐キャラ、萌えだと気づきました。(^^;)ゞイヤー
自分のことだと痛いんですが、人の自虐はおいしいですね。
はっきり言ってはるは、人の恋人でも、欲しくなるとどうやってでも手に入れたくなる性格なので、この手の主人公のようにいじいじして、自分を殺して相手を思い続けるなんてぜったいムリ!欲しい物は、欲しいとはっきりしてます。なので、こういう乙女な主人公が、いじらしくてねえ・・
主人公目線で、できないもどかしさや切なさをあじわっているんでしょうねえ。。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ