オトコにつまずくお年頃

otoko ni tsumaduku otoshigoro

オトコにつまずくお年頃
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003875

あらすじ

1度きりのお試しのはずが、ほとんど毎日SEXしてる!?清潔な王子さまと称される新田秋光は、面倒だったSEXが嘘のよう。
同じマンションに住む会社の先輩、総務部のエリート・影山壱成のせいだ。
扇情的な色気が漂う超ハンサムな影山に、好奇心で誘われベッドイン。
抜群の体の相性に、ハマリ過ぎて抜けられない。
影山に心も捕われ始めた新田は、離れることを決意するけれど…。

表題作オトコにつまずくお年頃

会社の先輩・影山壱成
会社の後輩・新田秋光

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

つまづくより落ち着くって感じ

毎日セックスしているという感じの新田秋光の前に、セックスがめんどくさいという影山壱成に出会う。

初めて秋光を見たのは女の子がブッキングして、修羅場だった。量より質というか、セックスの価値が軽いんだと感じた。

秋光に誘われるが、女の子がめんどくさいって思った。飲み過ぎたといって、帰る途中に雨に降られた。雨の中、秋光と走った。
思わず唇を重ねたが、気持ち悪くない。
ある意味、強引にさそわれた。
壱成は、秋光の感触に乱れてしまう。
凶器のようなビッグマグナムに身体を打ち込まれ、かき回され快感を知らされる。
これをきっかけに身体をつながる。
だが、秋光が女性といるだけで心が傷つく。嫉妬を妬いしまう。
いつの間にか壱成は、秋光の虜になっていく。

社内で有名なゲイの藤井と食事にいくが、食べずに飲んだため、酔いが回ってしまう。
藤井にたべられることなく、秋光の送り届けに藤井もビックリ。

壱成は、藤井に送り届けたのは、秋光だということをしりいつの間にか夢中になったことに気付く。
気付いてからのセックスは更に気持ちよく、双方が惹かれあい、秋光の浮気の心配をしなく続きてよくなる!

0

つまずいたのはどっちだろう?

攻・影山壱成(28) 総務部のエリート
受・新田秋光(27) オフィス通信課

デートの相手(女性)に「勝負パンツじゃないから」とお断りして帰宅した新田。
メールボックスを確認していたら、マンションから出てきた男女が揉めている。

女性2人がかち合って「3人で楽しむって手もあんじゃねぇ?」と、とんでもないことを言ってビンタを食らったのは、新田と同じ会社に勤める影山。

翌日、社内トイレで会った時、新田はスルーしたが影山から話しかけてきた。
社内外の女性達を喰い散らかしてきたと評判の影山は、性的に解放的でゆるい。
好みも無くどんなタイプの女性とでも楽しくセックスできる。

逆に新田は「愛がないとダメ」で、女性から積極的になられても据え膳を喰えない。
しかも好みが極端で「背の高い吊り目の貧乳美人」がいいと公言している。
(その好みって、男だったらかなりの確率で当てはまるよね(笑))

セックスが面倒くさいという新田と、誘われて断るのが面倒だからセックスをするという影山と。
正反対の2人ですが、互いに惹かれるものはあったんでしょう。
特に新田の方は影山の見続き事なモテっぷりを観察しているうちに、自分の好みが影山にぴったり当てはまることに気づきます。

影山は男とのセックス経験はなかったが、新田との行為については抵抗を感じないので、試しに…と誘います。
相性の良すぎるセックスの後「あんたを好きになったらどうしよう」と呟く新田に「ありえない」と笑って返す影山。
「どうしよう」なんて言ってる時点で、もう惚れちゃってるんですけどね~。

以来、週に3度は寝るセフレの関係に。
その間も影山は女遊びをやめておらず、社内でイタしてる所に新田が出くわす場面も。
自分の思いは影山には通じないと知った新田は、少しずつ距離を置くようになります。

新田が自分のことで悩んでいると知っているが、歩み寄れない影山です。
「オレのこと、好きだよな?」と聞いて「好き」と言わせて満足する。
なのにキープの女たちを手放せない影山。

プライベート空間に女を連れ込んでも、決して長居させなかった影山です。
なのに新田のことは引き止めるし、食事を作って食べさせたりシャツのアイロンがけをしてやったりともの凄く甲斐甲斐しい。
他の男と寝ることなど全く考えもしないのに、新田とのことは諦めきれない…それって、惚れてるってことですよね。

影山に別れを告げた新田は、忘れるために前々からアプローチしてきていた藤井と食事に出かけますが…。

影山が覚悟を決めるのに、藤井は丁度よい当て馬(笑)。
新田は無意識だったかもしれませんが。

最初から2人がラブラブなので、新田がぐるぐる悩んでても可愛らしいだけでした(笑)。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ