先生わかりません

先生わかりません
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
0
評価数
2件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
あおば出版
シリーズ
あおばコミックス インファナルコミックス(コミック・あおば出版)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784873176888

あらすじ

「子供なんだね、先生って」 小野のなにげない言葉、視線、すべてが気になってしまう。小野は生徒で、男なのに……。臨時採用教員の椎名は、生徒に惹かれる想いをうち消そうと必死だった。しかし、小野は自分を無視する椎名を責め、強引に押し倒し……!! 純情熱血生徒と恋愛恐怖症教師の恋は、ひとすじ縄ではいかない!

表題作先生わかりません

小野・生徒
椎名・教師

評価・レビューする

レビュー投稿数2

せっかく1冊丸々使ってるのに

帯『先生のナカ……熱い』

不本意ながら臨時採用の教師をやっている椎名〔受〕の授業は、彼のやる気もないせいもあって生徒は雑談ばかりでちっとも集中してません。
その中で唯一、彼の授業をまともに聞いている生徒が小野〔攻〕で、彼の存在もあって、椎名は教師としての自覚を持って情をする様になります。
そいて小野は椎名に恋をしていて、若さ故の勢いで押し倒して校内で犯っちゃいます。
そして付き合う事になった2人なんですが、うーん、丸々一冊使ってる割には読み応えが感じられないです。
読みきりの1話か、せいぜい上下話位だったら良かったかもしれないけど一冊使ってもこの程度かーーっていうのが正直な印象。
出だしは悪くないんだけど、通して読んでシリーズを通して描きたかったテーマみたいなのが無いんですよね、しつこいけど折角1冊丸々分あるのにー勿体無い。
あとこの2人幾ら何でも校内でサカり過ぎ。そりゃ見つかるよって感じです。
あ、エロシーンは結構沢山あったです。

0

再就職までの足つなぎに始めた教員。もちろんつなぎで希望職じゃないのでヤル気は低下中。クラスの生徒達も知って知らずか授業になりゃしない。そんな中、1人だけ違う生徒がいたんですよ。いつもみんなの仲裁に居る人物。そして自分に熱い視線を送ってくる生徒。まさか・・・・・自分のこと・・・でも・・・・まさか・・・。
そんなところから始まる二人のめくるめく日々~~な話です。

えっと~大まかにはそんな感じです。
正直に言いますと、正直に言っちゃうと・・・・はっきりいいますと・・・・これ・・・タイプじゃないです。
話とか・・・絵というよりは、漫画の構成力?
キャラクターの言動とか。
意味がよく解らないことが多くてですね、わりと漫画とか小説の世界に入り込んでしまう方の私が入り込めなかったと言う作品です。

まずはですね、最初のHシーンです。
先生が、「アイツは生徒・・・違う・・違う・・」なんて問答しているわけです。生徒はそんな態度にこらえきれず押し倒し~な展開なわけです。
「見るな・・」なんていいながら、初めての生徒のために、自分で尻をほぐし始めます。・・・・え?抵抗はそれだけ?つか続き・・・何を急にあんた・・・みたいな。
あとは、前の彼氏との写真が出てきて生徒くん暴走とか・・・・。
あの・・そこまでせんでも・・・ぐらいの勢いです。

というわけでね、Hシーンがムダに多かったのもありますし、言動がちょっと難しかったのもありまして、個人的にはちょっと・・・という作品ですかね。

でもまぁ、あの生徒君が好きなジンジャーエールを、今日は来るんだろうか・・・今日も・・と、こない生徒君のために毎日1本ずつ買って帰って冷蔵庫いっぱいにジンジャーなんていうイベントはナカナカ面白かったです。
フムフむ。この先生完全に受け属性なわけだな(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなでね。
さっぱりした学園モノではなかったね。
エロス&エロス。
つかただのぶつかり稽古??
ま、帯に大々的に「先生のナカ・・・・熱い」なんて書いてある漫画がさっぱり青春なわけもないんですけどね(苦笑

そうだな~~、見出しにある「あいつは男で・・・教え子で・・・」っていうね。そういうネタは嫌いじゃないです。ただ、先生の折れ具合が早すぎてどうにもこうにもという感じ。
ほら、口では「いや!やめて」なんていいながら自分でほぐして、上にのって腰振るみたいな。
攻めが「なんだよ~やるきじゃん☆」「違う!お願い許して」なんて委いいながら・・・みたいな。

・・・・・・ね。
そういう受が好きな人は読んでみるといいよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ