溺れたのは、どちらが先だったのだろう

蜜のように毒のように

mitsu no you ni doku no you ni

蜜のように毒のように
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012421

あらすじ

「鬼頭さんを僕に下さい」わかば保育園のアイドル保育士の岬は、6年ぶりに野性的で傲慢な世界的カメラマン・鬼頭と再会する。かつて10代の自分を夢中にさせて淫らな快楽を教え込み、簡単に捨てた人。けれど鬼頭は昔のままのおおらかさで岬に話しかけてくる。心から愛していたからこそ、岬は踏みにじられた悔しさを隠せない。そして今度は自分が彼を翻弄するために期間限定の恋人契約を持ちかけて―!?臆病な大人たちのセンシティブ・ラブ。

表題作蜜のように毒のように

世界中を飛び回るカメラマン・鬼頭雅之
保育園のアイドル保育士・西島岬(23歳)

その他の収録作品

  • 願うように、祈るように。
  • 羽のように光のように
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

時間が必要だった二人

表題作の長編と、短編2つの3作品収録されています。

「蜜のように毒のように」
岬(受け)の視点。高校3年生の夏、父親が連れてきた鬼頭(攻め)に心も体も溺れます。恋人同士だと思っていた岬ですが、1か月後に別れを告げられます。それから6年後、岬は保育士になります。妹の子を迎えに来た鬼頭と再会し、仕返しをしようとするのですが…という話です。

「願うように、祈るように。」
あとがきに説明がないで不明ですが、タイトルに「。」がついているのは鬼頭の視点だから?
再会してから2年、半年ぶりの逢瀬の甘い話です。岬を撮ることと、同居することを決める鬼頭です。

「羽のように光のように」
前作7月から1か月経った9月。帰りを待つ岬と、帰ってきた鬼頭が岬の元で安らぐ話です。

自分も仕事をするようになり、鬼頭の仕事への姿勢を理解できるようになり、束縛でなく待つことができるようになる岬。鬼頭との別れがムダなのでなく、成長する時間が必要だったというストーリーに好感が持てました。あと、生きて戻れないかもしれないからとライカを形見分けする場面にぐっと来ました。

仕事に生きる男と、そ続きれを理解し安らぐ場所になれる恋人という設定がお好きな方にお勧めだと思います。攻めが思ったより酷い男でなく、受けを好きなんだろうなと感じさせる作品でお気に入りです。ただ、別れている間に他の男と関係を持ったという話題がでますので、苦手な方はご注意ください。

0

いい話でしたが、感情移入できなかったです

はじめての男との再会ラブです。
世界を股にかけて活躍するカメラマンと、保育士の恋。
ところどころ面白いシーンはあったんですが(とくに、攻めがたまに見せる焼きもちは、ニヤニヤするほど面白かった)、全体的には萌えられなかったです。
あまり感情移入することもないまま、あらすじだけを追う感じで読了しました。
主人公の気持ちの揺れに共感できなかったのが大きいかな。
あと、子供の描き方も好きじゃなかったです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ