飼い主はお兄様

飼い主はお兄様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784592874652

あらすじ

思いがけない母親の再婚が縁で高校生の植草智紀は、実力とルックスを兼ね備えた人気作家の義兄・桐生翠と同居することになる。
以前から桐生のファンだった智紀だが、実際の桐生は高飛車で智紀を迷惑に思っている様子。
おまけに家事一切を押しつけられ、なんだかんだと嫌みを言われ智紀の気分はすっかりシンデレラ(涙)。
しかしある夜、桐生を相手にエッチな妄想をしてしまった智紀は、桐生への自分の気持ちを自覚し始めるが…。

表題作飼い主はお兄様

人気作家の義兄・桐生翠
高校生・植草智紀

評価・レビューする

レビュー投稿数1

尻切れトンボ

 ものすっごい、尻切れトンボな話だった……(茫然)

 はっきり言うと、「これから」というところで終わってます。
 まぁ、これで出てるレーベルが「コバ●ト」とかだったら、全然納得ですし。
 他の作者さんとかだったら、何とも思わなかったと思うんですけど……。
 花丸文庫で、この作者さんで、このオチは正直ないよなー……と、思うんですけど。



 以下、いろいろネタバレです。

 はっきり言って、物語のページ数のバランスが絶対におかしい! って思うんですけど……。
 いやまぁ、ページ数が全てじゃないのもわかった上で、あえて言うんですけど。

 大事な大事な告白のシーンが3ページで終わりってどういうこと!?

 いえ、そらねー。もう、2人の気持ちがお互いにじわじわお互いにわかってて、最後のとどめの告白シーンが3ページだったら全然、問題ないんですよ。
 今まで積み重ねてたものがちゃんとあるんなら、そんなに言葉はいらないと思いますし、とどめはきっぱりはっきり一撃で、というんなら、いいんですけど!

 全くの誤解のまま、主人公が「俺はおもちゃじゃねー」って叫ん続きで。
 そしたら「お前はおもちゃじゃない」って相手が出てきて。
 抱きしめて、ハッピーエンド……
 しかも、そこで物語がぶちっと切れて終わり。

 酷い……これは、いくらなんでも酷過ぎる……。

 もう少し、余韻とか情感とかあったら一番いいと思うんだけど。
 普通は、ここから怒涛のアレなシーンになる……のが、今のBLの常識、のはずだったんですが、そんなことこれっぽっちもなかったです。

 まぁ、最後の後書きを読んだら、作者様、体調を崩されていたようなので、しょうがない、と言えばしょうがないと思うんですが……。
 それでもやっぱりなー……。
 出すからには、最低限のクオリティは確保してほしいところですが……。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ