キスブルー KISS BLUE

kiss blue

キスブルー KISS BLUE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×22
  • 萌19
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
20
得点
145
評価数
44件
平均
3.5 / 5
神率
34.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050308

あらすじ

野田と友坂は高校時代からの親友だ。女にだらしない野田とお人好しの友坂。ふたりの友情は大学生になってからも続いていた。友情だと、ずっと思っていた。ある日友坂が野田に恋していることを自覚するまでは・・・いつまで友達でいられるだろう?報われることのない恋に友坂は追い詰められられていく。そして、いつしか野田も友坂の不自然さを感じるようになり・・・!?

表題作キスブルー KISS BLUE

女にだらしないプレイボーイの大学生・野田
お人好しな大学生・友坂

評価・レビューする

レビュー投稿数20

「親友」と書いて「せつない」と読む。

友達としてそばにいる間、少しずつ友情という気持ちを注いできた器から入りきらなくなった想いが、そっと溢れる瞬間を切り取って描いた物語だと思う。
必然的に一緒にいる時間が長い分、友情が愛情に変わる危うさを誰よりも秘めている親友という関係の二人。
二股三股は当たり前、女にだらしないが人を好きになる辛さは知っているという野田と、お人好しで誠実だが、苦しくて不安な夜を過ごすほど誰かを好きになったことがない友坂。
中三の春に初めて喋ってから、相手が落ち込んでいる時は余計な詮索などしないが、静かに気持ちに寄り添うような心地好い関係を続けてきたはずなのに・・・

野田に恋をしていると気づいた友坂は、バイト先の店長(ゲイ)に冗談とも本気ともつかない感じでセックスをせまられたり、かと思えば「彼のこと好きだろう」と、野田への恋心を店長に見透かされそうになったりと 心の奥に押し込んで、握りつぶしても失くならない親友への想いを持て余し途方に暮れてしまう。
そして、そんな友坂の自分への気持ちに気づいた野田は「お前が望むなら平気だし やれるよ俺は」と、とうとう友坂と体を重ねてしまうのです。

セック続きスした後も大学で会って、以前と変わらないように見える二人の関係。
でも何気ない日常の一コマで彼らの心情を表してくれる描写が、決して前と同じのままではいられない二人の間の綻びを痛いほど伝えてくれる。
バイト先で店長に「そんなになるまで必死で自分に嘘をついて つらいだろう?」と声をかけられ、彼の足元にすがって泣いている友坂は、とても見ていられなかった。

あの出来事をなかった事のようにして、いつも通り必死で振る舞う友坂に対し野田の気持ちは・・・というところで物語は次巻に続きます。


3

2巻迄読んでのレビューです。

何気なく読んだ作品。
むちゃむちゃハマりました!
せつなさMAXでした!!

よくある「友達から恋人」の同級生のお話なのですが、
とても丁寧に書かれていまして、
先に恋をする友坂のせつなさは半端なかったです。
またこの2人、本当仲がいいんだなーという2人で、
それがまったく無理がないんですよ!
「こいつが近くにいてくれて良かった」って思った所、
お互い相手を大事に思ってる所、
お互い相手を見てるなーという所、
いっぱい心に残るシーンがありました。
最後2人が話し合うシーン、本当良かったです。
野田からの言葉、最高でした。

恋愛ものを読んだっていうより、
お互いを思い合う、いい意味で友情の物語を読んだ気分です。
なんか今回の場合、恋愛って言葉の方が軽い気がしました。

一読の価値ありです!!
おすすめです!!

2

サラリとした学生の日常と、「恋心」

絵も自然な雰囲気で、サラリとしています。
いまどきの男子大学生の日常はこんなんなのかなぁって
妄想が、頭を駆け巡るような話でした。

ふたりともよく言葉にするのが
「友情」、「友達」。
この言葉が片想いをしている受けに
凄く響いて切ない物語となりました。

-------------------

野田(攻め)と友坂(受け)は、中学生からの友人同士。
しかし、野田は女性関係にだらしなく、3股かけてます。
3股とかやりすぎだろー。
こンのやろぉぉ。不誠実だなぁ。

野田は中学生時代、教生と付き合い、フラれたという過去を持ち、
それから友坂にも一切女性関係のことを話さなくなっていました。

ストーリーは、友坂が友人の女性を
ストーカーから護るために夜の送り迎えをしているという話に。
それに対して真剣に怒る野田。
ああ、めっちゃ友情を感じる。
女性関係はともかく、いいやつなんだなぁ、野田。

そして、その話がこじれて、友坂がストーカーから刺されそうに…!!
身を呈して、友坂を護る野田。
ああああーーー、ちょ、死なないでー!!><
でも、続き友情だけで普通友人を凶刃から護る!?
できませんよ、そんなの。
ほだされちゃいますよー。

女より友情を取るという野田。
そこで初めて、友坂は野田に恋をしているということに
気付いてしまいます。
ああ、このシーン、胸が刺されるほど切ない。


なんとか恋心を隠そう……野田との友情を大事にしようとする友坂。
ああ、もう胸がぐにゃりと潰れてしまいそう。
切ない……。


でも、野田の言うこの言葉は凄い誘惑だと感じた。

「(セックスは)俺、お前となら平気かも。
 友情の力で一回ぐらいなんとかなりそうよ」

ああっ、もう!
なんて言葉!
なんて残酷!
そして、なんていう誘惑!

「友情」で普通、セックスまで出来んだろう!?
それ、できるの、野田!!
友坂もちょっとは、不自然さに気付けよ!
……でも、野田には気持ちはないんだよなぁ…
悲しい。


でも、ついに野田(攻め)に
自分の気持を気づかれてしまった友坂(受け)。
野田(攻め)は、
「お前なら嫌じゃない」
と、友坂(受け)を抱きます。

……同情でこんなことしなくていいのに。
友坂は思います。
ああ、エッチシーンなのに、エロいと感じている暇がない。
切なすぎる。
キスすら無いエッチシーン。
野田の気持ちがないセックス……。
あまりにも友坂が可哀想でなりません。


その後、友坂は野田にはっきり言います。
「俺…お前と友達でいたいんだよ」
自分の気持を隠した悲しい台詞でした……。

野田を好きなことを必死で隠そうとする友坂。
それに気付く野田。

というところで、1巻の物語は終わります。

-------------------

ああ、こんな気になるところで
物語が2巻に続くなんて!

鬼ー!(笑)

とにかく2巻に期待!

2

親友同士だった2人…友情か…恋愛になるのか…せつないです‼

親友同士の友情と恋愛を描いたお話です。全2巻。
「隣の彼」とカラーが同じだったかなあと…。
淡々と進んでいくシーンや台詞、そこに木下先生の繊細なタッチの絵柄が加わることでせつない雰囲気のお話でした。

木下先生もあとがきで書いてありましたが、ずっと親友同士の二人が恋愛になるよくあるお話だと…。
よくあるお話のようで、木下先生が描くと違うんですよね‼
絵柄の雰囲気はもちろん、独特なテンポで進んでいく空気感…読んでいて、木下ワールドにどっぷりハマっていきます。

内容は、高校時代からの同級生であり、大学生に入ってからも親友同士の野田×友坂のお話。

友坂は親友だったはずの野田への恋心にだんだん気づきます。
何かあったというわけでなく、気が付いたら親友を好きだと自覚してしまう…。
野田への気持ちが、恋なんだ…と自覚してからの気持ちの変化が本当にリアルに描かれています。
親友だから、今の関係を壊してしまうのが怖い…伝えたとしても友情として付き合われてしまう優しさだけの関係も嫌、苦しい…
そんな友坂の、心の葛藤や想い…必死に隠そうとする健気さ…揺れて、悩み、苦しみ、後続き悔しながらも…でも好きな気持ちは抑えられないんです。
そういう心情がじんわりと心に響いてくるお話でした。
女々しい感じではなく、きちんとカッコいい男として描かれているのも好きでした。

野田は、カッコ良くて女にモテて,二股三股なんか当たり前…適当に遊んでいるだらしない男‼
でも、野田には野田でそうなった理由がちゃんとあって、その複雑な恋に対する葛藤を丁寧に描いていた所も良かったです。それが、幼さゆえのせつない恋だったりするから、野田がふらふらした恋愛をしている理由も納得でした。

一巻は、2人の関係が一歩進んだんだけど…
まだ友情からは脱していない、微妙な関係のまま進んでしまった‼ え、〜どうなるの…な感じで終わります(笑)

親友の恋に悩む友坂に、真っ先に気がつき、ちょっかいをかけてくるバイト先の店長もいい味出していて、私的には好きなニオイムンムンで気になるキャラでした♡

友坂の片思いする気持ちに、胸がキュンキュン萌えもあって、せつないお話も好きなんですけど、野田の攻めキャラが今ひとつ萌えまでいけなかったので、評価が低めです。


1

服装が苦手ではある

木下さん買いです
私における、木下さんの作品どちらかの男が嫌い
これが多い

今回であれば、野田は無理でした
シャツの柄といいメガネの具合といい
いけすかないとしか<・・・

親友である相手を好きなるが相手は
女性とつきあっている
告白はできないというような
パターンの作品です

友坂がバイトしている先の店長のほうが
よっぽど良かったと思ってしまいました

親友の定番ではありますが
いつまで友達でいられるのだろうという
言葉は何度聞いても切ないですね

飽きることがない言葉です

好きな感情を押し殺す感じが切ない

友坂が野田から受け取ったタバコを
たまらない感じで口もとによせる
シーン大好きです
このシーンをみてぐっときました

1

名作

この作品を読んで、木下けい子先生の作品にハマりました。
言わずと知れた名作ですね。

ストーリーは、同性の親友への恋心を自覚して悩む、というBLではよくある設定のお話です。

しかし、同じような設定のお話の中でも、この作品は特に印象に残っていて、思い出しては何度も読み返しています。

友坂の想いも切なかったですが、野田も野田なりに友坂のことを思いやっているのが伝わってきて、さらに切なくなりました。

続編では、ぜひふたりが幸せになりますように・・・とお祈り(?)しました(ToT)/~~~




0

あの頃の「自由」がいっぱい

 私も木下先生の作品が大好きですが、読んでみるまでどうして皆さんからの支持が高いのか分かりませんでした。(カバーがごく標準的な感じだったので。)

 物語の冒頭から、野田が好きだと自覚してしまう友坂。全く、この二股男のどこがいいのかと思ってしまいます。友坂は自分の気持ちが「友情」ではなくて、「恋」だと気づいてしまう。一線を越えてしまった後、これまでの関係が壊れるのを恐れて「友達でいたい」なんて、よっぽど野田のことが大好きなんだなーと思ってしまいます。

 へたれでも、わんこでも、アナログでも、年の差でもありません。むしろこの1冊に「現実」を見たような気がします。自分が学生だったときのことを無性に思い出してしました。講義、大学、居酒屋、一人暮らしのアパート、静かな時間…。
 
 木下先生はこの物語を描くにあたり、大学の取材をしたそうです。そういう「取材力」が根底にあるから、ストーリーも絶対にぶれることを知らない。同級生同士のカップリングといえば、さほど珍しいものではありませんが、ここに流れている静かな時間は甘くて、苦しい(笑)こういうの大好物だなーと思いつつ、すぐに2巻が読み続きたくなりました。

3

ひたすら健気な姿にキュ~ン

あっという間に読み終わってしまいました~
セリフで語るわけではなく、表情+行動で語らせるって感じかなぁ~?
セリフのない絵だけのコマが結構あるんですが、
木下けい子さんの絵って基本的に地味な絵だから
ちゃんと見ないと心情読み取りにくかったです。
なので、これから読む人はじっくり1コマ1コマ
表情に注意して読んでみて下さい♪

ストーリーは女好きの親友(野田)に恋する大学生の友坂の
切なくてキュンとなるピュアなラブストーリー。
1回目より2回目に読んだ方が切なく感じました。
今後の展開を知ってるだけに、友坂の表情にいちいち切なくなります。

個人的に友坂のバイト先の店長がイイ男で、あんなだらしなくて
ニブい男やめといて店長にしときなよ~って思っちゃいましたww
優しくて、包容力があって、よく気がつく大人の男。
それにゲイだしねww
でも、ザ・健気受と言いたくなるような友坂は、勢いで抱いてきた野田と友達のままでいたいから、必死に思いを隠して平気なフリをする。
泣きながら店長にすがりつくとこなんてキュンキュンです。

一方、野田はエチの後でも案外さっぱ続きりした友坂の態度にイライラしたり
ふとしたことにドキッとしたり...
この微妙な心情の変化が表れたところで『キスブルーⅡ』へと続きます。
これから話が動いていくなぁ~ってとこで終わっているので、
ぜひとも2冊揃えてから読んで下さい★

1

大事な友情

とってもいいお話でした。
えっちっぽいところが全くと言っていいほどないので
BLの初心者さんでも問題なく読める感じだと思います。

自分の気持ちに気付くところや
その気持ちに気付いてからの心の動きや辛さなんかが
じっくり書かれている作品です。

人を好きになるってこんな感じだよな~と
うんうんうなずきながら、この「1」の方は
ほのぼの読める作品です。

途中で終わっているので
「2」をすぐに読める状態じゃないと
気になってつらいかも~w
 

0

微妙

じれったさとか、もどかしさとか、この微妙な緊張感を楽しむ話なんでしょうが、わたしにはイマイチ合いませんでした。
タイトルの意味も、よくわからない。
どこがいいんだろう、いつおもしろくなるんだろう、と思っているうちに読み終わってしまいました。残念。

0

友達から

木下けい子先生最近好きです。エロではなく心情とか内容がすごくキューンとなる(>_<)
このキスブルーはですね、
高校かな?中学かな?から仲のいい友達同士の
二人のお話なんんだけど
一人が恋していたことに気付くんです。
それがばれてHしちゃうんですけど
誰でもできる野田と違って友坂はそううゆうのじゃだめで
なんか切ない。
1巻いいとこで終わってますよまったく
続きが気になってしょうがない(>_<)
うまくいってほしいよ~

0

親友を好きになるということ。

ノーマルなのに親友をいつかしらか好きになってしまっていた。
葛藤して、不安定になって、でも平静を装う友坂が切ないっていうか、もう痛い!!
繊細な描写に、男が男を好きになる、、それはフャンタジーであってもリアルさが感じられます。
二人の大学生っぷりがね、クラスにいそうな。どこにでもいる適当に仲良い二人なんですね。
そして、「お前ならヤれる」って野田は友坂を抱いちゃうんですね~。
興味本位では無く、彼なりの友情からの行為なんですけど、、残酷、、!
欲望に任せてのヤりたいの方がまだいいよねぇ。
野田は実は優しくて、、ってな人なんだけど、考えが浅いよ!!
頑張って普通にしている友坂の方がずっと優しいんだな~。

ストーリーはいいんですが、絵がちょっと苦手、、。
野田がイケメンプレーボーイに見えない、、。ネームでそうなんだって知るって。う~ん。

1

親友を好きになるという経緯が、これでもか!の丁寧描写

ものすごく有名なBL本のうちの1冊ですよね。
ずいぶん前からタイトルは知っていたのですが
なかなか手にとることがなく縁あって今、読みました。

ノンケ同志。
親友を好きになるという経緯が、これでもか!
と、いうほど丁寧にじっくりと描かれているお話。
それが本当に自然で、世の中の男子親友同士も
ちょっとボタンを掛け間違えればこんな風に恋人になっちゃうんじゃない?
と、夢みちゃったりするんですけどwww

主人公の友坂がバイトしているカフェの店長がゲイでw
うまいことひっかきましてくれます。

「キスブルー」では、野田の気持ちが変わったかな?と思うところで終了。
「キスブルーⅡ」を用意してないと、焦れ死するかも。

1

友情って便利な言葉だ

信頼も 愛情も すべて それで

ずっと友達として一緒にいた二人、友坂はバイト先の店長に野田を好きなことを感づかれ、大きく揺れ動きます。
揺れている友坂を心配した野田は、友情の力でセックスしてしまい…

セックスしても、友達に戻りたい、戻れるはず、と思っている友坂。
セックスしたことで、友情以外の感情に目覚めた野田。

これからこの二人は…

って、いいところで終わっています。

繊細な絵と相まって、切ないぐるぐるストーリー好きにはたまらない。

0

丁寧な恋愛

大学のときにまわりにいたんだろうな...

なんて妄想するほどいそうでありそうでありえそうな2人。

この作者はどんどん成長されていますね。
ほんとに次が楽しみです。

0

もういつから好きだったのか

切ないとしか表しようのない、わたしの拙い日本語力…
どうしてもってんなら、友情の力で一回くらい、できません!!w
そう考えると、彼も充分好きだったのかな?う~ん、微妙。
ありそうで無かった日常に、切ない恋が加わって物語になる。
素敵な作品ですので、是非1.2巻合わせて読んでみてください。

1

せ、せつない…

親友の野田に恋をしていると気付いた友坂。でも親友だからその気持ちを伝えることもできない。
一人で気持ちを押し殺し、「親友」であり続ける友坂。でも、それは限界にきていた。
バイト先の店長に気持ちを悟られるくらいに友坂の気持ちはあふれ出ていたのだった。
そんな友坂に対し「好き」とか「お前とだったらやれる」とか簡単に言ってしまう野田。
その言葉は友坂を傷つける言葉になるとは知らずに。
そしてついに友坂の気持ちは野田に知られてしまう。
野田は「お前が望むならやれるよ」と二人は体を重ねることとなるのだが。

気持ちをひた隠しにしている友坂も見ていてかなり辛いんですが、関係を持ってしまってからの友坂のほうが見ていてかなりきつい!!見てられない!!
平静を装っているけど、中身はかなりボロボロなんでしょうね。
店長にすがりついて泣いてしまうシーンはほんとうに切なかった。
野田はそういう点では全然男心?がわかってないダメ男だと思う。
でも、完璧なようでいてどこか抜けてる、その危うさが魅力なのかもしれない。
二人が関係を持って、必死に親友であり続けようとする友坂を見て、野田のほう続きも困惑しているよう。
いいやつなのを知っているからこそ、どうしたらいいのかわからないんでしょうね。
でも、そのやさしさがさらに友坂を傷つけてると思うんですよね。
振るなら振るで、キッパリしてくれたらいいのに、変なやさしさで抱いてしまうから、こんな微妙な関係になってしまったんだ。
親友でいて、もう2度と親友には戻れないような、また自分の気持ちもどう整理したらいいのかわからず、
ぐるぐるぐるぐる自分の中で整理しきれずに、進む道さえもわからない。
そんな友坂はそうとう辛いんだろうなぁ。ほんと、可哀相すぎる…

天禅桃子「wonderful days?」でもあったんですが、自分に想いを寄せる親友に対して、「お前だったらヤれる」と言うことはすごく残酷な台詞ですね。
「したい」と「できる」は全然意味が違うわけで、同情でされたって本気で好きな側からしたらかなりツラいですよね。
それでも好きだから、ついついヤってしまうわけですが…。
それで恋人同士になれるのならめでたしめでたしなのですが、それで恋愛として成り立たなければ、二人の関係は親友には戻れない気がします…

1

友情って、便利な言葉。

ほんのちょっとしたキッカケで、親友に恋してしまった。いつ、友情と恋愛の境界線が揺れ動くだろうと、はらはらしながら読みました。

友坂は野田に気づかれないよう隠します。しかしバイト先の店長(ホモ)に「君――彼のこと好きだろう」と言われ極端に焦ります。この必死さが見所の一つです。

「友情でセックスなんてごめんだな」と友坂は野田に言いつつ、二人は一線を越えてしまいます。これは友情?愛情?…友坂は同情でされたと思い、野田には友達でいよう宣言をします。でも、気持ちは変わらない。そんな友坂の気持ちが痛いほど伝わってきます。

続編が気になりますね!

3

いいですねー

焦れったい恋が大好物な私には、たまらんストーリーでした。
「ある日、親友に惚れてる自分に気づいてしまった」というシチュエーションも、ありがちながら、やっぱり好きだなァと再認識しました。
絵もとてもキレイ。

好きな人とエッチなことしてもちっとも幸せな気分になれず(あんな、与えられるようにシテもらっても、嬉しくないわなぁ)、気まずさだけが心に重くのしかかっていると状況のなか、平気なふりをして普通に接してる主人公が妙にリアルで、切なくて苦しかった。

0

親友だからこそ近づけない

野田と友坂は高校時代からの親友だ。女にだらしない野田とお人好しの友坂。ふたりの友情は大学生になってからも続いていた。友情だと、ずっと思っていた。ある日友坂が野田に恋していることを自覚するまでは・・・いつまで友達でいられるだろう?報われることのない恋に友坂は追い詰められられていく。そして、いつしか野田も友坂の不自然さを感じるようになり・・・!?

---------------------

代表作なのは頷けます。
ここから木下先生の作品ベースが築かれていったような気がする。

淡々としているのに飽きさせない。
親友同士っていうカテゴリーから徐々に心が恋へ向かっていく。

親友だからこそ、距離は近いけれど、気付かれてしまったら?拒絶されてしまったら?と、近い分、その先へ踏み込めない恐ろしさ、離れられない恐ろしさを感じる距離なので、友坂が葛藤する姿は何とも言えないぐらい切ない。
それでも、じわりじわりと二人が近づく感じがたまらんものがある。

主人公の友坂君がバイトしているゲイの店長が大好きです…。
この人のセリフで何度グッときたことか_(T◇T)ノ" 続き
友坂が泣いて店長に縋るシーンで泣きました。
ああ言われたら泣くわ……。

木下先生のリアルな恋愛話は本当に泣ける。
自分に起こりそうな気がして、友達目線から見れる応援したくなる作品。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ